MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大アカムツ確実釣果宣言・那珂湊沖編【那珂湊沖】

大アカムツ確実釣果宣言・那珂湊沖編【那珂湊沖】

沖釣りターゲットの中で最上級と言っても過言ではない食味を誇る高級魚アカムツ。かつては“幻の魚”などと呼ばれ、なかなか釣れない魚の代表格のように思われ続けていたが、近年ではポイント開拓や釣り方の研究も進み、“狙えばけっこう釣れる魚”となりつつある。これは狙わない手はない。今日は最上級の味を堪能しよう。

毎年9月になると、港から約40分の秘蔵ポイントに大型アカムツが大挙して乗っ込んでくる

いかにも美味そうなアカムツだ。

けして、いい状況ではなかったが、3本キャッチはお見事。

この大きさが最小だった。

4本バリの一番上バリにヒットしたアカムツ。ここのアカムツはかなり浮いていることもある。

波崎沖カンネコ根と同じ釣り方で狙える。

エサはサバの切り身とホタルイカのゲソ。波崎沖と同じだ。

ポイントの水深はこれ。意外と浅い。タックルは普段使いなれたものが使える。

ゲスト1、ウスメバル。

ゲスト2、ムシガレイ。

ゲスト3、マダラ。

40㎝クラスは当たり前、50㎝クラスのアカムツがザラにあがるというウワサを聞きつけて、早速、茨城の那珂湊沖へ釣行を試みた。
毎年9月になると、港から約40分の秘蔵ポイントに大型アカムツが大挙して乗っ込んでくるという。
実際、釣行すると、水深120mのポイントで最大55㎝のアカムツがあがった。2㎏近い大型だ。
釣り方とエサは、波崎沖カンネコ根と同じ。仕掛けの主流は胴付き2〜3本バリ。エサはホタルイカゲソとサバの抱き合わせ。だが、大型が底から浮いていることも多く、常連さんは4〜5本バリ仕掛けを使う人もいる。なんとデカイアカムツばかり一荷はもちろん3匹掛かってくることもあったという。
ここのポイントのアカムツシーズンは始まったばかりだが、10月いっぱいという。ピンポイントなので魚を釣りきってしまったら、終了……と思われる。だが、心配ない。シーズン中は乗っ込みの個体が次々に回遊してくるという。
よほど産卵場に適しているのだろうが早めの釣行がオススメ。
那珂湊沖の超穴場アカムツワールドへ、この機会にぜひチャレンジしてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
最新記事
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読