MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房・乙浜〜白浜沖!最盛期の爆乗りヤリイカを多点掛けで狙え!

南房・乙浜〜白浜沖!最盛期の爆乗りヤリイカを多点掛けで狙え!

南房エリアは秋から春までロングランでヤリイカ釣りが楽しめるエリア。ヤリイカを狙って出船中の乙浜「信栄丸」では大型まじりで好調をキープ。大型ヤリイカシーズン本番。パラソル級の多点掛けを体感しよう!

パラソル級も狙える!季節アタリを取ってアワせればズッシリ重い多点掛け!

南房ヤリイカ まだまだロングラン

春のヤリイカシーズン本番。
産卵のためにヤリイカの群れが浅場に入ってくるので、大型まじりで数釣りが楽しめる時期だ。

南房エリアは例年秋口ぐらいから釣れ始めることもあり、秋から春までロングランでヤリイカ釣りが楽しめるエリア。

ここ数年は、イカ釣りのシーズンがずれ込む傾向もあり、長いときは初夏ごろまで釣れ続くこともある。

もちろん今現在も釣れており、しばらく大型まじりで楽しめそう。

この南房のヤリイカを狙って出船中の乙浜港「信栄丸」。

「このところ、大型まじりでトップ20~30杯ぐらいの日が多いですね。絶好調とはいえないけど、お土産は取れてます。まだまだ今後も期待できますよ!」とは「信栄丸」安田 仁船長。

サバ対策&スルメ用 仕掛けは各種用意を

このところ「信栄丸」が狙うのは乙浜から白浜沖周辺の150~200m前後。

使用オモリは120~150号。

竿は1.7~2m前後のヤリイカ専用竿が標準。

着底と同時に多点掛けするような状況なら、7対3調子ぐらいで胴に乗るタイプの竿でもいいが、現状としてはしっかり探って1、2杯ずつ掛けて上げることが多いので、アタリが取りやすい、9対1など先調子気味がおすすめ。

新群れが押し寄せてくれば着底、即多点掛けもあるので、竿は状況に応じてチョイスしたい。

リールは小型電動リール。
PE3~4号を300m巻けるものを。

大型ヤリイカの多点掛けもある季節なので、リールはパワーのあるものがおすすめ。

糸巻き量がクリアできれば、軽量な小型電動リールが有利だが、その場合十分パワーのあるものを選ぶようにしたい。

「朝のうちはサバが多い日があります。そのサバの群れとスルメイカが一緒にいることもあるので、スルメを狙うこともあります。スルメ仕掛けも持参してください」と安田船長。

スルメイカ狙いでは18㎝ヅノの直結仕掛けを用意したい。

サバは日が高くなってくると消えることが多いが、日によってはヤリイカ狙いでもサバがじゃまになることもあるので、サバ対策も考えておいたほうが賢明。

ヤリイカの仕掛けは標準的なプラヅノ11㎝のブランコ仕掛けをメインに使うが、ヤリイカ用直結仕掛けとしてプラヅノ11~14㎝の直結を用意してもいい。

また、スルメ用の18㎝ヅノをブランコ仕掛けで使用すれば、11㎝ヅノに比較してサバに食われにくくなるので、直結の釣りに慣れていない人は試してみてもいい。

また、パラソル級が多いときは11㎝より14㎝ヅノのほうが乗りがいいこともある。

仕掛けはいろいろな状況に対応できるよう各種用意しておきたい。

11cmヅノ5~7本のブランコ仕掛けが基本だが、サバが多いときやスルメも狙うときは直結仕掛けもあるといい。オモリは120号または150号

小さなアタリを見逃さず しっかりアワせて乗せよう

南房のヤリイカ釣りは船を流しっぱなしにして、何度も仕掛けを上げ下げしながら釣れ続くことも珍しくない。

そうなるとひとり50杯、60杯と釣れるが、現状はサバを避けるなどして、船の移動も少なくなく、流しっぱなしということは少ない。

移動、投入、移動、投入の繰り返しだ。

そんなとき、しっかり釣り座をセッティングして、投入合図と同時にトラブルなく投入できるようにしておくことが大切だ。

イカの仕掛けは長さがあるので、イカヅノ投入機を上手く使って、投入、回収を行い、手前マツリしないようにしないと釣りにならない。

そのためには出船前に、自分の釣り座のポジショニングをしっかりと決めておくことが大切。

人数にもよるが、隣の人との間隔を取り、キーパー、投入器などを釣りやすい位置に配置しておこう。

その上で、沖で釣りを始めてみて場所がしっくりこなければ早めに調節しよう。

投入は合図と同時に素早く行う。

ヤリイカのタナはおおむね底付近だが、反応が底から中層まで出ているときや、反応が浮いている場合は「底から○mまで探ってみて」などの指示がある。

オモリが着底したら、まずは着底と同時に乗る、いわゆる「着乗り」を確かめる。

リーリングして糸フケを取りながらも、竿先に注目して何か変化がないか確認する。

竿先がフワフワ揺れたり、引っ張られるような動きが出たら、すでにイカがツノを抱いているので、竿を立ててアワセを入れてやる。

ここで乗らなければオモリを底から離し、再びアタリを見る。

着乗りで乗らなくても、このタイミングでアタってくることも多い。

底で乗らなければ、シャクリながら指示のあったタナを探ってやる。

シャクり上げて止めてアタリを見て、乗りが無ければ竿を下ろしながらリールを巻き再びシャクる、これを繰り返す。

パラソル級は掛かればズッシリ重いが、だからといってアタリも大きいとは限らない。

ヤリのアタリは小さく、中小型ではなおさら微妙。

竿先がフワフワと動く程度のアタリが多いので、しっかりアタリを見て、変化が出たら竿を持ち上げてアワせてやろう。

周りが乗っているのに自分だけ乗らないときは、10mほど巻き上げて再び落としてみるといい。

ポイントが変わるのと、イカに対して仕掛けをリセットして見せる効果があり有効だ。

大型ヤリイカシーズン本番。

パラソル級の多点掛けを楽しもう!

パラソルまじり乙浜〜白浜沖 ヤリイカ釣行レポート

南房のヤリイカ最盛期。パラソルまじりで数釣り可能な季節

ドクターがこの日用意したヤリイカタックルは、ロッドが「マッドバイパー スクイッド 175」、リールが「シーボーグ LTD 300J-L」

赤帽の浮きスッテはコマセヅノとしてマストアイテム。こればかりに乗ることもある

この日は乗りが渋い上に、シケでウネリが高く大苦戦。こんなときは1杯、1杯確実に取り込もう

南房のヤリイカ釣りを楽しんだ、おなじみドクター・近藤惣一郎。「房総各地でヤリイカの最盛期ですね!みなさんパラソル級の多点掛けを楽しみましょう!」

南房ヤリイカまだまだロングラン

これからの南房では、大型パラソルサイズまじりの多点掛けが期待できる。ずっしり重い大ヤリの釣り味を楽しもう!

身が厚く、食べても最高!釣りたての刺身は食感、甘味、旨みタップリ。煮付けや丸焼きなど、いろいろな料理を楽しもう

スルメもまじる。状況によってはスルメを狙う時間帯もあるので、スルメ仕掛けも用意したい

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・乙浜港「信栄丸」

房総各地や茨城方面でも最盛期を迎えているヤリイカ釣り。

産卵期を迎え小型の抱卵したメスと、「パラソル級」と表現されるような大型のオスがまじって数釣りができる季節だ。

白浜沖などに代表される南房エリアは、初冬から晩春まで半年間もの間ロングランでヤリイカ釣りが楽しめる。

これからの時期は、産卵のために次々とヤリイカの群れが入ってきて、大型まじりの釣りが可能な時期だ。

そんな南房でヤリイカを狙って出船中の乙浜「信栄丸」。

このところの釣果は、大中小まじりでトップ20~30杯前後。

シケが多く海況が安定しない日が続いていたので、最盛期の本調子の数字ではないが、まだまだ今後も上昇の期待十分。

「新しい群れが入れば、また釣果も上向いてくると思いますよ」と安田 仁船長。

春真っ盛りの南房でパラソルサイズの多点掛けに期待!!

以上の記事は「つり丸」2017年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
多くの魚種を一緒に釣ってしまおう!鴨川江見沖では通常の概念を覆す五目釣りがあると聞く。同じタックルと仕掛けで多魚種が狙える!五目以上の魚種が顔を出す夢の釣りだ!
3月いっぱいをもって、釣りの仕事から引退するコジレイこと児島玲子さん。そんな彼女がつり丸最後の取材の釣り物に選んだのが、相模湾の「LTウイリー五目」!楽しいに決まっている!
最新記事
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
餌木のロングキャストが可能な摩擦抵抗軽減PEライン「SМ PE エギスタ×8」
ブリはスズキ目アジ科ブリ属。北海道オホーツク海沿岸から九州南岸までの日本列島。朝鮮半島南岸・東岸を回遊している。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読