MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アマダイ釣り最高! 〝ビンゴ!〟の後のクンクン引きは格別【東京湾】

アマダイ釣り最高! 〝ビンゴ!〟の後のクンクン引きは格別【東京湾】

秋です。沖釣りに最高の季節がやって来た! 東京湾口の剣崎沖周辺では、アマダイがトップ5匹前後と好調に釣れている。入門にも最適なアマダイ釣り。さあ、みんなでチャレンジだ!!

“今”の時期はアマダイ釣り初心者にとってはチャンスなのだ

「微妙なタナを探るのがおもしろいよ!」。

「おや?」とひらめいて、タナを変えてみると…ビンゴ!

この笑顔を見れば、釣ったときのヨロコビ、分かりますよね!

常連さんはこの良型アマダイを含め3匹! この日はちょっと渋めだったが、東京湾のアマダイはトップ5匹前後と好調だ。

アマダイは「釣れた」ではなく「釣った!」という最高のヨロコビが味わえる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山下丸」。

アマダイ釣りのおもしろさは、「自分でタナを探る」ところにあるといっていいだろう。コマセを使わず付けエサのオキアミだけなのに、アタリが多くいろんな種類の魚が釣れてくる。その魚でエサがどの位置にあったのかを判断し、微調整しながらアマダイのタナへと迫っていく。エサの位置は、海底からわずか30~40㎝だ。そしてついに、クンクンクン! という特有の引きが伝わってきたときのヨコロビ! 快感! アマダイ釣りは、これが最高なのだ!!
こう書くと、アマダイ釣りって複雑でなんだか難しそう…と思うかもしれないが、そんなことはない。しかも、とくに“今”の時期は初心者にとってはチャンスなのだという。
「10月はまだ潮が速いので、誘いすぎないほうがいいときが多いんです。手持ちであまり動かさない初心者が案外釣ってしまうのもこの時期の特徴なんですよ。難しく考えないでくださいね」とは、久比里「山下丸」坂本勉船長。
アマダイといえば、とくに関西方面では超がつく高級魚。食味は抜群! これはチャレンジするしかないっ!

仕掛けは「重い」「軽い」の2種類を用意しよう

仕掛けは重い仕掛けと軽い仕掛けを使い分ける。オモリは80号。

付けエサはオキアミ。コマセは使わず、これだけでアマダイを釣る!

状況によってはガン玉も必要となる。

タックルや仕掛けの詳細は下のイラストを参照していただくとして、重要なのは仕掛け。仕掛けはできれば2種類用意したい。「重い仕掛け」と「軽い仕掛け」だ(船宿でも購入可)。
重い仕掛けは、基本的に「潮の速いとき」に使用する。軽い仕掛けはその逆で、「潮の遅いとき」に主に使用する。
ただ、潮の流れは表層と海底付近では違っていることも多い。2枚潮はその典型で、上潮は速くても、底潮はほとんど動いていない、ということはよくある。
不親切な書き方で申し訳ないが、その時にどちらがいいか分からなければ、毎日のように沖に出ている船長に聞くのが一番。坂本船長に教えてもらおう。

釣れるエサ取りを頼りにタナを探れ!

今の時期は「あまり動かさないほうがいい」といっても、置き竿はダメ。「手持ちでマメに」が鉄則!

取り込みは無理せずタモを使いましょう!

アマダイ釣りのおもしろさは、〝微妙なタナ取り〟にあるといっていい。
「エサは海底から30~40㎝上にくるのが理想的です」と坂本船長。一般的にはアマダイのタナは「海底から1mぐらい」と言われている。しかし、潮が速ければ、たとえ重い仕掛けでその通りにしてもベストなタナにくるとは限らない。そこで重要となるのが釣れてくる「エサ取り」だ。
この時期はまだ海水温が高いのでエサ取りも高活性。すぐにエサを取られてしまう。しかし、そのエサ取りが貴重な情報源となるのである。
「トラギスやカナガシラ、ガンゾウビラメなど、底でべったりとしている魚ばかりが釣れるときは低すぎです。カイワリやキダイ、イトヨリ、ヒメコダイなどばかりが釣れるときは、タナが高い証拠です。ただ、タナが高いよりは、低いほうがまだアマダイが釣れる確率は高いです」
その他重要事項としては、前述のように、潮が速い状況ではあまり誘わないほうが奏功することが多い。しかし、エサ取りが多いので置き竿は厳禁! エサが取られたのが分かりづらいのだ。
「マメに、まじめに、一生懸命やることがアマダイを手にする一番の近道です」
アマダイの本番はこれから。ぜひこの機会にチャレンジしていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読