MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾で好調!タチウオ&ビシアジ!リレー船で2種を狙う!

東京湾で好調!タチウオ&ビシアジ!リレー船で2種を狙う!

東京湾のタチウオとアジのリレー船がおもしろい!アタリを出すのに難しい低活性タチウオに挑戦して、後半には数が釣れるアジでお土産が確保できる。この時期に、釣趣と釣果を両立できるタチウオとアジのリレー釣りにぜひトライしてほしい!

ロングランで続くタチウオに好調のアジ タチウオが続けばこのリレー釣りも続く!

初夏に釣れ始まる東京湾のタチウオ。
この時期は、小ぶりのタチウオの群れが入ってくるので数が釣れる。

そして秋ごろまで釣れ続き、群れが次々と入ってくるにつれ、そのサイズが大きくなっていく。

やがて冬が訪れると、サイズが小さくなるからか、またタチウオの活性が下がるからか、その釣期はいったん終了する。

東京湾のタチウオ釣りのサイクルは、概ねこんな感じだ。

しかし、本当に釣期は終了しているのだろうか?どんな魚でも、水温が安定しない厳寒期は活性が下がるものだ。

だとすると、今この時期も、じつはサイクルが続いているとは考えられないだろうか?なぜなら、タチウオがまだそこにいるからだ。

夏のタチウオとはアタリの出し方が違う

当日のタチウオポイントは久里浜沖。タナは海面下130〜160mだった

タチウオ船団のなかに浮かぶ「第八福よし丸」。

ポイントは久里浜港の真沖。水深は、約160mだ。

晴天のこの日、海面から抜き上げられる銀色が輝いて、どこかの船でタチウオが釣れたことを知らせてくる。

頻繁に目にするその光景が、このポイントにタチウオが数多くいることを物語っていた。

「第八福よし丸」の船上でも、アタリをとらえた釣り人が、大きくアワセを入れた。

だが、引きは強くない。
釣り上げられたタチウオは、指3本には至らないサイズだった。

「最近でも、数はそこそこ出てるよ。けど、ちょっとコマいのが多くなっちゃてるかな」操舵室の福本善行船長はぽつりとそうこぼし、続けてこう話してくれた。

「夏のタチウオのアタリをイメージしてる人だと、この時期のアタリの出し方がわかんないんだよね」

この一言で、衝動にかられた。
すかさず仕掛けを投入する。

撮影中に得た情報から、底から10〜20mの間を探ってみることにした。

低活性時のタチウオは、高活性時のようにテンポよくしゃくり上げていってもついてきてはくれない。

そこで、50㎝刻みで巻き上げては、フワフワと竿先を揺らして誘う釣り方を試してみた。

時おりコツっと前アタリはある。
だが、聞きアワせてもハリ掛かりにはいたらない。

付けエサをくわえても、引っ張られるとすぐに離してしまう。そんな感じだった。

ゆっくりと上ダナまで、揺らしては待つ、を繰り返した。

そして、再び下ダナまで仕掛けを落とす。

だが、何度繰り返しても、ハリ掛かりしないジレンマが募るばかりだった。

試行錯誤してアタリを出して タチウオを掛ける!

約一時間が経った。
釣れたタチウオはまだ一本だ。

この一本は、聞きアワせたときに重みを感じて巻き上げてみたものだ。

巻き上げる最中も、竿が叩かれることはなかった。

やはりタチウオの活性は、かなり低いようだ。
かすかな前アタリはあることから、竿先を揺らす誘いは効果があるとみていいだろう。

だとすると、この活性の低いタチウオを、どうしたらハリ掛かりさせることができるだろうか?

これまでに出た前アタリは、竿先を揺らしているときだった。

止めたときにアタリはない。かといって、早い誘いにはついてこない。だとすると…。

竿先を揺らすスピードを遅くしてみた。

ゆっくりと竿先を上下する。
付けエサが、フワフワと浮き上がっては静かに舞い落ちる。

それが繰り返されるイメージだ。

しばらく続けていると、コツンと前アタリがあった。
しかし、あえて誘い続けた。

ゆっくりと、そしてテンションを感じる直前まで、竿先を上下し続けた。すると…、ガツン!

『やっぱり釣りが好き!!』
高活性時のアタリほど強くはなかった。

それでも明確な、ハリ掛かりを確信させるようなアタリだった。

一気にアワせると、ガガガン! と竿に響いた。
すかさず電動リールで巻き上げる。個体差があるのだろう。

このタチウオは、巻き上げ途中に何度か竿を叩いてくれた。

抜き上げたタチウオは、指3本ほどのサイズだった。

しかし、自力でアタリを出し、そしてハリ掛かりさせた、そんな満足感を覚える一本だった。

アジは久里浜沖で好調 タチはロングランに期待

このパターンで、数本のタチウオを追釣した。
そして11時半を過ぎたころ、船長からビシアジ釣りへと転戦するアナウンスがあった。

ビシアジ釣りも久里浜沖で、水深95m前後のポイントだった。

毎年この時期になると、周囲のアジは久里浜沖のポイントに固まってくる。

なかには「落ちのアジ」と表現した船長もいるほどだ。

なのでこの日も、タナさえ合わせればアジは釣れた。

ダブルやトリプルも珍しくはなかった。

そして、そのほとんどが25〜30㎝の良型だった。

緊張感が漂っていた船上が、うってかわってゆったりとした雰囲気に変わり、そのまま納竿時刻を迎えた。

「タチウオは、あいかわらず数はいるよね。もしかしたら、このまま春まで…、なんてね」船長は、そう言って笑ってみせた。

夏のタチウオには、夏の楽しみ方がある。
しかし、冬のタチウオにもまた、冬ならではのアタリの出し方を探求できる楽しみ方がある。

タチウオフリークなら、この難しい時期のタチウオ釣りを、とことん追及してみると面白いだろう。

久里浜沖タチウオ&アジのリレー船 釣行レポート

東京湾のタチウオ

当日、「福よし丸」で用意したタチウオのエサはサバの切り身

夏に比べるとアタリを出すのにテクニックが必要となるが、そのぶんおもしろい!

タチウオ浮上!

ロングランで続く東京湾のタチウオ!

3月も釣れ続くのか!?

タチウオは指3本前後がアベレージ

ロングランで続いているタチウオ。さらなる長期化に期待したい

好調に続くビシアジ

「福よし丸」で用意してくれるアジの付けエサはアカタン

トリプルだ!

食いが立っている時間帯は追い食いを狙ってみよう!ダブル、トリプルもあるぞ!!

こちらもトリプル

アジは好調が続いている

25〜30㎝の食べごろサイズ

アジ狙いではサバもまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、鴨居大室「福よし丸」

東京湾の、タチウオとアジのリレー船がおもしろい。

「この時期に東京湾のタチウオ?」と思う人もいるかもしれないが、水温が安定しないために活性が上がらないので、アタリを出すのが難しいだけだ。

なんでそれがオススメなのかと言えば、高活性のタチウオは、アタリは出さなくても勝手に出るという感も否めなくはない。

しかし、低活性のタチウオはそうはいかない。

腕がほぼ100%のテクニカルな釣りになる。

その低活性のタチウオを相手に、どうやってアタリを出すかを探求してみると、これがおもしろいのだ。

鴨居大室港「福よし丸」のタチウオとアジのリレー船を取材した2月中旬で、タチウオが久里浜沖に数多く集まっていたのはたしかだ。

「ちょっとコマいのが多くなっちゃてるけど、数はいるよね!」と、福本善行船長も長く続くことに大きな期待を寄せている。

そしてもう一方のアジだが、これは堅釣と言っていいだろう。

こちらのポイントも久里浜沖なのだが、毎年この時期になると、周囲のアジは久里浜沖に集まってきて固まるようだ。

なので取材日にも、船長のアナウンスする指示ダナに合わせれば即アタリが出るような状況で、ダブルやトリプルも珍しくないほどだった。

サイズ的にも、25〜30㎝と食べごろサイズだ。

アタリを出すのに難しい低活性タチウオに挑戦して、後半には数が釣れるアジでお土産が確保できる。

だからこそこの時期に、釣趣と釣果を両立できるタチウオとアジのリレー船がオススメなのだ!!

以上の記事は「つり丸」2017年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
最新記事
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最軽量のトランク型クーラーがさらに軽量化し使いやすくなって登場!「ライトトランクα」ZSS/SU/GU/S 3200・2400
小物釣りの代表シロギスと、そのゲストでこちらも美味なメゴチを天ぷら用にさばく方法!釣りたてホクホクのシロギス&メゴチ天を作ってみよう!
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読