MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ヒレナガカンパチという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ヒレナガカンパチという魚を知ろう!

世界中の熱帯域から温帯域に広く生息。相模湾以南と考えていたら、千葉県から釣れたという情報がきて、画像で確かめて千葉県以南だとわかってきた。その内、宮城湾あたりで見つかる可能性もある。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ヒレナガカンパチ(スズキ目アジ科ブリ属)の生態

評価とともに値段上昇中!

伊豆諸島、小笠原諸島、千葉県外房から鹿児島県の太平洋沿岸、能登半島から鹿児島県の日本海・東シナ海沿岸、琉球列島。

世界中の熱帯域から温帯域に広く生息。

年々、生息域が北上している。
相模湾以南と考えていたら、千葉県から釣れたという情報がきて、画像で確かめて千葉県以南だとわかってきた。

その内、宮城湾あたりで見つかる可能性もある。

相模灘、東伊豆で普通に見られ、カンパチよりも多いことも。

相模湾内にも入ってきている。近いうちに茅ヶ崎あたりで大漁という可能性も。

伊豆半島では幼魚ながら定置網ではカンパチよりも多いことがある。

ヒレナガカンパチはカンパチに似て背鰭が長いためだ。

古く国内にいるブリ属はブリ、ヒラマサ、カンパチの3種で、本種は魚類学的には1960年前後まで国内にいない種とされていた。

ブリ属第4の魚である。
ただし流通の世界では昔から知られていたようだ。

都内など関東の市場では今でも「ばけ」、「ばけかんぱ」と呼ぶ人がいる。

古くはカンパチと比べると偽物的な扱いだったのだ。

最近入荷量が増えているので標準和名で呼ばれることが多くなっている。

ヒレナガカンパチの値段は?

東京都伊豆諸島、小笠原、関東の市場で「ばけ」、三重県では「おば」という。

どちらも下にカンパチがついて、「似ているけど別種」という意味だ。

「似ているけど別種」というくらいで、関東の市場ではカンパチよりも安い魚だった。

ところが近年、カンパチ以上においしいという評価が生まれていて、徐々に値を上げてきている。

生きているうちにしめて、丁寧に血抜きしたものはかなり高い。

小さくても1㎏あたり卸値2000円、ときに卸値3000円以上はする。

今回の主役、0.6㎏で高値のときで1尾卸値1800円もすることに。

このサイズでこの値段はすごいと思う。

ブリ属4種のブリ以外は、全般に高い。

本種は最近カンパチ同様に高値がつくようになってきている。

1kgあたり卸値で平均2000円前後する。

ただ今回はコロナ禍で値段が低迷しているので、4㎏サイズで1㎏あたり卸値1000円しかしなかった。

ということで普段なら4kgで卸値8000円はするものの、今回は卸値4000円だった。

「ヒレナガカンパチ」の寿司…カンパチよりもうまいかも!?

最近、市場の釣り名人・クマゴロウは毎週のように御蔵島・利島沖に通っている。

釣ってくるものはシマアジ、カンパチ、ヒラマサにカツオと本命からして多彩である。

でも毎週のように家族を置いてけぼりにして大丈夫なのか?ついつい妻に、「嫌じゃないの」と聞いてしまう。

何度か書いたかも知れないが、クマゴロウと妻は熱愛の末の結婚で、年を取って釣りを始めるまで「趣味は妻」というほどの愛妻家だった。

今もお熱いから許される釣行なのかも。

それにしても判で押したような毎日曜日の釣行はすごい。
 
ある朝、クマゴロウの店の前に、ボクにくれるための、釣りエサの残りのクサヤモロが置かれていた。
 
こいつで作る開き干しが酒の肴に最高なのだ。

せっせと店のまな板で開いていたら、奥から小振りの魚を「ほいよ!」と出してきた。
 
ていねいに活けじめして、保存用の紙に包んでいる。

小さいけど持ち重りがする、これはなんだろう?
 
仕事に追われて、昼すぎに『市場寿司』までそのまま持ち込む。
 
昼下がりのカウンター、ご近所さんが、冷や酒をグビリとやっている。

「たかさん、おつまみ!」

「なんにもねーよ。ねえ、これ少し出してやってもいい?」

「いいとも!あらは持って帰る」

「しょごかい?」
 
関東でカンパチの若魚を「しおっこ」とか「しょご」という。

江戸前ずしでは秋のネタとして重要だが、「たかさん背鰭、背鰭を見て」

「長いね」
ヒレナガカンパチだった。

釣り人の間では知名度が高いが、すしの世界ではまだまだ新参ものだ。

「カンパチよりも暖かい海域にいる魚でね。味もカンパチ以上っていう漁師さんがいるんだ」

「またクマさんかい」

「アタリ!」

「きれいな魚だね」
 
この場合の「きれいな」は鱗が取りやすく、内臓が少ないという、すし職人などが使う隠語だ。
 
ほんの数分で三枚に下ろして、常連さんの前に刺身となって並ぶ。

「八王寺じゃ食えねー上等な味だ」
 
たかさんも、ボクも、このちょっとだけお裾分けするのが嫌いじゃない。

魚に関しては、できるだけたくさんの人に意見を請いたいのだ。
 
たかさんと刺身で味見をする。
口寂しいのでノンアルコールビールをちびちびやりながらつまむと、非常にうま味が強い。

これは保存用の紙にくるんで氷の中に埋めておいたためだろう。

血合いの酸味も控えめで、めりはりのある味わいではないけれど、ストレートなおいしさがある。
重さ〇・六の若魚とは思えない豊かでイヤミのない味わいに、「乾杯しようぜ!」

常連さんもうれしそうだ。

「カンパチと比べてどう?」

「オレはこっちが好きかもね。いちどウチに持って来たよね」

「かなり前だけどね」

「なんとなく覚えているってことは、その時もうまかったんだね」
 
前回は九月初旬で、二キロ級を持ち込んでいる。

そのときよりも今回の方が扱いからして上だ。
小さいのに非常に味がいい。

「後は全部つけてよ」

「あいよ!」
 
ずらりと並べて端っこからつまむ。
その一かん、一かんが印象深い。尾に近い部分までうまい。

「今だけの気分かもしれないけど、カンパチよりもうまいと思う」

「今聞かれると、そうなるわね」
 
青魚の強いうま味と、マダイなど白身魚のおいしさを併せ持つ。

だから食べてすぐもっと食べたくなる。

「クマさんに感謝だね」

「クマゴロウの妻にもね」

以上の記事は「つり丸」2019年11月1日号の掲載記事です。

「ヒレナガカンパチ」の寿司…ヒレナガカンパチをじっくり寝かせて。うまい!

ある午後遅く、『市場寿司』に行くと、たかさんがいなかった。
 
市場の若い衆が預けたというマダイの握りを食べようと来たのに、いつまで経っても帰ってこない。

「ごめんね。全部使っちゃった」
 
翌朝、珍しくケータイでわびを入れてきた。

他の飲食店は悪戦苦闘しているのに、『市場寿司』は持ち帰りがあるせいか、絶好調なのだ。

「おいしかったのかな?」

「真子持ってたけどよかったよ。真子とあらだけ残しといたから」

連休中、相模湾の船宿の多くは休業していたらしい。

遠征船も同じ。
やっと再開して、市場のメンバーが勇んで出船。若い衆の一投目に来たという大切なマダイだったのだ。
 
ちなみに我が家もコロナの影響はゼロ。

ただし日本全国から魚が大量に送られてきた。

コロナのせいで売れないので、どうせならボクにくれてやろうと、みんなして思ったようだ。

問題はこれが送られて来たのがみな連休中だったということ。

連休をすぎたらパタリとこなくなった。
 
魚が来なくなったと思ったら、北海道から貝が来たり、沖縄から二キロもあるニシキエビが来たり。マダイは返す返す残念だった。

「マダイちゃーん帰っておいで〜」
 
それからすぐに、市場の釣り師達が麦イカ釣りに行き始めたのだ。来る日も来る日も麦イカだらけ。
 
クマゴロウをつかまえて、「全員でスルメ釣りに行かなくてもいいんじゃないの」

「だってブームなんだもん」

「銭州に行け!」
 
名人、クマゴロウが以前に銭州で釣った魚が実にレアな、長年見てみたかった、喉から手が出るほど食べてみたかった魚だったのだ。

だれも知りたくないと思うけど、カモハラトラギスという。

魚類学のレジェンド、蒲原稔治ゆかりの魚だ。

なのにあなたは、銭州に行かないの?

「近々行くつもり。たかさんにはさっき、銭州の手前で釣れたデカイ魚を渡しておいたから」

「誰が釣ったヤツ?」

「そりゃー漁師さんでしょ」
 
昼下がりの『市場寿司』では妻がすし桶の用意をしていた。

たかさんが大量ののり巻きを作り、卵焼きが大量に積まれている。

これはどうみても「のり玉」に見える。

「たかさん、忙しそうだね」

「忙しいよ。のり玉二十人前」
 
顎でつんつん指した先のパックに握りが五かん入っていた。

「えらいじゃない」

「鯛のお詫び」

「今回の魚知ってるの?」

「バケでしょ。最近似たような魚ばっかり来てる気がする」

「今どき、バケは死語だよ。ブリ、ヒラマサ。みんなブリの仲間だね」
 
仕方ないので帰宅して食べた握りはイマイチだった。

味がないのだ。
 
翌々日に味ががらりと変わった。

「ブリはとれてすぐがうまいけど、コイツは寝かせないとダメだね」

「そうだね。ヒラマサなんて一週間たったのがよかったね」
 
今回のヒレナガカンパチは神津島の釣り物だ。

四キロを一本まるごとなので、いろんな部分や、時間ごとの味の違いが楽しめた。
 
あまり脂ののらない魚というイメージだったが今回のものは、皮下に脂の白く厚みのある層があった。

「いちばんは五日目の腹かな」

「おれは背がよかったな。筋がないし、脂がほどほどなのがいい」

「脂強すぎもダメだもんね」
 
クマゴロウのところに寄ったら、「銭州行くぞ!」なんて騒いでいる。

「超でかいの釣って、コロナ吹き飛ばしてよ!特にカンパチね」

「なぜ?」

「ブリ属四兄弟揃い踏み」

わからなかったみたい。

以上の記事は「つり丸」2020年6月15日号の掲載記事です。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。

店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。

ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。

本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。

どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。

目標は1000種類の寿司を食べること。

HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

関連記事
オニヒラアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属。和歌山県から九州南岸の太平洋沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙の東シナ海、屋久島、琉球列島。台湾、西太平洋、インド洋に広く生息域をもつ。全長1m前後の大型魚だ。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル