MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾口・剣崎沖 50cm超えアマダイ出現!底目狙い本命ゲット!

東京湾口・剣崎沖 50cm超えアマダイ出現!底目狙い本命ゲット!

横須賀・久比里出船のアマダイは初秋ごろに開幕。来春までとかなりロングランで楽しめる。剣崎沖周辺は50㎝オーバーが釣れるポイントで、今シーズンもすでに複数本ゲットされている。今年も絶好調の予感アリだ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

誘いは重要だが誘い過ぎはNG。潮の流れに仕掛けを乗せよう 低めのタナで本命をゲットだ!

今シーズンも好調!剣崎沖 アマダイ!

ロングランの幕開け 今シーズンも大型チャンス

秋空のもと、気持ちいい釣りができるのはこの時期ならでは!潮が速い剣崎沖が主戦場

横須賀・久比里出船のアマダイは夏の終わりから初秋ごろに開幕する。

シーズンは来春までとかなりロングランで楽しめるターゲットで、ファンも多い釣りだ。

その魅力は何と言っても釣りの楽しさにある。

シンプルな仕掛けで、タナと誘いを駆使して「正解」を導き出していく。

海底をイメージしながら考えて釣るため、自分で釣った感が強い。

さらにアマダイ独特の強い引きを体感すれば一瞬でこの釣りの虜になってしまうだろう。

もちろん、高級魚のアマダイだけあってその味は抜群。

そんな魅力的なターゲットが今シーズンも好調のようだ。

「去年はジャンボ級がかなり多かったけど、今年も良型が多くて感触はかなりいいよ。すでにこの時期で50㎝オーバーも出てるよ。シロアマダイも出たよ」こう話すのは、久比里「山下丸」の坂本勉船長。

ここでいう「アマダイ」とはアカアマダイのことで、アマダイの中で最もポピュラーな魚だ。

シロアマダイは幻の魚とも言われ、アカアマダイよりも浅い場所に生息する。

さらにキアマダイという、体色が少し黄味がかった魚もまれに釣れる。

「アマダイのシーズンは長いですが、大きく分けると前半と後半に分けられます。前半は潮が速い中での釣りになります。この時期は、ビギナーの人がトップを取ることも多い時期なんです。潮が速いことで誘い過ぎないこと、低めのタナを攻めるという2つのことを頭に入れておいくといいですよ」

そんなビギナーでもトップを取れる秘密は後ほど解き明かしていこう。

現在の釣果は1~5匹前後のことが多いが時に2ケタに迫るようなこともある。

サイズは大中小まじりという感じだが、まずまずの中型サイズが多いようだ。

トップとは言わないまでも、3匹ほど釣ればかなりの満足感が得られるはず。

今の時期の釣り方を理解して存分に楽しもう!

タックルはノーマル系で道糸は2~3号でOK

リールは小型電動がオススメ

「山下丸」でのアマダイは、オモリ80号を使用したノーマルタックルで狙う。

竿は2m前後、誘いが効き穂先き感度がいい7対3調子くらいの竿を選ぼう。

現在、各メーカーからアマダイ専用竿も発売されているので、こちらもオススメだ。

リールは小型電動リールを。
道糸はPE3号を基本に、小型リールの場合は2号でもいいだろう。

仕掛けはいたってシンプル。
中型片テンビンにオモリ80号、ハリス3号2本バリ、全長2mが基本。

枝バリの接続は親子クレンサルカンを使用する。

「うちの船宿仕掛けはハリが丸カイズ14号と大き目を使用しています。オキアミが付けやすく軸が長いのでエサが安定しますよ」

自作する場合は、ハリはアマダイバリや丸カイズ13~14号、チヌ3~4号程度を使用する。

ハリスは3~4号。
「潮が速くガン玉を使う場面も増えると思います。2Bくらいのガン玉があるといいですよ」

船宿支給のエサはオキアミ。
これを1匹掛けするが、ハリがオキアミの身の中央に来るように丁寧に付けよう。

特にヒネリがあるハリを使う場合は、腹側を見ながら中央に来るように調整しよう。

付けエサはオキアミ1匹掛け。まっすぐ丁寧に付けよう

船宿オリジナル仕掛け。大型を意識してハリは大きめだ

なぜビギナーがトップに? その秘密は誘わないこと!?

この釣りにこだわりを持つ坂本船長は、「この時期はビギナーがトップになるのは珍しくない」と言う。

それはなぜか。

「秋の潮はが速いことが多いんですが、ポイントの東京湾口部は特にその影響が強いんです。アマダイ=誘いと思って誘いすぎるとドンドン仕掛けが浮き上がってしまいアマダイが釣れないことが多いんです。逆に、慣れない人はあまり竿を動かさない。これが逆にいいことが多いんです」
 
アマダイ釣りというと、エサをふわりと動かしてアマダイの鼻先に落とし込んで食わせる、というのがセオリーでもある。

誘わないとエサは動かずにアタリは極端に少なくなる。

つまり、誘いはアマダイ釣りにおいて超重要なアクションだ。

しかし、それは潮が緩い時の話。
今の時期にそれをやっちゃうと仕掛けは浮き上がり、結果アマダイのタナにエサを届けることができなくなってしまう。

「もう一つ、この時期に気をつけてもらいたいことは、タナは50㎝が基本になるということです」
 
通常、アマダイのタナは50㎝~1 mが基本。

これで1 mを基準にしてしまうと、タナが高くなりすぎてしまうのだという。

では、この時期の攻略のカギは何だろうか?

①大型は潮が緩い時に食う
「大型ほど潮が緩くなった時間帯に食うことが多いですね」あまり動き回る魚ではないため、そういった時間を見極めて大型のアタリに備えたい。

潮が小さい日の方が釣りやすいが、釣行日の潮止まりの時間をチェックしておこう。

潮が速い日でも潮止まりの前後は緩くなることが多い。

完全に止まるよりも、止まる前、さらに潮が動き出すときはどんなターゲットもチャンス。

大型のアマダイは特にここがチャンスだと覚えておこう。

②ガン玉を有効利用
タナは海底にオモリが着いてから50㎝上げたところが基本になる。

通常はここから竿を持ち上げて、ゆっくりと落とし込んいく誘いで食わせる。

潮が速いときはこの誘い幅を小さくしてやる。

そして自分ではかなり低めのタナを狙っているつもりでも、掛かってくるのはキダイばかりのことがある。

それも2本のハリに2枚も。こんなときはガン玉を使おう。

「ガン玉を先バリの方に付けてみてください。それで同じようなタナでやってみてトラギスが釣れればガン玉を付けた効果が出たということです」
 
ガン玉は2Bサイズをハリから20㎝くらい離れた場所に付ける。

それでも浮くようならハリに近づけていく。

通常、トラギスが釣れるトタナが低い証拠になるが、この場合は、ちゃんと仕掛けが海底にいったということ。

トラギスが釣れたら今度は少しだけタナを上げてみる。

こういった微調整で仕掛けを安定させてアマダイを食わせるのだ。

③迷ったら置き竿もアリ!
通常の多くの釣りや、アマダイのシーズン後半戦(年末くらいから春まで)は頻繁な誘いが重要になる。

ところが、シーズン前半のアマダイは誘えば誘うほどアマダイのアタリが遠くなってしまうことがある。

「アマダイの食い気はあってもエサが高くにありすぎて食えない、せっかくエサが落ちてきたのに、誘いでエサが浮いていってしまって食えない、など誘い過ぎで食わない理由があります。どうしても釣れないときは、タナを低めにして置き竿にした方が食うこともあります。これがビギナーの方が釣ることがあるという理由です」
 
シーズン初期にはこれらのことを念頭に置いて挑もう。

低めのタナを狙ってもキダイが釣れる場合はガン玉で仕掛けを沈めてみよう

確実にアワせる 大型は確認して巻く

アタリがあったら、竿を持ち上げるようにしてアワせる。

鋭くなくてもいいが、しっかりとハリ掛かりさせる。

曖昧にやると、掛かったと思ってもハリが乗っているだけで巻き上げ中にバラすことも。

この時、アマダイだと竿先が鋭く下にギュンギュンと引っ張られることが多い。

一方、トラギスや小型のエサ取り魚の場合はプルプルはしても強い引き込みがない。
 
アマダイだ!と思ったら最初は手巻きで巻いてこよう。

ここで大きさを確認して、ギュンギュンとかなりの引きだったら手巻きでそのまま巻いてきた方が無難。

50㎝クラスは一瞬で、ハリスをブチ切っていくパワーがある。

電動、手巻き共に巻き上げの姿勢は竿を平行気味にして、強く引き込んだら竿を下げてかわしたやろう。

巻き上げ中に軽くなることがあるが、巻き上げを止めないこと。

アマダイは巻き上げ中、中層、上層で三段引きを見せてくれることが多く、ここで「ニヤッ」とできる。

大型はずっと引きっぱなしもあるので、油断せずに巻き上げよう。

今年も好調の予感アリ!剣崎沖アマダイ 釣行レポート

ポイントは剣崎沖メインに周辺海域を探る。水深は80~100mほど。潮が速い時期なので、それを意識して釣ろう

35~40㎝クラスが釣れるるとうれしい。今シーズンはすでに50㎝オーバーも出ている

アマダイは独特の引きが楽しい。アマダイだと確信する瞬間が訪れる

開始早々に40㎝近い良型が出てみんなのやる気もアップ

アマダイ釣りはいろんな魚が釣れる。そこからアマダイのタナを探り出していく楽しみがある

フィニッシュはタモ入れを

井上直美さんは船長のアドバイスを実行した結果、船中最大の45cmゲット!「アマダイが掛かった瞬間の引きはすごいですね!」

「アマダイ大好きです」と5匹ゲット!

「これでもここじゃあまだまだのサイズだよ」

潮が緩み出した時間帯にはチャンス

「ラストにいいのが釣れました」

「初めて見る魚かも」。こちらはアカボラ

ラストにもきっちりと40㎝クラスをゲット。「アマダイ釣り、好きになっちゃいました」

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山下丸」

アマダイというと「冬」を連想しがちだが、ここ東京湾口では晩夏から春までがシーズンと、長い期間にわたって楽しめるのだ。

「シーズン前半と後半では違う釣りになります。秋から冬にかけては潮が速いことが多いんですが、潮の流れに釣ってもらうイメージなので、初心者の人もベテラン並みに釣れることが多いんです」とは、横須賀・久比里「山下丸」の坂本勉船長。

速い潮のためタナを低めに取り、誘い過ぎないようにすれば誰でも釣れるのだという。

そして、剣崎沖周辺は50㎝オーバーが釣れるポイントで、今シーズンもすでに複数本ゲットされている。

「去年はでかいのが多かったけど、今年も同様に期待できますよ」

いろんなゲストを釣りながら「正解」(アマダイ)を導き出す。

そんなゲーム性も楽しいぞ!

以上の記事は「つり丸」2019年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル