MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
テクニカルで超おもしろい!茨城 波崎沖のホウボウジギング!

テクニカルで超おもしろい!茨城 波崎沖のホウボウジギング!

春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

タックルはベイト、ラインは 1.5号 が オ ス ス メ

ホウボウジギングで使用するタックルは、ベイトでもスピニングでも可能だが、頻繁にジグを上下させる釣りなので、ベイトタックルのほうが扱いやすい。

イワシベイトのとき(詳しくは後述)や、ワラサやサワラなどが回遊しているときなどジグをキャストして広範囲をスピーディーに探りたい状況では、スピニングが有効となる。

したがって、スピニングとベイトの両方準備できればベターだ。

ロッドはシーバスジギングなどで使用するライトジギング用やスローピッチジャークジギング用などがオススメ。

その他、エサ釣りのゲームロッドやライトタックル用など2m前後の竿でもOKだ。

ラインはホウボウのことだけを考えればPE1号以下でも十分釣りになるが、波崎沖はワラサやイナダ、サワラなどが回遊していることも多い。

したがって、そういった魚がヒットしても安心な1.5号を標準と考えたい。

ジグは、スローピッチジャークジギング用やショート系を中心に80〜150gを使用。

例年狙うことが多い30m前後の水深であれば80gあれば十分だが、今年のような70〜80mといった深場であれば120〜150gが必要となる。

潮などによっては150gでも釣りづらい場合もあるので、180gや200gも準備できればなおよいだろう。

ジグカラーについては、赤金やグリーンゴールドなど、ゴールド系に実績が高い。

その他、当日はグロー(夜光)にもヒットが集中していた。

また、イワシベイトのときなどシルバー系が有効なこともあるので、ゴールド系一辺倒ではなく、多様なカラーを用意しておこう。

ジグに装着するフックは、基本的にポイントの底質は砂地であるので、フロントとテイルの両方に装着するシステムがオススメ。

ただ、あまりにもテイリングするようであれば、釣りにならないのでリアのフックは外してしまおう。

タックルはベイトがメインだが、スピニングもあると攻略の幅が広がる

ベイトに合わせた攻略をしてみよう

次は釣り方だ。
ホウボウは基本的には海底付近に生息しているので、その周辺を重点的に探るが、「征海丸」の須之内哲也船長によると、ベイトの種類によって攻め方を変えるとよいという。

「ホウボウの群れがまとまっているときは、ベイトはメゴチかイワシであることが多いです。したがって、ベイトの種類に合わせて釣り方を変えてやると、より効率的な釣りができます」とのこと。

ご存じのように、メゴチは海底に生息し、イワシは中層などを群れで回遊している。

つまり、メゴチベイトのときはより海底を重点的に、イワシベイトのときは中層までしっかりと誘うことが大切というのだ。

さらに「イワシベイトのときは30m以上は誘ってください」と須之内船長。

海底にいるホウボウがそんなにジグを追って来るのかと心配になる人もいるかもしれないが、ホウボウは青物ジギングなどでは定番ゲスト。かなり上の方まで追って来る。

ちなみにホウボウは、その他甲殻類なども捕食している。

ホウボウを足元のオケに入れると案外いろんなものを吐き出すので、そのときどんなものを食べているのかぜひ観察してみよう。

最後に、当日よかったヒットパターンを紹介したい。

それは、ジグをいったん海底まで着けて数回アクションさせた後に、その場で止めて待つ、というもの。

止めるといっても実は、ジグは海中では潮の流れや船の上下動を受けてヒラヒラと動いている。

完全に止まってしまっているわけではないのだ。

待っているとゴツゴツとアタリがあるので、即アワセか、乗りが悪ければ一回送り込んでからアワセを入れるとよいだろう。

テクニカルでおもしろい!!波崎沖ホウボウジギング釣行レポート

ホウボウはその姿形に似合わず、ゴンゴンと案外強く引く

取り込みはフックの掛かりどころを確認して抜き上げよう

小型はリリースしよう。今は釣れたら釣れただけ持ち帰るという時代ではない。北村さんは一部にタグを打ってリリースした

チャーマスこと北村秀行さんもこのホウボウゲームの開幕を楽しみにしていたひとり。「ホウボウは食べて美味しいし、ゲーム性が高く釣って楽しい魚。いろいろ考えながら釣りをしないと成長しないよ!」

体色の赤と胸鰭のグリーンとブルーが本当に美しい

ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう

北村さんと釣友の安田さんはホウボウとムシガレイを同時ヒット。ホウボウは主に砂地にいるので根掛かりはほとんどな

ホウボウジギング

釣果に大きく差が出る。

春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。

非常にゲーム性の高い魚なのだ

小型のイシナギは定番ゲスト。その他サワラやヒラメ、イナダなどがヒットする

「例年4月中旬頃まで楽しめます。ぜひこのテクニカルでおもしろいホウボウジギングにチャレンジしてみてください」とは須之内哲也船長。操船の合間にちょこっと竿を出してこの通り

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」

今やすっかり春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。

真剣に狙ってみれば奥が深くおもしろいのはどんなターゲットでもそうかもしれないが、とくにこのホウボウジギングはメチャクチャテクニカルで超おもしろい!

誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうのだ。

ちなみに当日は、オールグローカラーのジグをいったんジグを海底まで着けたら数回シャクってアピールさせ、“止めて待つ”というアクションにヒットが集中。

“止めて待つ”ジギングなんて、普通はあまりやりませんよね…。

状況的には、今年は群れが固まるのが若干遅れ気味とのことで、例年ならピークとなる3月中旬の取材では拾い釣りの展開。水深も深く、70〜80m台を主に攻めた。

「それでも状況がいいときはトップで40匹前後釣れています。例年であれば30m前後を狙うので、今後水深が浅くなって群れが固まってくればもっと釣りやすくなると思います」と「征海丸」須之内哲也船長。

いつもの年なら4月中旬頃まで楽しめるこのホウボウゲームだが、今年は半月ほどスタートが遅かったとのことなので、状況によってはゴールデンウイーク頃まで楽しめるかもしれませんよ!

以上の記事は「つり丸」2017年4月15日号の掲載記事です

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル