MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップ2ケタ! 東京湾の〝秋〟マゴチが絶好調だっ【東京湾】

トップ2ケタ! 東京湾の〝秋〟マゴチが絶好調だっ【東京湾】

マゴチと言えば、夏の釣り物というイメージが強い。が、東京湾のマゴチは、今が旬と思える程に、いま釣れてます! ならば、いざ行かん、東京湾へ。ってなわけで、「だてまき丸」へ乗り込みました。

アタリを出すまでの誘い、掛けるまでのかけ引き、それぞれの一本にドラマがあるのがマゴチ釣り

「照りゴチ」とも言われるように、太陽の照りつける真夏がベストシーズンと言われるマゴチ釣り。しかし、秋も絶好調! この日もトップ11本!!

50〜60㎝前後の良型も少なくない。型、数ともに満足できそうだ。

ヒラメもまじった。

グッドサイズ! グングン頭を振っていい引きを楽しませてくれた。

60㎝オーバーも上がった。数だけでなく型も満足。

乗った! 食い込みまでのかけ引きも楽しいが、アワセが成功したときはチョーうれしい。

エサにするハゼ。ハゼエサの場合、ハリはカイズバリがおすすめ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新子安恵比須橋「だてまき丸」。

夏の釣り物と思われがちな東京湾のマゴチが、秋になっても好調だ。
「ウチは12月まで乗合を出します。船中170本なんて釣果があった昨年は異常だけど、今年も船中70本位釣る日もあって好調そのものですよ」とはマゴチ釣りのカリスマ「だてまき丸」の宮地至人船長だ。
取材日も60㎝オーバーを含み、トップ11本、船中50本ジャストと、言葉通りの好釣果。「でも数釣りも楽しいけど、この釣りはアタリの何割を掛けられるかだよ。一日に一回しかなかったアタリを物にした時は、それはそれで達成感あるよ。この釣りは腕でアタリを出す釣り。色々テクはあるけど、まずはマメなタナ取り。その瞬間ツツッって動いたエサにマゴチは反応するからね」と船長。
アタリを出すまでの誘い、掛けるまでのかけ引き、1本1本にドラマがあるのがマゴチ釣り。難しさがあるからこそ、釣った瞬間はスターになれる。そんなところもこの釣りにコアなファンが多い所以だろう。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
最新記事
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読