MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南伊豆沖 激釣!!秋のコマセマダイ!大鯛&高級ゲスト!

南伊豆沖 激釣!!秋のコマセマダイ!大鯛&高級ゲスト!

伊豆のコマセマダイ専門船 下田柿崎「兵助屋」。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!

マダイのアベレージ1〜2㎏ ワラサ、カツオなどの 青物ヒットに要注意

ポイント多数。風の 向きで釣り分け可能

石廊崎沖の夜明け

下田柿崎「兵助屋」は、コマセマダイ専門船だ。

夏場こそ、スペシャルメニューとしてモロコ釣りを看板にあげているが、「兵助屋」は、昔からコマセマダイ船として多くのマダイフリークを虜にしてきた。

例年、秋のメインはワラサの群れが回遊しやすい白浜沖〜河津沖が秋ダイ釣り場になるが、今期は春の乗っ込みでにぎわう石廊崎沖〜子浦沖で釣っている。

しかもここは北東風が吹くと伊豆半島がその風をさえぎり、海上は波静かになる。

「今秋は、なぜか石廊崎沖が調子いいですね。もちろん、海の状況次第で神子元島周りや河津沖も攻めますよ」とは「兵助屋」の鈴木俊和船長。

そう、ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。 

ハリスの長さは10〜12m 探見丸を使おう

南伊豆沖の秋ダイのハリスの全長は10〜12m、ハリスは4号が基本。

釣り方もオキアミコマセ釣りのオーソドックスなもの(詳細は下記)。

「兵助屋」でのマダイ釣りのコツは、船長のアナウンスと探見丸を駆使して誘いのタイミングを掴みとることだ。

鈴木船長は、マダイ専門船という卓越した操船技術はむろん、魚の動きを即座に把握、それぞれ特徴あるお客さんのコマセの振り出し方にあわせて指示ダナを出す。

エサ取り魚が多ければ、ポイントをそのまま流しっぱなしにせず、1流し1投入という操船をして、意図的に仕掛けを回収させることも。

これを自然にやっているのだ。

だから、基本的には船長のアナウンスに従うだけで、マダイがビギナーにも釣れてしまうのだが、誘いのタイミングは船から発せられる探見丸の魚探データをみて動作を行うとよい。

探見丸がなければ、レンタル可能だし、手持ちのスマホでワイファイ接続して容易にみることも可能だ。

南伊豆の秋ダイのサイズは、1〜2kgが多いが、外海であるこのエリアは元気のいい大ダイもたくさんいる。

不意のヒットに気をつけよう。

そして、ゲストは多彩。
特徴的なのは、カツオやキメジがまじること。

もちろん、ワラサも回遊中だ。
濃い群れにあたれば、良型イサキは入れ食いになる。

つまり、お土産には困らない。

魚探には魚がいっぱい。このなかにはマダイも多い

秋のコマセマダイ基本講座

秋のマダイの特徴は中型の数釣り。傾向をおさえておけば誰にでも簡単に本命を釣ることができるぞ!

海のなかは高水温 高活性はマダイもエサ取り魚たちも

私たちが過ごしやすくなる秋は、実は海のなかはまだ夏であることが多い。

つまり、水温は夏のままだ。
だから、さまざまな魚たちが元気いっぱいだ。

だから、秋ダイ釣りは、まず“エサ取り魚対策”をすることが基本となる。

そして、傾向として狙いは大ダイよりも小中ダイの数釣りとなる。

もちろん、大ダイもヒットするのでそれも視野に入れて釣ることとなる。

タックルは手持ち竿が 多くなるので軽量なものを

タックルはコマセマダイ専用がベストだが、秋は手持ち竿で手返しの早さが求められる釣りとなるので、竿は短めでかつ軽量なものが望ましい。

LT用でもよい。
しかし、その際、使用する道糸は船宿指定のものを使おう。

現在はPE4号が基本だ。

リールは手巻きではなく電動リールがオススメ。

その理由は、沼津沖・南伊豆沖ともに今期は意外とタナが深いからだ。

水深50mより深い指示ダナが出ることも珍しくなく、手返しの早さが求められることを考慮すれば、小中型電動リールがベターだ。

このように普段使い慣れたスタンダートなマダイタックルとワンランクライトなものの2タックルを用意するとよいだろう。

ビシは沼津沖、南伊豆周辺ともにサイズは80号。

プラビシでもステンカンでもどちらでもよいが、湾内と南伊豆周辺では、オキアミコマセのドバまきはせず、少量のコマセまきでいいので、ステンカンなどはプラビシでいうFLサイズがベター。

ジャンボタイプのプラビシはけして必要ない。

手前マツリが少ないテンビンを介してクッションゴムを接続。

それは2㎜径×長さ1mでオーケーだ。

軽量なゲームロッドで楽しむのも一手

ハリスの全長は10〜12m 秋は長くする必要はなし!

沼津沖のハリスの長さの基本は10m、南伊豆沖は10〜12mだ。どちらもある程度、釣り人がハリスの長さは自由に換えることが可能だが、秋は長くしなくてもよい傾向が強い。

冬や春など水温が低いときは食いが悪いとハリスを長くする傾向があるが、秋はその逆だ。

つまり、基準の長さより短くしてもマダイは食う、ということを覚えておこう。

ハリスの基本スタイルは、10mであればハリス6号6m+ハリス4号4mの2段テーパー仕掛け。

12mの場合、上ハリスを2m付け足す。

テーパーのバランスは、6対4ではなく、5対5でもよい。

つまり、10mであれば上ハリス5m、下ハリス5m。12mであれば上ハリス6m、下ハリス6mとなる。

使い分けはハリ、つまりエサをタナに早く到達させるかゆっくりと到達させるか、の違い。

これを使い分ける。

秋ダイ攻略のカギのひとつは、この小バリ。9号をメインにしてその前後のサイズを活用する

1本バリか2本バリか? 小バリとアピールアイテムは?

さて、下ハリス部のハリ数は1本、もしくは2本、どちらがよいか、誰もが迷うところだが、どちらもメリットがある。

1本バリのメリットは、トラブル少なく、結果として手返しが早くなる。

ロングハリスの扱いになれていない人は、こちらがベター。

しかし、エサ取り魚がいる場合、すぐにエサをとられてしまう。

2本バリのメリットは、タナを探れることと、エサ取り魚に対して、エサが残る確率があがること。

1つ食われてももうひとつのエサで勝負可能。

だが、手前マツリなどのトラブルがおこりやすく、結果として手返しが遅くなることもある。

だから、どちらを使うかは、釣り手のスキルに応じて使い分けるようにしよう。

ハリのサイズは、秋ダイは小バリがセオリーだ。

なぜなら、マダイのサイズが小さめであることと、ビーズなどのアピールアイテムをあまり使用しないため。

食い渋りのときはマダイバリ8〜9号などの小バリが有効であることが多い。

とくに潮があまり流れない湾内ではこの小バリは有効だ。
 
ビーズなどのアピールアイテムは、エサ取り魚に強くアピールするため基本的に使わない。
 
エサ取り対策で近年注目されているのは、メーカーから発売されているオキアミワーム。

エサ持ちのよさは抜群なので、エサ取り魚が多くてどうしようもないときに試してみよう。

ワームは浮く傾向があるのでハリスにガン玉を打つか、ワーム本体にガン玉を入れて浮力調整を行おう。 

エサ取り魚が多すぎて困ったときの救世主、味付きのオキアミ型ワーム。ガン玉で浮力調整をしよう

コマセワークの基本動作とは?

長年マダイ釣りをやっている人でも釣り場が変われば、指示ダナの何メートル下からコマセを振り出せばよいか、どうしても迷ってしまうコマセワーク。

沼津沖や南伊豆沖ではどうすればよいか。

どちらもハリスの長さの半分を基準にしその長さ分指示ダナの下からコマセを振り出せばよい。

場所移動後、最初のコマセの振り出しは、船長からの特別な指示がなければ、指示ダナからハリスの長さ分下からの振り出しオーケー。

再投入した2回目以降は、ハリスの半分の長さ程度下からコマセを振り出せばよい。

だいたい、10〜12mのハリス長だと、常に6〜7m下から振り出せばよい。

秋のマダイは、ビシに対してあまり敏感になっていないことも多い。

高活性の個体を狙うならコマセはしっかりと出すほうがいい。

マダイがこのビシに対して敏感になっていない、ということは、“短いハリスでも食う”ということになる。

これがロングハリスにこだわらくてもよいという理由のひとつだ。

投入後、指示ダナ下にビシを沈めたら、最低でも8秒ほど待ってからコマセの振り出し動作に入る。

ハリスを潮なじみさせるためだ。
ビシを落としてすぐにコマセの振り出し動作に入るとハリスが道糸に絡むことが多いからだ。

コマセは約2mおきにしっかりと振り出す。

プラビシの場合、上下の穴調整をきちんとしておこう。

ステンカンのコマセの出方が理想だからだ。

オキアミコマセはカゴに詰めすぎない

さて、カゴに入れるオキアミコマセだが、どれくらい入れればよいのか。

少量でよいといってもよく分からないだろう。

量は入れても7分目程度、Lサイズのステンカンなら半分も入れれば十分。

エサ取り魚が非常に多いときは、コマセを入れないときもある。

コマセをカゴのなかにパンパンに詰め込んでしまうと、コマセは出なくなってしまうので注意。

コマセを振り出したあと、タナにビシがある状態で数粒でもオキアミがカゴのなかに残っている状態がベストだ。

誘いのタイミングで 勝負は決まる

コマセを振り出した後、指示ダナ付近でアタリを待つ。

ハリスがしっかりと潮になじんだころ、ストーンっと竿先が海中に引き込まれる!

これがマダイ釣りの醍醐味だが、この理想のアタリがなかったときは、誘いを行うタイミングが釣果を左右する。

水中のイメージはできるだけ最大限に明確にしたい。

そのためには、シマノの探見丸を活用しよう。

探見丸を持っていない、という人も多いだろう。

だが、なくても大丈夫。
「魚磯丸」と「兵助屋」ではスマホで見れるからだ。

シマノの探見丸のアプリを起動させ、ワイファイ接続すると、さまざまな機能が使えるうえに海のなかが丸見えになる。

マダイらしき魚群が探見丸の画面に映し出したときに誘い動作を入れるのだ。

誘い動作の基本は、落とし込み。
置き竿にしている場合は、リールのドラグを緩めて竿はそのままに手で道糸を引き出して、ビシを落とし込む。

1mも落とせばよい。ほんの少しでもエサに動きを加えるだけでマダイは反応することが多い。

このタイミングで手持ち竿にして、ゆっくりと竿を聞き上げて、そしてゆっくり竿を下げて落とし込む。

途中にストップを入れてもよい。

とにかく、ゆっくりと静かに誘い動作を行う。

早すぎる動きは、エサ取り魚たちにアピールすることとなり、エサのオキアミが格好の的になってしまうので注意しよう。

落とし込み後、竿を下げきったところでアタリがなければ、指示ダナに戻すまではゆっくりと聞きあげる。

いわゆる誘い上げだ。
これでもマダイはよくヒットする。

エサを上下させるときはどちらの方向にも“マダイにエサをアピールさせている”ことを意識しておこう。

この誘い動作でアタリがなければ、回収してエサのチェック。再投入を試みる。

とにかく、秋はエサ取り魚が多い。
マメなエサのチェック、いわゆる手返しの早さが結果的には、誘い動作につながり釣果となることを覚えておこう。

南伊豆沖 コマセマダイ&多彩なゲスト釣行レポート

秋のマダイポイントのひとつ、石廊崎沖は目前に風光明媚な景色が広がる

良型マダイが多い石廊崎沖。小ダイは少ない

最高の舞台で気持ちいいやり取りを楽しもう!

食べごろサイズのマダイも今期は多い

元気よく引くマダイは船から離れたところで浮いた

エサ取り交わして良型キャッチ!/これで3枚目!

水温が高いためカツオが回遊していた

南国の海を思わせるキメジがまじった

うれしいゲストのワラサ。まとまって回遊すればワラサフィーバーになる

エサ取り魚のなかにはこんなヤツらも/ハナダイ・カンパチ

泊まりがけののんびり釣行がオススメ。これが船宿

船宿の宿泊部屋はなんとホテルなみのサービスだ

夜明け前に出船。宿からライトが照らされるので準備は安心

車から船近くまではこの軽トラで荷物が運ばれる

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田柿崎「兵助屋」

伊豆のコマセマダイ専門船として有名な下田柿崎「兵助屋」では秋ダイシーズンに突入中だ。

「秋も本番を迎え、マダイたちも高活性になってます。数を釣るならいまがチャンスですよ」とは、鈴木俊和船長の弁。

夏の定番メニューとなっているモロコ釣りもほぼ終了し秋ダイを迎撃中だ。

マダイポイントは河津沖〜須崎沖、神子元沖まで広範囲にさまざまあるが、今秋好調なのは、春の乗っ込み期に盛り上がる風光明媚な景色のなかで釣りを楽しめる石廊崎沖。

秋によく吹くナライとよばれる北東風時は、この周辺の海域は伊豆半島の影になってベタ凪ぎで大変釣りやすい。

水温がまだまだ高い今期はカツオやキメジ、さらにワラサもまじっている。

「この周辺は反応がすごくありますね。もちろんエサ取り魚もまじってますけど。このなかからいかにマダイを食わせるかが、私の指示ダナアナウンスに関わってきます」と鈴木船長が話すように、彼の丁寧な操船と細かい指示ダナアナウンスで誰もが簡単にマダイを釣ることが可能だ。

釣行は泊まりがけがオススメ。
なぜなら船宿泊は、ホテル並みのサービスが充実してるからだ。

秋ダイシーズンは開幕したばかり。

ポテンシャルが高い南伊豆沖は数釣りだけでなく元気な大ダイヒットの確率も高いぞ。

以上の記事は「つり丸」2019年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」(主催:大阪釣具協同組合)が2020年2月8日(土)、9日(日)の2日間、インテックス大阪6号館A・Bゾーン・3号館・4号館で開催される。
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読