MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大爆釣中! 犬吠埼沖のキメジ&カツオゲーム【犬吠埼沖】

大爆釣中! 犬吠埼沖のキメジ&カツオゲーム【犬吠埼沖】

ポイントは広大な太平洋。ここ犬吠埼沖でキメジやカツオを狙う船はほんの数隻だけ…。やりたい放題だっ! さぁ、秋の大爆釣祭りの始まりだぁ〜。よっしゃ〜〜〜〜っ!!

取材前日はカツオが主体で、トップなんと40本! ひと流し20分間アタリっぱなしなんてことも!

「征海丸」のキメジ・カツオ船はジギングメインで狙うので、どの釣り座でもチャンスがある。もちろん初心者もチャンスあり!

こんな良型カツオもまじった。マジで美味しそうだ! 食い気のある群れに当たれば全員ヒットも! この日はキメジが船中40本以上! まさに爆釣だ。

キメジ・カツオ初挑戦の釣り人も見事キメジをキャッチした。

狙う船が少ないから魚はスレ知らず。150〜200gのジグにガンガンヒットしてくる!

カツオのアベレージサイズは1㎏前後。このサイズがやはり150〜200gのジグにガンガンヒットしてくる。

魚探にはカツオやキメジの反応。デカいヤツもいるぞ!

次々とロッドが曲がる。オマツリは必至なので、お互い声を掛け合って対処しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

犬吠埼沖のキメジ(キハダ)&カツオが大爆釣中! これはキャスティングではなく、9割以上がジギングによる釣果。タックルは青物ジギング用があればよく、難しいテクニックも必要ないので、初心者もバッチリ楽しめるのが「征海丸」の大きな魅力だ(詳しくは134〜135ページで紹介)。
取材前日はカツオが主体で、トップなんと40本!! というから驚き。ひと流し20分間アタリっぱなしなんていうこともあったそうだ。
取材日はキメジが多数まじり、もちろんカツオも絶好調! キメジのトップは6本、カツオは8本。前者が船中42本、後者が80本。そんな驚異的釣果だから、船中20人近いアングラーはなんと全員キャッチ!! 
「長い年では11月頃まで続いたこともあります」と「征海丸」須之内哲也船長は言うが、キメジ(キハダ)やカツオは回遊魚。潮次第、群れ次第である。したがって、釣れているときに行くのが得策。今スグ予約して、今スグ出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。
東京湾のシーバスが爆釣トップシーズン!千葉・寒川港「小峯丸」では人数限定片舷乗合というオンリーワンシステムを取っているため、ジギングはもちろんキャスティングも思う存分楽しめる!
東京湾・湾奥シーバスゲームが好調!釣り方はジギングが主体で、少し深場を攻める!タックルはベイトがオススメ!寒川港「小峯丸」では取材日に66cmが登場!
横浜新山下「アイランドクルーズFC」では、「メバカサ乗合&仕立」が盛況!メバル狙いの基本ルアーはジグヘッド&ソフトルアー!同船主催「デカメバルトーナメント」覇者、椎野さんオススメタックルも紹介!
最新記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
スーパーライトジギングのエントリーモデル「ヴェデル SLJ エアポータブル(マルチピース)」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読