MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房 大原沖 ワラサ&青物ゲーム!キャスティング&ジギング!

外房 大原沖 ワラサ&青物ゲーム!キャスティング&ジギング!

関東が誇る人気ヒラマサフィールドの外房沖。ヒラマサに照準を絞り、こだわりを持って通い続けるアングラーも多いが、冬から春先のワラサメインの時期も魅力。今回はワラサにスポットを当て外房沖の攻略法を紹介!

ヒラマサだけじゃない!ワラサにスポットを当てた外房沖の攻略。その基本を紹介しよう!

外房といえばヒラマサだが、ワラサの魅力とは!?

人気の高い「松鶴丸」。休日の予約は早めを心掛けたい

外房、といえばヒラマサ。
というくらいに両者の間は切っても切れない関係にある。

しかし、外房に泳ぐ魚はヒラマサだけでない。

とりわけ、近年はワラサも立派なメインターゲットのひとつとして人気を集めている。

「ちょっと敷居が高いイメージがあったヒラマサに対して、親しみやすいところが人気なんでしょうね」と、ワラサの魅力を語って
くれたのは、外房の人気ルアー船のひとつ、大原港「松鶴丸」の中村真也船長だ。

その言葉を裏付けるように、ヒラマサの釣果があまり出ていない3月中でも、連日の出船が続けてきた。

休日などは満員御礼状態が続き、早めの予約が必要な状況も多かった。

キャッチされているワラサは3〜5㎏クラスが多く、これに2㎏クラスのサンパクがまじってくるというのが一般的なイメージ。

ゲストとしてはヒラメが定番。

もちろんいつでもヒラマサが顔を出すチャンスはある。

4月いっぱいはヒラマサとワラサ、両狙いの状況が中心になると思われる。

ヒラマサの回遊次第でメインターゲットが入れ替わる、そんなシーズンだが、ワラサ中心の出船はまだまだ多いだろう。

ジグのメインウエイトが 150gのジギングタックルを

ジギングタックルはワラサ狙い、ヒラマサ狙いとどちらであっても兼用可能だ。

一回の出船で狙い分けることも通常の展開。

両ターゲットは、タックルよりもアクションパターンやジグセレクトで行ったほうが効果的だ。
 
まずワンセット、ということであれば、基本はスピニングタックルがおすすめだ。

ロッドは長さが6〜7ftの近海ジギング用のものからセレクトする。

外房沖での使用ジグのメインウエイトが150g程度なので、この重さのジグを快適に使いこなせるものを選べば問題ない。

リールはジギング用の堅牢な中型スピニングリールを選択するとよい。

それぞれが個性的なロッドと異なり、テクノロジーが詰め込まれた機械であるリールは性能が価格に比例すると考えてよい。

予算が許す範囲でより上級ランクのものを選ぶとよい。

サイズの目安はシマノ製なら8000番いったところだ。

メインラインはPE3号、これにリーダーとしてフロロカーボン製の50〜60Lbを1.5m程度結節しておくのが基本。

キャストの機会が少ないワラサ狙いが中心の時期などは、よりリーダーを長くしてもよい。

ジグは150gをメインウエイトに100g〜200gの範囲で用意しておく。

ジグのウエイトは水深や潮流の速さによって使い分けるのがセオリー。

カラーはブルーやシルバーなどのナチュラル系、ピンクなどを使ったアピール系の両方を揃えておくと状況対応力がアップする。

セミロング系が基本シェイプ。

これに接続金具を介してシングルフックを1〜2本セットする。

以上のほか、キャスティングタックルも準備できればベスト。

3月下旬現在は、「ワラサのポイントで表層に浮くのはサワラかメジですね。最近は姿を見てませんが…」と船長。

今後、とりわけヒラマサシーズンは活躍の機会も増えるので、ぜひ用意しておきたい。

ワラサ狙いの釣り方のコツとは?

次第にヒラマサのヒット率がアップしてくるとはいえ、4月中はワラサ狙いの機会が多いだろう。

水深は50〜60mが中心で、浅くて30 m台、深ければ70m台を狙うこともある。

ワラサ狙いの場合、浅場の根周りを狙うことが多いヒラマサ狙いと異なり、根から落ち込んだ平場を攻めることが多い。

浅場に比べて根掛かりすることが少なく、ボトムから探ったほうが好結果につながるので、必ずジグは着底させたほうがよい。

アクションはワンピッチジャーク、つまりロッドを一回シャクると同時にリールのハンドルを一回転させるパターンが基本。

この動作のなかでリーリングスピードやシャクり動作の強弱、幅、スピードを変化させて、魚の反応を探っていく。

水深の半分程度を目安に巻いては落としを繰り返す。

状況次第だが3〜5回程度、底を取り直したら回収、再度投入してまた同様の動作を繰り返すのが基本パターンだ。

「ワラサの反応は海底付近に出ることが多いんですが、追いかけて食ってくることも多い。そのせいか、どのレンジまで巻き上げるかでヒット率に大きく差が出るようです。海底付近だけを探るのではなく、周囲の状況も確認しながらヒットしてくるレンジまで攻めるようにしてほしいですね」とは船長からのアドバイス。

ぜひ参考にしてほしい。

ヒットしてからは確実なアワセを心掛ける。

1〜2回でいいので、しっかり糸フケを取った状態でロッドを大きくあおってフッキングすると、バラす確率を大幅に減らすことができるはず。

ぜひ、アワセをお忘れなく。ドラグ調整が万全で、フッキングが決まっていれば、浅掛かりの場合をのぞきカンタンにバレることはない。

引きを楽しみながらマイペースで巻き上げ、船長の差し出すネットに誘導すればOK。

焦りすぎることなく、余裕を持って楽しむことが確実なキャッチへの近道だ。

キャスティングタックルも準備できればベスト

外房 大原沖 ワラサ&ヒラマサ!キャスティング&ジギング釣行レポート

ヒラマサはいつでも釣りたい!でもワラサがおもしろい!キャスティング&ジギングでの幅広い青物ゲームを楽しむ!

外房沖での定番ジグがつまったジグケース。セレクトの参考にしたい

ナイスコンディション!

ワラサはボトムだけでなく中層付近でヒットすることも。かなり強い引きを体感できる

無事にネットイン。ほっと一安心できる瞬間だ

サンパクが多いがかなり楽しめる

この日のアベレージサイズ

あまり大きくはないがヒラマサも登場!ワラサ狙いでもまじってくる可能性は十分にあり

これはいわゆるサンパク、2㎏クラスだ

セミロングタイプのジグが定番だ

でっぷりと太ったワラサは食べておいしい。ベイトを飽食している

こちらもワラサ。3〜4㎏がアベレージ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」

関東が誇るヒラマサフィールドとして人気を集める外房沖。

ヒラマサに照準を絞り、こだわりを持って通い続けるアングラーも多い。

しかし、冬から春先にかけての、ワラサがメインターゲットとなる時期の釣りも、外房というフィールドが持つ魅力のひとつだ。

「ヒラマサはいつでも釣りたいですよ。でも、ワラサも面白いんですよ」とは、大原港「松鶴丸」船上で出会った釣り人の弁。

何日かヒラマサは釣れてませんね、と中村真也船長が教えてくれたが、連日、午前午後の出船が続いていた。

休日となれば満員御礼状態も珍しくはない。

人気のほどがうかがえる。

午後船に同船させていただいた。
大原沖の50mラインがスタートしたが、直後からヒット!

サイズは前評判通り3〜4㎏がアベレージ。

この日は決して活性が高いというわけでなく、入れ食い状態に遭遇することはなかったものの、終始ヒットは続いた。

小型ではあるがヒラマサも登場し、安定感ある冬の青物ゲームを堪能、という印象だった。

4月以降も、ワラサを中心とした釣りは存分に楽しめる。

しかし、ヒラマサの動向が気になる時期でもある。

例年、外房沖でヒラマサ狙いが活発化してくるのは4月下旬が目安。

それまではキャスティング&ジギングでの、幅広い青物ゲームを楽しむのがおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2017年4月15日号の掲載記事です

関連記事
こんなときだからこそ、アシストフックの作り方を覚えておきたい!ストックを増やしておきたい!そんな前向きなアングラーに向け、アシストフック作り方講座を開催!
外房 青物ルアーゲームがベストシーズンに突入!現在はジギングでワラサが絶好調!当日は女性陣も満喫。ひとりで何本もキャッチしていた。ヒラマサの大型も回遊!タックルを万全にして出かけよう!
東京湾に横浜新山下「アイランドクルーズFC」が展開する、クロダイ&キビレ新釣法が登場!ワームを使ってキャスティング、ボトムを攻める!ボトムチニング!!その魅力と基本釣法を紹介!
人気の高いショアからのアジングゲーム。勢いはオフショアの釣りにも波及。磯子「釣福丸」は東京湾でも数少ない、通年アジを狙い続けている船だ。連日、沸騰中のアジングナイトゲーム!ぜひ、チャレンジを!
大型ヒラマサの実績が群を抜く外房エリアが、春の最盛期に突入!ジギング&キャスティングで熱く深くターゲットに迫る!「山正丸」のヒラマサ&ワラサゲームを紹介!
最新記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
暑さ吹き飛ぶ驚異の日焼け対策冷感ウエア「氷瀑ロングスリーブシャツMQ-01」「氷瀑タイツMQ-01」
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
各種リールの糸回収を電動ドリルを使う便利品「ラインリムーバー電動ドリル用ビット」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読