MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東伊豆 宇佐美南沖 入れ食い好発進!遠征シマアジ&イサキ五目!

東伊豆 宇佐美南沖 入れ食い好発進!遠征シマアジ&イサキ五目!

良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!

perm_media 《画像ギャラリー》東伊豆 宇佐美南沖 入れ食い好発進!遠征シマアジ&イサキ五目!の画像をチェック! navigate_next

宇佐美南沖 シマアジ&イサキ五目 釣行レポート

ロッドは100号のビシが背負える2m前後の胴調子が一般的。リールは中型電動で、道糸はPE4〜6号で挑むこと

市販のハリス4〜6号6mの3本バリ仕様で、シマアジもイサキも楽しめる

付けエサのオキアミは宿で配られる。基本は1匹掛けも、エサ取りが多いので、イカタンを付けたり、ウィリー仕掛けを試したりもしよう

ダブル、トリプルあたり前のイサキ!

プロポーション抜群!

良型イサキがお土産でそろう!

開幕から好発進!

時合いでは手返し良く魚を抜き上げて数を伸ばそう!

ちなみにポイントの水深は、40m前後から60mが中心で、根の際を攻めることもあれば、根続きを流すこともある

シマアジもイサキも、コマセに突っ込む魚。ポロポロと出すのが理想で、切らさず撒き続けるのが好釣果への道と船長は言う

南沖は、魚影の濃さも売りのひとつ。

コマセに反応したイサキが食いだすと、入れ食いモードになることも、しばしばある。

これぞ南沖の ポテンシャル!

いたる所に根がある南沖では、根魚から回遊魚まで実にさまざまな魚が釣れる。ちなみにそれらは基本仕掛けで釣れるが、マダイを狙う場合は、ハリスを7.5mに伸ばした方が有利なので、覚えておこう

カサゴ&オナガメジナ

アヤメカサゴ

オキナヒメジ&チョウセンバカマ

アカハタ&ウメイロ

開幕2日目はシマアジがスパーク!!

翌日は朝から温かい潮が差し込んで、シマアジも高活性。2㎏クラスを筆頭に、船内11匹の釣果を揚げたと船長から連絡があり、ご覧の写真が送られてきた。どうやらスイッチが入ったようです!!

当地は10㎏クラスのオオカミもワンサカ潜んでいる。ドラグ調整だけはしっかり行って挑もう

安定感抜群。大型18tの「秀正丸」。安眠を約束するベッド付きのフル装備船でポイントまでは2時間弱かかるが、快適に過ごせます!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・宇佐美港「秀正丸」

良型のシマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、イシダイ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく!

欲張り派はもちろん、グルメ志向の釣り師達が大注目する宇佐美南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。

その初日に様子を伺ってきた。

「例年、開幕直後は海水温が低く、どの魚も本来の食いを見せないけど、触ってない分、期待感はあるよね。潮次第では入れパクもあるし」とは、この釣りにアツい情熱を注ぐ宇佐美港「秀正丸」の森秀正船長の声だ。

釣り方は、一般的なコマセ釣り。

通常は朝イチにシマアジを迎撃。
その後、潮具合を見ながらイサキ場でお土産を確保しつつ高級五目釣りに入り、最後に再度シマアジを狙うパターンでお客さんを案内している。

「五目は、その時の潮具合で狙う魚とタナをアナウンスするけど、ウチが推奨しているハリス4号6mの3本バリで対応できるので慌てずにね」と船長が言うように、この日はこの仕掛けで、さまざまな高級魚が釣れた。

「温かい潮が中盤以降に差してきたからね。遠征五目の序盤戦は、この潮が入るかどうかなんだけど、今期は期待が持てそうだよね。初っ端から入る片鱗を見せてくれたし、反応もバッチリあったから」と船長が微笑んだ。

今後は、この温かい潮がどんどん入ってくる当地。

高級五目釣りが存分に楽しめるシーズン突入です!!

以上の記事は「つり丸」2017年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
相模湾・葉山沖では、近年ヒラメの魚影が濃くなり、マハタ、オニカサゴ、カサゴ、イナダなど、ゲストも含めてアタリが多く楽しめている!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル