沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

大爆釣中! 犬吠埼沖のキメジ&カツオゲーム【犬吠埼沖】

大爆釣中! 犬吠埼沖のキメジ&カツオゲーム【犬吠埼沖】

ポイントは広大な太平洋。ここ犬吠埼沖でキメジやカツオを狙う船はほんの数隻だけ…。やりたい放題だっ! さぁ、秋の大爆釣祭りの始まりだぁ〜。よっしゃ〜〜〜〜っ!!


取材前日はカツオが主体で、トップなんと40本! ひと流し20分間アタリっぱなしなんてことも!

「征海丸」のキメジ・カツオ船はジギングメインで狙うので、どの釣り座でもチャンスがある。もちろん初心者もチャンスあり!

こんな良型カツオもまじった。マジで美味しそうだ! 食い気のある群れに当たれば全員ヒットも! この日はキメジが船中40本以上! まさに爆釣だ。

キメジ・カツオ初挑戦の釣り人も見事キメジをキャッチした。

狙う船が少ないから魚はスレ知らず。150〜200gのジグにガンガンヒットしてくる!

カツオのアベレージサイズは1㎏前後。このサイズがやはり150〜200gのジグにガンガンヒットしてくる。

魚探にはカツオやキメジの反応。デカいヤツもいるぞ!

次々とロッドが曲がる。オマツリは必至なので、お互い声を掛け合って対処しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

犬吠埼沖のキメジ(キハダ)&カツオが大爆釣中! これはキャスティングではなく、9割以上がジギングによる釣果。タックルは青物ジギング用があればよく、難しいテクニックも必要ないので、初心者もバッチリ楽しめるのが「征海丸」の大きな魅力だ(詳しくは134〜135ページで紹介)。
取材前日はカツオが主体で、トップなんと40本!! というから驚き。ひと流し20分間アタリっぱなしなんていうこともあったそうだ。
取材日はキメジが多数まじり、もちろんカツオも絶好調! キメジのトップは6本、カツオは8本。前者が船中42本、後者が80本。そんな驚異的釣果だから、船中20人近いアングラーはなんと全員キャッチ!! 
「長い年では11月頃まで続いたこともあります」と「征海丸」須之内哲也船長は言うが、キメジ(キハダ)やカツオは回遊魚。潮次第、群れ次第である。したがって、釣れているときに行くのが得策。今スグ予約して、今スグ出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


【庄三郎丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

【庄三郎丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【平塚港・庄三郎丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。キハダ、カツオ、シイラ、ヒラメ、アマダイなどが主なターゲット。


カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオは慣れない人でも遅れずに投入さえすれば誰でも何本か釣ることができる。ただし、細かく考えると色々と差が付いてくる。今回はカツオ釣りの細かいポイントをまとめてみよう。


キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

常磐沖にいよいよ青物ルアーゲームのシーズン到来だ! メインターゲットは、写真のワラサ・イナダの他に、ブリ、そして9月上旬の取材日は強烈なアタリがあったもののフックアウトしてしまったが、ヒラマサ。ブリは正真正銘の8㎏オーバー、ヒラマサは10㎏オーバーの実績もあるので、油断は大敵だ。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


日立沖のルアーゲーム! 今後はジギングがおもしろい!(日立丸)

日立沖のルアーゲーム! 今後はジギングがおもしろい!(日立丸)

2014年8月、108㎏というクロマグロがキャッチされ、一躍注目を集めた茨城・日立港の「日立丸」。その後も50㎏のキハダや170㎏のカジキなど、超大物が次々と釣り上げられた。だが「日立丸」では、実はそんな超大物に遭遇することは珍しいことではない。毎年のことなのだ。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読