MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大アカムツ確実釣果宣言・那珂湊沖編【那珂湊沖】

大アカムツ確実釣果宣言・那珂湊沖編【那珂湊沖】

沖釣りターゲットの中で最上級と言っても過言ではない食味を誇る高級魚アカムツ。かつては“幻の魚”などと呼ばれ、なかなか釣れない魚の代表格のように思われ続けていたが、近年ではポイント開拓や釣り方の研究も進み、“狙えばけっこう釣れる魚”となりつつある。これは狙わない手はない。今日は最上級の味を堪能しよう。

perm_media 《画像ギャラリー》大アカムツ確実釣果宣言・那珂湊沖編【那珂湊沖】の画像をチェック! navigate_next

毎年9月になると、港から約40分の秘蔵ポイントに大型アカムツが大挙して乗っ込んでくる

いかにも美味そうなアカムツだ。

けして、いい状況ではなかったが、3本キャッチはお見事。

この大きさが最小だった。

4本バリの一番上バリにヒットしたアカムツ。ここのアカムツはかなり浮いていることもある。

波崎沖カンネコ根と同じ釣り方で狙える。

エサはサバの切り身とホタルイカのゲソ。波崎沖と同じだ。

ポイントの水深はこれ。意外と浅い。タックルは普段使いなれたものが使える。

ゲスト1、ウスメバル。

ゲスト2、ムシガレイ。

ゲスト3、マダラ。

40㎝クラスは当たり前、50㎝クラスのアカムツがザラにあがるというウワサを聞きつけて、早速、茨城の那珂湊沖へ釣行を試みた。
毎年9月になると、港から約40分の秘蔵ポイントに大型アカムツが大挙して乗っ込んでくるという。
実際、釣行すると、水深120mのポイントで最大55㎝のアカムツがあがった。2㎏近い大型だ。
釣り方とエサは、波崎沖カンネコ根と同じ。仕掛けの主流は胴付き2〜3本バリ。エサはホタルイカゲソとサバの抱き合わせ。だが、大型が底から浮いていることも多く、常連さんは4〜5本バリ仕掛けを使う人もいる。なんとデカイアカムツばかり一荷はもちろん3匹掛かってくることもあったという。
ここのポイントのアカムツシーズンは始まったばかりだが、10月いっぱいという。ピンポイントなので魚を釣りきってしまったら、終了……と思われる。だが、心配ない。シーズン中は乗っ込みの個体が次々に回遊してくるという。
よほど産卵場に適しているのだろうが早めの釣行がオススメ。
那珂湊沖の超穴場アカムツワールドへ、この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル