MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大爆釣中! 犬吠埼沖のキメジ&カツオゲーム【犬吠埼沖】

大爆釣中! 犬吠埼沖のキメジ&カツオゲーム【犬吠埼沖】

ポイントは広大な太平洋。ここ犬吠埼沖でキメジやカツオを狙う船はほんの数隻だけ…。やりたい放題だっ! さぁ、秋の大爆釣祭りの始まりだぁ〜。よっしゃ〜〜〜〜っ!!

perm_media 《画像ギャラリー》大爆釣中! 犬吠埼沖のキメジ&カツオゲーム【犬吠埼沖】の画像をチェック! navigate_next

取材前日はカツオが主体で、トップなんと40本! ひと流し20分間アタリっぱなしなんてことも!

「征海丸」のキメジ・カツオ船はジギングメインで狙うので、どの釣り座でもチャンスがある。もちろん初心者もチャンスあり!

こんな良型カツオもまじった。マジで美味しそうだ! 食い気のある群れに当たれば全員ヒットも! この日はキメジが船中40本以上! まさに爆釣だ。

キメジ・カツオ初挑戦の釣り人も見事キメジをキャッチした。

狙う船が少ないから魚はスレ知らず。150〜200gのジグにガンガンヒットしてくる!

カツオのアベレージサイズは1㎏前後。このサイズがやはり150〜200gのジグにガンガンヒットしてくる。

魚探にはカツオやキメジの反応。デカいヤツもいるぞ!

次々とロッドが曲がる。オマツリは必至なので、お互い声を掛け合って対処しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

犬吠埼沖のキメジ(キハダ)&カツオが大爆釣中! これはキャスティングではなく、9割以上がジギングによる釣果。タックルは青物ジギング用があればよく、難しいテクニックも必要ないので、初心者もバッチリ楽しめるのが「征海丸」の大きな魅力だ(詳しくは134〜135ページで紹介)。
取材前日はカツオが主体で、トップなんと40本!! というから驚き。ひと流し20分間アタリっぱなしなんていうこともあったそうだ。
取材日はキメジが多数まじり、もちろんカツオも絶好調! キメジのトップは6本、カツオは8本。前者が船中42本、後者が80本。そんな驚異的釣果だから、船中20人近いアングラーはなんと全員キャッチ!! 
「長い年では11月頃まで続いたこともあります」と「征海丸」須之内哲也船長は言うが、キメジ(キハダ)やカツオは回遊魚。潮次第、群れ次第である。したがって、釣れているときに行くのが得策。今スグ予約して、今スグ出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル