MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ノトイスズミという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ノトイスズミという魚を知ろう!

本州以南に広く分布しているようだ。伊豆諸島の釣り物をときどきいただくし、三重県などでも手に入れているがイスズミとして水揚げされたものの多くが本種であるようだ。

ノトイスズミ(スズキ目イスズミ科イスズミ属)の生態

生息域はイスズミとの区別が難しくよくわからないが、本州以南に広く分布しているようだ。

伊豆諸島の釣り物をときどきいただくし、三重県などでも手に入れているがイスズミとして水揚げされたものの多くが本種であるようだ。

沖縄県ではもっとも大きくなるのはノトイスズミであるらしい。

ややこしいのはノトイスズミが、イスズミよりも、より暖かい海域にいるわけではないということだ。

和名のもととなった固体がとれたのも日本海、石川県能登半島東側の能登島町の定置だ。

どうやら関東周辺の海でもイスズミとノトイスズミが混生しているようだ。

当然、伊豆諸島で寒い時季に好んで食べられている「ささよ」もイスズミとノトイスズミの2種をさすことになる。

ノトイスズミの値段は?

残念ながら本種はめったに流通にはのらない。

希に来ても買い手がつかないことも多い。

今回の2kg級の中型が市場で売られていたとしても、1kgあたり卸値で600円ほど。

要するに最安値でしかない。
1尾卸値で1200円は安すぎる。

釣りできたもので、しっかり活け締めにして血抜きしたものが、やたらにうまいことをもっと多くの方に知っていただきたい。

「ノトイスズミ」の寿司…握りとしての完成度が高い!これがあの魚?酸味は少なく、食感が心地よい!

至って平凡なすし職人であるたかさんは、どちらかというと南方系の魚がきらいだ。

魚は北の方がうまい、というのが持論でもある。

そして最近の愛唱歌も北国の歌、「しらばか〜♪あほぞ〜ら♪」だ。

「たかさん、“ばか”じゃなくて“かば”だろ。それに今は秋だよ」

常連さんにたしなめられても、平気みたいだ。

たかさんのケータイが震えている。
また待ち受け画面のアイドルが代わっている。
 
大量の持ち帰りずしの注文がきて、たかさんが、「気分最高!」なんて喜んでいる。

せっかく「しらばか〜♪」で「気分最高!」のときに、このブツを渡していいものか。
 
そっとネタケースの上に乗せて、
「クマゴロウがくれたんだけど」

「何を?」

「見たらわかりまーす」

「これかな?」
 
包みを開け、三枚下ろしの片身を見た途端、アイドルでれでれオヤジの顔が大魔神に変貌!それはたかさんが大大、大きらいな魚。

過去に何度も嫌な思いをした魚なのだ。

今回の魚は市場の釣り名人、クマゴロウが御蔵島で釣り上げた。

「イスズミが釣れたらよろしくね」と頼んだら、行く度に必ず二、三尾持ち帰って来てくれている。

それが全部ノトイスズミなのだ。
 
古くは、国内のイスズミ科はイスズミ、テンジクイサキ、ミナミイスズミの三種類とされていた。

それが近年、イスズミとされていたものに二形あることがわかる。

その一形がノトイスズミで、困ったことにイスズミと瓜二つで生息域も重なっているのだ。

我がデータベースの画像を調べても、ノトイスズミの方が多く、イスズミの画像がほとんどない。

欲しいのはイスズミなのに、手に入るのはノトイスズミばかり。

伊豆諸島の冬の味覚「ささよ」も、両種の総称ということになる。

「夏はまずい」と多くの本にあるが、海水温の高いときなのに、まったく臭味がなく、非常に脂がのっている。

「そりゃー、釣ったら全部締めて、血抜きしているからだよ」

名人クマゴロウが胸を張る。
確かにそうだ。

イスズミの仲間は釣ったらていねいに締めて、血抜きさえすれば、うまい魚なのだ。

たかさんが刺身にしていやいや口に入れたら、

「なにこれ?ひょっとして、イズスミじゃないってことかな」

ちなみに、たかさんは「いすずみ」ではなく「いずすみ」と言う。考えてみるとクマゴロウもそうだ。

そう言えば伊豆半島に定置網の水揚げを見に行ったときも、そうだった。

地元の漁師さんが「伊豆に多いから伊豆棲み」と教えてくれた。

刺身をつまんだら、舌にざらりと脂が感じられて、甘味を感じさせながら体温ですーっと溶けて行く。

酸味は少なく、食感が心地よい。

「たかさん、酒が欲しい」

「確かにどっしりとした強いうま味があるし、日本酒欲しくなるね」

つけてもらって、舌に乗せても同じように表面の脂が溶け、すし飯と混ざり合って一体化、喉の奥にすんなりと消えてしまう。

一かんの握りとしての完成度が非常に高い。

「これ、すし飯の中でも存在感があるし、しかも後口がいいね」

「問題は色だけかな。鉛色じゃ客がいやがって頼んでくれないよ」

「見た目もきれいで食べてもうまい、なんて魚はめったにない」

 困ったことに、何かん食べても飽きが来ない。存在感のある味わいだ。

「やっぱり見た目は重要なんだよな。

どんなに歌がうまくたって、可愛くなきゃーアイドルになれない。

岡田奈々ちゃーん!のような」
注、還暦過ぎた方ではありません。

「アイドル欠乏症かな?つり丸でも見て、症状をやわらげてくれ」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。

店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。

ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。

本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。

どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。

目標は1000種類の寿司を食べること。

HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2019年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
千葉県館山から九州南岸の太平洋沿岸。小笠原諸島、屋久島、琉球列島。南はオーストラリア北岸までと生息域が広い。沖縄県では単に「じゅーまー」と呼ばれることが多い。
世界中の熱帯域から温帯域に広く生息。相模湾以南と考えていたら、千葉県から釣れたという情報がきて、画像で確かめて千葉県以南だとわかってきた。その内、宮城湾あたりで見つかる可能性もある。
カツオはスズキ目サバ科カツオ属。地方名は少ない。伊豆諸島や長崎県、熊本県ではヒラソウダやスマなどと区別するために「本カツオ」と呼ぶ。国内では北海道以南で見られ、太平洋側に多く、日本海に少ない。
ナメモンガラとは、フグ目モンガラカワハギ科ナメモンガラ属。雄と雌で色合いが違う。実にきれいな魚で、ダイビングなどで人気が高い。主に伊豆諸島、小笠原諸島、ミクロネシア、ハワイ諸島に生息。
サクラダイとは、スズキ目ハタ科サクラダイ属 桜の花びらをちりばめたような模様がある美しい魚。茨城県以南から宮崎県の太平洋沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島に生息する。
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」2020年1月17日~19日に開催
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019~全国魚市場・魚河岸まつり~ 11月14日~17日
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読