MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の伍【新潟・寺泊沖】

旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の伍【新潟・寺泊沖】

新潟県内で最も熱い五目釣りがウイリーシャクリ釣りだ。初めての人でもアジをメインにハナダイ、カサゴ、イナダ、キジハタ、ソイ、メバルなど寺泊沖の多彩な魚種を簡単に釣ることができるからだ。サイドメニューのひとつテンヤ、夜ムギイカも楽しめる。一粒で二度おいしい寺泊沖へこの夏、足を伸ばしてみてはいかがだろう。

ビギナー安心! 船、釣り、初めて大歓迎の五目釣り

大アジ乱舞! メインターゲットだぞ!!

腹パンのアジがそろったどーっ!!

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「光洋丸」。

新潟・中越寺泊港は、新潟最大の遊漁船の基地である。釣り船の多くが大型船で乗船料金もリーズナブル。土日となれば、どの船も混雑するほど人気の港だ。
昨年まで6月が解禁だった寺泊沖のマダイだが、今年から5月に禁漁が解かれた。日ムラはあるものの、当たれば大型の乗っ込みマダイが釣れている。
数あるこの港の遊漁船は、人気のマダイを看板にあげている。が、「光洋丸」は、コマセマダイ釣りを滅多に行うことはなく、ほぼ周年、ウイリー五目釣りを看板に挙げている珍しい船宿だ。
ウイリーのメインターゲットはマアジ。春から初夏にかけては、水深30〜40m、夏は60m、秋〜冬は80mの岩礁帯や人工魚礁周辺がポイント。
魚の種類が豊富な寺泊沖は、ゲストも豊富。この釣り方でメバル、ソイ、キダイ、根魚まで釣れ、お土産にはまず困ることがない。

これぞ五目釣り。おいしいゲストを釣ろう!

「寺泊沖の昼の釣り物は、今はマダイがメインターゲットですが、ボクはあえてやりません。釣りビギナーの人たちにもっと気軽に手軽に楽しんでもらいたいと思って、ウイリー五目釣りを看板にあげてます。この釣り方は侮れませんよ。マダイだって狙えますからね」とは、寺泊港「光洋丸」の小林聡船長。発想豊かで、だれよりも釣り人想いの彼だからこそ、成しえたメニューである。
「おかげさまでウイリー五目は大人気です。竿もリールもテンビンも船にありますので、気軽に入門できます。ベテランの人もぜひ、五目釣りにトライしてみてください。おいしい魚がたくさん釣れますから」
その言葉どおり、下船した釣り人のクーラーのなかは、色とりどりの食べておいしい魚でうまっていた。

小林船長の細かい指示で操作するウイリーシャクリ釣り

「光洋丸」船上の基本的な釣り方を説明する。
まず、仕掛けは市販のウイリー仕掛けでОK。ベースは、ハリス3号3本バリだ。
濁り潮用のウイリーの色は、濃い緑・こげ茶・白、澄み潮には淡い青、ピンク、意外とチャートもよいという。
タックルは、中型片テンビンに、ビシはサニーカゴでいえばFLかライト用。ノーマルはオモリ80号、ライトはオモリ40〜50号を使用。
ロッドは、シャクリやすいビシアジ竿か7対3調子のウイリーシャクリ専用ロッド。
リールは中型両軸リール。
とくに、コレというものはなく、使い慣れた道具でよいという。なければ船に積んであるレンタルタックルを借りよう。
コマセはアミを使用。釣り具店で事前購入が必要だが、200円の冷凍アミコマセのブロックは最低でも5つは必要だという。
アミはコマセカゴには8分目まで入れる。出方の調整は、下窓は全閉、上窓は3分の1〜全開。
付けエサは、付けるならオキアミを1匹一番先のハリに。

コマセをビシに入れたら、仕掛けが手前マツリしないよう気をつけて、ビシを沖目に投入。底ダチをとったら、ハリス分、約3mすばやく巻き上げる。そこから時計の針でいえば、8時から10時までスーっとシャクリあげる。このとき10時でしっかりと竿の動きを「ピタっ」と止めることがコツ。ここで静止させる時間は1〜10秒。その時間は船長が反応をみてその都度アナウンスするという。一般的には1〜3秒だ。
アタリがなければ、竿先を8時に戻すときにリールを1回巻く。そして、このシャクリ上げ動作の繰り返し。
だいたい、底から20m上までがシャクリあげると思ってよいという。反応が濃い場合は、船長からアナウンスが出るのでそのタナを集中的に誘うとよい。
ざっと「光洋丸」のウイリーシャクリの釣り方の基本を説明したが、分からないことがあれば、気軽に小林船長に聞くとよい。釣り場でも自ら実釣講習してくれる。

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読