MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大爆釣中! 犬吠埼沖のキメジ&カツオゲーム【犬吠埼沖】

大爆釣中! 犬吠埼沖のキメジ&カツオゲーム【犬吠埼沖】

ポイントは広大な太平洋。ここ犬吠埼沖でキメジやカツオを狙う船はほんの数隻だけ…。やりたい放題だっ! さぁ、秋の大爆釣祭りの始まりだぁ〜。よっしゃ〜〜〜〜っ!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

取材前日はカツオが主体で、トップなんと40本! ひと流し20分間アタリっぱなしなんてことも!

「征海丸」のキメジ・カツオ船はジギングメインで狙うので、どの釣り座でもチャンスがある。もちろん初心者もチャンスあり!

こんな良型カツオもまじった。マジで美味しそうだ! 食い気のある群れに当たれば全員ヒットも! この日はキメジが船中40本以上! まさに爆釣だ。

キメジ・カツオ初挑戦の釣り人も見事キメジをキャッチした。

狙う船が少ないから魚はスレ知らず。150〜200gのジグにガンガンヒットしてくる!

カツオのアベレージサイズは1㎏前後。このサイズがやはり150〜200gのジグにガンガンヒットしてくる。

魚探にはカツオやキメジの反応。デカいヤツもいるぞ!

次々とロッドが曲がる。オマツリは必至なので、お互い声を掛け合って対処しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

犬吠埼沖のキメジ(キハダ)&カツオが大爆釣中! これはキャスティングではなく、9割以上がジギングによる釣果。タックルは青物ジギング用があればよく、難しいテクニックも必要ないので、初心者もバッチリ楽しめるのが「征海丸」の大きな魅力だ(詳しくは134〜135ページで紹介)。
取材前日はカツオが主体で、トップなんと40本!! というから驚き。ひと流し20分間アタリっぱなしなんていうこともあったそうだ。
取材日はキメジが多数まじり、もちろんカツオも絶好調! キメジのトップは6本、カツオは8本。前者が船中42本、後者が80本。そんな驚異的釣果だから、船中20人近いアングラーはなんと全員キャッチ!! 
「長い年では11月頃まで続いたこともあります」と「征海丸」須之内哲也船長は言うが、キメジ(キハダ)やカツオは回遊魚。潮次第、群れ次第である。したがって、釣れているときに行くのが得策。今スグ予約して、今スグ出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル