MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
遠征大物!ムロアジ泳がせカンパチ沸騰中!三宅島・三本岳周り

遠征大物!ムロアジ泳がせカンパチ沸騰中!三宅島・三本岳周り

伊豆諸島周辺は近年稀に見るカンパチ当たり年。群れが濃く、エサのムロアジの湧きもよい。釣れるカンパチのアベレージはなんと10kg前後で20kg前後も顔を出す!今秋、東海汽船利用で三宅島一泊釣行にぜひ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ムロアジの湧きは抜群 当たり年だ!10kg前後がアベレージ!東海汽船で行く島泊まり釣行のススメ

東海汽船利用で島泊まりのんびり釣行

通称三本岳(さんぼんだけ)といわれる大野原島は、三宅島阿古港の西南西約9kmに位置する無人島。大小10余の岩礁から構成され、三宅島からは子安根、エビ根、大根という3つの突岩の姿が見えることから三本岳と呼ばれている。

伊豆七島の三宅島は、東京から南へ約180kmの位置する。

この周辺の海域には、カツオやキハダなどの黒潮の申し子たちが通年を通して回遊する。

もちろん、カンパチの魚影も大変濃く、遠征大物釣り師たちの穴場スポットだ。

東京の山の手線の内側とほぼ同じ大きさの島の周りにもたくさんの魚がいるが、島に来たら誰もが行ってみたいと思うのが、島の西南西約9㎞沖の鎮座する通称三本岳(さんぼんだけ)といわれる大野原島。

磯釣りでは最高レベルのポイントであり、この島の周りはカンパチの宝庫。秋の絶好シーズンには欠かせない釣り場だ。

限定近海許可船のみしか行けない銭洲に匹敵する伊豆諸島を代表する大場所なのだ。

この島へのアクセスは、航空便と船便があるが、大きな荷物を要する沖釣りするためには、船便利用が一般的。

伊豆七島と三宅島のアクセス面を比較すると、八丈島ならば、1日3便の飛行機が往復しているので羽田からの航空便が主流。

神津島や御蔵島、新島なら伊豆半島から日帰り遠征船がある。

三宅島は伊豆半島からの日帰り遠征船はない。

このような理由から東海汽船の大型客船を利用した釣行がメインになっている。

東海汽船利用で日帰りも可能だが実釣時間約3〜4時間前後というハードスケジュールでかなり物足りない内容になる。

こういうことをふまえ三宅島一泊釣行が現実的だ。

では実際にはどのようなスケジュールになるのかを紹介しよう。

・島1泊釣行(船中1泊、島1泊、2日間釣行)の場合

○1日目(移動日)
・20時〜21時に竹芝桟橋へ。到着後、荷物を桟橋入り口におろし、車を駐車場へ
・20時からにタックルボックスやクーラーなどの荷物を東海汽船のチッキ(荷物受付場)に預ける
・22時30分 東海汽船「橘丸」東京竹芝桟橋出発

○2日目(釣行・宿泊)
・5時 三宅島着(荷物をコンテナからレンタルした車に積み込み港へ移動)
・6時 釣り船出港〜17時帰港(下船後、車で宿泊先へ移動)
・ホテルや民宿、旅館で宿泊

○3日目(釣行・移動)
・6時 釣り船出港〜11時半〜12時帰港
・荷物をまとめ東海汽船出港の30分前までにタックルボックスやクーラーなどの荷物をコンテナ(チッキ)に預ける
・13時30分 三宅島発 20時〜21時ごろ 東京竹芝桟橋着

1泊2日釣行でもかなりハードなイメージもあるが、実際にはそうでもない。

このように体力を使う沖釣りのあと、身体をのんびりと休ませるだけの時間があることがお分かりいただけただろうか。

さて、このスケジュールでは大きな荷物の運搬法がカギになっている。

この手順を理解していないと島での沖釣りはスムーズにいなかない。

東海汽船での移動では、すべての荷物を手荷物にすれば、コンテナへの荷物預けは必要ないが、沖釣りはどうしても重い荷物が多い。

“荷物を預けるための時間”を余分に作らなくてはいけないのだ。

ここが普段車で釣行する内容とおおきく違うところ。

荷物さえ預けてしまえば、身体は身軽。航空便移動と同様だ。

付け加えるが釣り竿はコンテナに預けられないので手荷物となる。

竿はまとめてくくりとめて、穂先カバーを必ず付けよう。




東京と八丈島結ぶ東海汽船の最新の大型客船「橘丸」で三宅島へ

泊まりがけ釣行の楽しみのひとつはこの食事、宴会だ

ムロアジを制することがカンパチを制する

近年稀に見るカンパチ当たり年の今秋だが、エサのムロアジも湧いている。

だから、例年に比べてエサを確保しやすいが、泳がせのカンパチ釣りではムロアジを制することがカンパチを制すると言われているくらいエサ釣りが大事。

まずはエサをしっかりと確保することを心がけよう。

秋のムロアジのメインはチビムロと呼ばれている20㎝前後の魚と30cm未満の中ムロだ。

このムロアジたちがいたるところで混在している。

両方とも生きエサとしてはベスト。
ここ三宅島周辺ではカンパチのサイズが10kg前後がアベレージなので、チビムロにこだわることはない。

釣り方は、2通り。ビシを使ったテンビンフカセ釣りとのべ竿使用のサビキ釣り。

後者の述べ竿を使った釣り方はムロアジが表層に浮いたときのみ有効だが、今期は浮くことが多いので準備可能なら用意したい。

一般的には、五目竿を使ってテンビンフカセでムロアジを釣るが、水深20m以浅でムロアジ釣りオンリーであれば、ライトタックルで十分だ。

ビシはLT用プラビシ30〜60号各種を使用。よって、これに対応するLT用の竿とリールならなんでも流用可能。

ただし、先調子の竿はNG。ムロアジの口切れの原因になるからだ。

6対4調子または7対3調子の2m前後のLTロッドに小型両軸リールの組み合わせがベストマッチする。

東京湾や相模湾のLTビシアジやLTイサキタックルなどがまさにそれだ。

サビキの選択はかなり重要。釣れないサビキは全く釣れないことがよくある。

チビムロ専用仕掛けのグリーン、ピンク、白の三タイプ各種を用意していくことが望ましい。

その日にあったカラーのサビキを使うとよい。

エサが釣れる釣れないはサビキの選択が大きく関わるが、実際釣れるかどうかは、ヒットしたムロアジを“水面から取り込めるかどうか”が釣果を大きく左右する。

海面からの取り込み動作を強く意識して魚を取り込むようにしよう。

ハリ外しは必ず持参したい。
ムロアジを素手で直接掴んでハリ外しすることは、最初からエサを弱らせてることとなるからだ。

ムロアジのサビキは専用サビキがベター。多めに持参したい

チビムロ、中ムロ、大ムロすべて釣れる

マッチ・ザ・ベイトの釣りはできるだけ生きのよいエサを

ここからは本命カンパチの釣り方を説明する。

この泳がせ釣りは、元気なエサをいかに時合いにタイミングよく投入できるか否かで釣果が決まると言っても過言ではない。

つまり、魚がいるポイントに生きのよいエサが投入されれば、すぐにバイトする、ヒットするということ。

結果がすぐに出るので分かりやすい釣りでもある。

しかし、カンパチがエサをバイトしてもハリがフッキングするかどうかは、テクニックによるところが大きい。

では、どうしたら、フッキング率を上げられるのか。

その答えは、これ。生きエサは1投入1匹を厳守すること。

元気に勢いよく逃げ回るエサは、カンパチに高アピールする。

エサ投入後、着底と同にヒット!というのはこれが理由だ。

一度投入したエサを回収し再投入するとカンパチが全く見向きもしないことがよくあること。

エサの数が少ないとき以外は、再使用は控えたい。

魚の前アタリは、ムロアジが逃げ惑うことによる、振動や引きとして竿先に伝わってくる。

これがない場合は、エサの周辺にエサを求めるカンパチはほぼいないと判断していい。

竿先に“エサの暴れ”を捉えたら、そのタナでカンパチの食い込みを待つ。

これ以降は必ず手持ち竿で行う。
ムロアジが上に逃げれば、魚はその下にいるわけだから、ゆっくりと竿を下げてみたり、ムロが下に逃げれば、カンパチはその上にいるので、竿を聞きあげてみる。

基本的には竿は水平よりと少し上へ上げて待つのがベター。

このように食い込みのきっかけとなる、竿の上げ下げを可能にさせるためである。

早アワセは厳禁だ。
いきなりエサをひったくるようにズドーンっと竿が海中に引きずりこまれることもある。

そんなときでも大アワセは不要。
たいていの場合、竿先がブルブルブルとしたあと、「グングン!」と引きが明確になる。

だがじっと我慢。さらに引きがさらに強くなったところでゆっくりと聞き上げてみる。

聞き上げることができなくなるほど、強い引きこみがあるなら、そこで初めて強めのアワセをいれる。

魚がバイトしてから、竿をゆっくりと聞き上げると、テンションがかかることで魚は違和感を感じ、その後、即座に反転して一気に下方向へ突っ込む。

そこで初めて強めのアワセをいれるようにする。

泳がせ釣りの名人たちが他の人たちより、多く魚を釣り上げるのは、このアタリから食わせ、アワセまでのプロセスがとても丁寧であることが理由なのだ。

カンパチではなくとも生きエサの泳がせ釣りでは、たいていこの釣り方、アワセ方法が通用する。

ぜひさまざまな釣りに活用してみよう。

やり取りは、当然強めのドラグ設定にして強烈なファーストランに耐えたあと、一気に根から魚を離すようなやり取りで臨む。根がきついのは予め理解しておこう。

ムロアジ泳がせカンパチ 絶好調!釣行レポート

スタンディングファイトを思う存分楽しめる、それが三宅島の泳がせ釣りだ

ザクザクの根周りで大物ヒット! 

トルクフルで強烈なファーストランに耐える

3人同時ヒットもザラだ

カンパチは7~10kg クラスがアベレージだ

取り込みは全員協力体制で臨む

堂々22kg キャッチ!!

横浜市の高須さんは22kgをキャッチ。三本岳周りではこのサイズは珍しくないという

村上さんは生きエサの暴れをこのスタイルで感じ取る

丸々としてナイスボディのカンパチがそろう

いったんスイッチが入ると入れ食いになる

「いい群れにあたれば、連続ヒットは当たり前だ」という村上さん

釣りが一年ぶりの都内の佐藤さんもこの通り、本命ゲット

秋の使者、ツムブリが回遊中

今回は「信栄丸」をチャーター

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・三宅島「ホテル海楽」

今年の伊豆諸島周辺のカンパチは当り年である。

カンパチの群れが濃いのはむろん、エサとなるムロアジの湧きもよい。

例年ならエサのムロアジ釣りがカンパチ釣りより難しいという状況もあるが、今期は簡単に釣れることが多い。

「8月から9月はとにかくカンパチがよく釣れました。

みなさん釣れすぎてかなりの数のカンパチをお客さんから頂きましたよ」と話すのは、三宅島のホテル海楽の支配人、関健太郎さん。

このように今シーズンは例年以上に好状況という。

カンパチのメインポイントは、三宅島の東に鎮座する岩礁、三本岳周り。

イメージはほぼ銭洲と同じ。
シーズンも同じだ。だから、釣り方もタックルも同様だ。

釣れるカンパチのサイズのアベレージはなんと10kg前後。

ときおり20kg前後も顔を出す。
つまり、タックルは銭洲と同じでも、仕掛けをワンランク上、具体的には銭洲がハリス40号なら、ここでは50号の使用がベターだ。

三宅島へのアクセスは、東京竹芝桟橋から東海汽船「橘丸」を利用する。

夜中に東京を出港したら翌日5時に島へ到着。

6時〜17時までたっぷりと島の釣りを楽しみ、ホテルで宿泊。翌日、午前中も釣りをして、午後1時半出港の大型客船に乗り込み、夜に東京に帰港するという釣行スケジュール。

ハードそうだがかなりゆったりとした内容なのでオススメだ。

泳がせカンパチのシーズンはまだまだ継続する。

そして、秋深まるこれからはシマアジ五目も楽しめる。

秋の三宅島はかなり充実しているぞ。

以上の記事は「つり丸」2019年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル