MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房・大原沖マダイ連発!テンヤ&タイラバタックル、釣り方!

外房・大原沖マダイ連発!テンヤ&タイラバタックル、釣り方!

外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

チャンスタイムは良型連発も!これからは乗っ込みも楽しみ!タイラバで狙うのもオススメ!!

まずまずの好釣果が続いている大原沖のマダイ。これから乗っ込みシーズンだ!

さまざまな状況に対応できるように!

外房・大原沖は、周年マダイが狙えるエリアだが、今年は早春の時期からたびたび好釣果が記録されている。

今回取材をした大原港「富久丸」では、おもに午後船でマダイを狙っているが、いい日にはトップ5枚前後を記録し、また4㎏を超す大型もまじっている。

ポイントは太東沖〜岩船沖と広範囲。

狙う水深も20m台〜80m台と幅広い。

また「富久丸」では、イワシの群れがいれば、イワシを追っているマダイを狙うこともある。

その日によって、ポイントや水深など狙いが変わるので、どんな状況にも対応できるように準備しておくことが大事だ。

さらに、今後は乗っ込みシーズンでもある。

良型、大型のヒットが多くなるので、大原沖のマダイはますます楽しみだ。

太東沖〜岩船沖は浅場から深場までポイント多数!

ひとつテンヤとタイラバのタックルについて!

ひとつテンヤで狙う場合のタックルは、竿はひとつテンヤ専用竿がのぞましい。

10号、または12号ぐらいのテンヤに対応したもので、長さは2.1〜2.7m。

リールは高性能ドラグを搭載した小型スピニングリール。

PEラインの0.6〜1号という細い道糸で、5㎏を超える大型マダイや青物とやり取りをすることもあるので、スムーズにラインが出ていくドラグを搭載したものを使うようにしよう。

道糸はPEラインの0.6〜1号。

200mぐらいは巻いておこう。

そして、近年、チャレンジする人が多くなっているのがタイラバだ。

釣り方が比較的簡単なうえ、深場でも底ダチが取りやすく、実績もあるので、人気急上昇中だ。

「富久丸」でも、ひとつテンヤ用タックルのほかにタイラバ用タックルを持ち込む人が多くなっているという。

タイラバの竿は専用竿がオススメだが、40〜60号のオモリに対応したLT用の汎用竿でも流用できる。

長さは2m前後が標準。

リールは手巻きの小型両軸か超小型電動。

電動リールはつねに一定のスピードで巻くことができ、ヒット率とフッキング率がともに高くなり、ビギナーにオススメだ。

ひとつテンヤと同じく、高性能のドラグを搭載したものを使うのが望ましい。

道糸も、ひとつテンヤと同様だ。

PEラインの0.6〜1号を200mは巻いておくようにしよう。

テンヤは重めも用意!イワシパターンの準備も

前述もしているが、この時期の大原沖は幅広い水深を狙う。

そのため、テンヤは号数、カラー、種類などバリエーション多く準備しておくようにしよう。

テンヤの号数は4〜12号くらいまで用意しておけば安心だ。

水深70〜80mの深場を狙うこともあるので、10号、12号といった重めのテンヤは必須だ。

また重めのテンヤは、タングステンのオモリを使用しているものだと、シルエットが小さくなるので、潮の抵抗を受けにくく有効だ。

今回の「富久丸」の取材に同行していただいたノリーズプロスタッフの榎戸富さんによると、テンヤのカラーによっても食いが変わるというので、カラーもバリエーション豊富に用意できれば万全だ。

付けエサはエビ。写真のように、孫バリで頭部と尾部を固定するように刺すと、頭部が外れにくくなる。

イワシの群れが固まり、イワシに着いたマダイを狙う場合は、ハリにはワームを刺して狙う。

タイラバは60〜120gぐらいまで用意しておこう。

近年ではオモリが遊動式となっているものが主流となっている。

こちらもオモリのカラーによってアタリの数が変わるので、カラーバリエーションは豊富に用意しておいたほうがいい。

「富久丸」で使用しているエビエサ/テンヤは10号や12号といった重いものも準備しておけば万全

テンヤを海底に落としてから 底を基準にタナを探る!

テンヤを投入したら、まずは海底まで落とす。

テンヤの落下中にアタることもあるので、ラインの動きから目を離さないようにすること。

とくに着底直前にアタりやすい。
海中に入っていくラインが急にフケたり、急にある方向にラインが走るなどしたときは、アタっている可能性が高い。

そんなときは迷わずアワせること。

テンヤが着底したら、すぐに糸フケを取り、50㎝〜1mぐらいテンヤを巻き上げる。

その位置で竿をシャクってテンヤを動かして様子を見る。

これを2回ぐらい繰り返してアタリがなければ、再度50㎝〜1m巻き上げる。

そして、竿をシャクってテンヤを動かして様子を見る。アタらなければ再度巻き上げて、上へ上へと探っていく。

これからは乗っ込みシーズン。
乗っ込みのマダイは浮きやすいので、海底から10mぐらいまでの高いタナも探るようにしよう。

とくに大型は高めでアタりやすいようだ。

この間にアタリがあったり、確信は持てないがアタったかなと思ったら、とにかくアワせてみよう。

大型が掛かれば、アワせた後、一気に突っ走ることが多い。

ここで故意に走りを止めてはダメだ。

止まるまで走らせ、止まったら巻くようにする。

あとは走ったら糸を出す、止まったら巻く、を繰り返してやり取りする。

イワシに着いたマダイを狙うときは、少し釣り方が変わってくる。

基本的にはテンヤをキャストして、手前まで引いてくる。

マダイはイワシの群れの周りにいるので、テンヤがイワシの群れを横切るようにキャストして引いてくるのがベストだ。

イワシの群れが目視で確認できるようなら、群れのいる向こう側にテンヤをキャストする。

着水後の釣り方は数パターンあるが、ここでは代表的なパターンを二つ紹介しよう。

一つはテンヤを着底させ、その後は一定のスピードでとにかく船下まで巻いてくるだけ。

巻くスピードが速いとテンヤはすぐに浮き、遅いと沈みがちになる。

巻くスピードを変えることで、テンヤを引くタナを変えることができるのだ。

二つ目は、テンヤが着底したら10mぐらい巻き、再度テンヤを着底させる。

そして、また10mぐらい巻くを繰り返して、船下まで探ってくる。

巻く距離を長くすれば、上のほうのタナまで探れ、巻きを短くすると底付近を探ることになる。

タイラバは水深の3分の1〜2分の1を探る

近年ではタイラバが人気で、実績も高い。今回の「富久丸」の取材でも、タイラバで狙うアングラーが数人いた。

とくに2月28日の取材では、テンヤで狙うよりも、タイラバのほうがアタリは多かった。

タイラバの釣り方は簡単だ。
タイラバを着底させたら、上へ上へとタダ巻きするだけだ。探るタナは水深の3分の1〜2分の1ぐらいまで。

これからの乗っ込みシーズンは高めのタナでアタりやすいので、水深の2分の1ぐらいまで探るといいだろう。

また、巻くスピードをいろいろ変えて試すのもいいだろう。

タイラバで狙う場合に難しいのは、アタってからだ。

ゴツゴツ、ガツガツとアタリは明確に出る。

しかし、テンヤで狙うときのように、ここで即座にアワせてはいけない。

アタっても一定のペースでしばらく巻き、グイグイと竿が絞り込まれてからフッキングを確認するように竿を起こしてアワせる。

外房・大原沖 良型連発テンヤ&タイラバ マダイ釣行レポート

水深が浅い場所で掛けたマダイは元気だ!ノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛」が絞り込まれる!

良型マダイが浮いた!

ノリーズプロスタッフ・吉田裕樹さんは、水深30m台でキロオーバーのマダイを引きずり出した!

夕マヅメにチャンスタイム到来!良型マダイがタモ取りされた

こちらはタイラバにヒットした2kg級!

タイラバによくアタった!タイラバで3枚釣り上げる人もいた

こちらもタイラバにヒット!

このマダイもタイラバにアタった!

ノリーズプロスタッフの榎戸富さんは、マダイ、ハナダイゲット!

良型のヒラメもゲット!

今後は乗っ込みシーズン!大原沖は要注目エリアだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「富久丸」

冬場からまずまずの好釣果が記録されている外房・大原沖のマダイ。

本格的な春が近づき、ますますおもしろくなってきた。

今回取材した大原港「富久丸」は、そのときの状況によって広範囲のポイントを狙っている。

2月28日の取材では、午後船でマダイを狙ったが、前半は岩船沖の水深30〜40mの根周りを攻め、後半はイワシに着いたマダイを狙った。

また、今後は乗っ込みシーズンでもある。

当エリアの乗っ込みでは、水深70〜80mという深場を狙うことが多い。

このように、ひとつテンヤは様々な状況に対応できるように準備しておくことが大事だ。

また近年では、タイラバで狙う人も多くなり、実績もある。

「富久丸」では午後船でマダイを狙っているが、夕マヅメには良型連発といったクライマックスがあることも!

とにかく今後も要注目のエリアだ。

以上の記事は「つり丸」2017年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
最新記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル