MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キュンキュン手応え!浅場で数釣り!東京湾のシロギス!

キュンキュン手応え!浅場で数釣り!東京湾のシロギス!

東京湾の春はシロギスも人気!深川の老舗船宿「富士見」では連日出船しているが、アタリの数は盛期より控えめだが、食ってくるキスは大半が良型。春の到来とともに、シロギスの上品な引きを堪能してみよう。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

手軽ながら奥が深いシロギス釣りを楽しんだ!! 水温が上昇すれば数釣りが期待できる!

アンダーハンドで20mほど投げ、着底後に誘ってくるとツンツン、とキス竿の穂先がアタリを伝えてきた。
 
聞きアワセを入れた瞬間、ジジッとドラグが一瞬滑り、キュンキュンと小気味良い手応えが伝わってくる。
 
姿を見せたのは20㎝級の良型、パールピンクの魚体が手の中で躍動した。

木更津沖でポツリ ポツリとアタる

当日は木更津沖の水深20 m前後を狙った

春間近でも肌寒さが残る2月25日、江戸時代より屋形船と釣船を併営する老舗、深川「冨士見」を訪れた。
 
最寄り駅まで迎えに来てもらい、船宿で挨拶を済ませ、7時30分に出船。

屋形船が並ぶ運河と水門を抜け、1時間ほどかけて木更津沖へ走った。
 
当日は常連中心に6名だが、うち2名が和竿を使用していた。

使用オモリは15号で、テンビン仕掛け、胴付き仕掛けと各自が思い思いの仕掛けで楽しんでいるようだ。

ひと流し目で右舷ミヨシの方が型を見た。

しかし、この日は水温が10度と低いため、船中あちこちで入れ食いという状況とは異なり、ポツリ、ポツリと出るアタリを拾っていく状況だ。

「あっ、食べられちゃった」

「パックンチョ(イトヒキハゼ)か?」というやり取りが船内を行き来する。

テンビンで投げても、胴付きで船下を狙っても、アタリの数は同じようだ。

型は20㎝前後の良型が多い。

数を釣るコツを教えてもらった

人数に余裕があるためか、気さくな登藤晃弘船長が舵を握り、漁師のような風貌の斉藤正雄船長が左舷胴の間で竿を出し、次から次へと掛けていく。

キャスト、誘い、手返しと、その動作全てに無駄がない。
 
アタリが少ないと「魚がいるのか?」と、不安になるかも知れないが、凄腕の斉藤船長がキス釣りのコツを教えてくれた。

「テンビンならオモリで底を小突き、仕掛けの長さだけ動かす。今の仕掛けは長いから1尺は動かした方がいい。
何度も経験がある人より、初めてやる人の方がたくさん釣れることもある。胴付きなら張ったり緩めたりする感じでいいよ」

「シロギス仕掛け=テンビン」のイメージがあったが、仕掛けに合った誘い方を間違えないことが大切だ。

「エサは頭を取らず、細いイソメを5㎝くらい付ける。常に新しいエサを使うのもいいが、一度魚が食ったエサは吸い込みやすくなり、アタリが続くのでそのまま使える。太いイソメを丸ごと付けるのは良くない。短いとアタリが遠くなる」と、エサのアオイソメを毎回、新鮮なものに交換するだけでなく、「吸い込みを良くする」という視点も興味深い。

確かに頭があればエサ持ちは良い。

「アタリが来たら送り込むことはない。キスはハゼと違い、歯がないので飲まれても大丈夫。今は水深が20mなので投げなくても釣れるが、魚がいる所を探るのがコツ。キスやハゼは数を釣るのが技術だと思うよ」

確かに斉藤船長は魚のいる場所を探り当てるや、連続して掛けていた。

この時期は魚が固まっている場所を見つけることが重要だ。

他船の姿も見えたが、かなり距離をとり、広く探るように流している。

次第に気温が上がり、大型船が航路を通る以外は波も穏やかだ。

魚は浅場へ移動中で、群れがまばらな状況だが、シロギス釣りの腕を磨くには最適だ。

左舷大ドモでは2回ほど大きなアタリがあった。

斉藤船長曰く「マコガレイもいる」というが、姿を見せたのはホシザメだった…。

筆者も竿を出して楽しんだ 今後は浅場で数釣れるようになる

ひととおり写真が撮れたので、私も釣るべく竿を手に取った。
 
アンダーハンドで軽く投げ、そっと仕掛けを引いて探る。

かつて体験した夏場の盤洲と異なり、散らばる魚の前にエサを通し、アタリを出す釣り方だ。
 
何度か投げ、仕掛けが船下まで寄ると、ツンツンと明確なアタリが来た。

聞きアワセを入れた瞬間、ドラグが鳴って心地よい手応えが伝わってくる。20㎝近い良型だ。
 
最初の1匹を手にするや、思わず次の魚を狙ってキャストを繰り返す。

最新のキス竿は低水温時のアタリも的確に伝えてくれた。

食っているかどうか首を傾げるアタリは1回だけで、逆にハリを二本食べていたのが1回あった。

魚はいずれも型が良く、釣り応えは十分だ。

アタリが少ないと見るや、すぐさま登藤船長が潮回りする。

新しい場所へ仕掛けを入れる機会が続き、終日船内でアタリが途切れることはなかった。

イシモチも姿を見せた。

エサが短すぎると魚の目に止まらないようだが、即アワセを入れたらスッポ抜けたこともあり、やや遅めのアワセ
が確実だった。

右舷大ドモで和竿を使っている方は、魚が固まっている場所を探り当てたのか、あっという間に良型を3連発した。

気づけば13時50分。
「あと10分で仕舞います」と登藤船長が宣言した。

私も3連発した方の誘い方を真似ると、1匹追加でき、さらにもう1匹の良型を取り込んで納竿となった。
 
この日の釣果はアタリが少なかったというが、14〜23㎝のシロギスが15〜39匹。20㎝級の良型が3分の2を占めている。

帰港後、登藤船長に話を聞くと、今後、水温が上がれば釣り場も浅くなり、さらに数釣れるようになるという。

さあ、春の到来とともに沖に出て、シロギスの上品な引きを堪能してみよう。

仕掛けはテンビン式でも胴付き式でもOK

エサのアオイソメは、細いものを選び、頭を付けたまま5cmぐらいにカットしてハリに刺す

浅場で数釣り!東京湾のシロギス釣行レポート

広く探って、魚のいる場所を探り当てるのも大事

これから水温が高くなれば、釣れる水深が浅くなって、さらなる数釣りが楽しめる東京湾のシロギス

浅場で数釣りができるチャンス

ベテランは着実にアタりを出して、掛けていった

アタリの数は盛期より控えめながらも、大半が良型だ。

スゴ腕の斉藤正雄船長は次々と掛けていった!

手軽だけど奥が深い!

ゲストにはイシモチがまじった

「水温が15度くらいに上がれば水深15mほどの富津沖などで数が釣れ始めますよ」と登藤晃弘船長

今回、取材にご協力いただいたのは、深川「冨士見」

東京湾の春はシロギスも見逃せない。深川の老舗船宿「富士見」では連日出船しているが、アタリの数は盛期より控えめながらも、食ってくるキスは大半が良型だ。

仕掛けはテンビンでも胴付きでもいい。

斉藤正雄船長によれば、エサは細めのアオイソメを使い、頭を付けたまま5㎝程度の長さでハリに刺し、1匹釣っても使い続けるのがコツという。

常人の三倍くらいのペースで釣っていく、凄腕船長に教わる価値は大きい。

舵を握る登藤晃弘船長に状況を聞いてみると「最近は水深20mくらいの木更津沖や中ノ瀬を中心に攻めている。
今日は水温が10度だったが、15度くらいに上がれば水深15mほどの富津沖などで数が釣れ始めます」

水温が低いため、アタリは小さいと聞いていた。

しかし、筆者が取材の合間に竿を出してみたところ、一気に食い込む勢いは少ないが、明確なアタリが伝わってきた。

料理方法は塩焼き、テンプラ、刺身以外に身が厚いのでフライにしてもいい。

この時期はシャブシャブもいける。

江戸時代から庶民に親しまれてきたシロギス。

手軽に楽しめる一方で、予想以上に奥深い釣りだ。

取材時は腕の差が出る状況だったが、水温の上昇とともに浅場で数釣りができるチャンスの到来だ!

以上の記事は「つり丸」2017年4月1日号の掲載記事です

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル