MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾ショート船でLTアジ沸騰中!ビギナーもベテランも満足!

東京湾ショート船でLTアジ沸騰中!ビギナーもベテランも満足!

東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾ショート船でLTアジ沸騰中!ビギナーもベテランも満足!の画像をチェック! navigate_next

好調が続いているLTアジ 今後はさらに釣りやすくなる!?

東京湾奥で盛んに行われているLTアジ。

軽量タックルを使い、比較的浅い釣り場を狙うので、誰でも手軽に楽しめる釣りの代表だ。

そのLTアジだが、ずっと好調が続いている。

とくに、この冬は水温が高めを維持していたためか、著しく釣果が落ちることなく釣れていた。

もっと遡れば、秋から好調が続いているのだ。

今回の取材は小柴港「三喜丸」で敢行。
「三喜丸」のLTアジは、半日船よりも釣り時間が長く、一日船よりも短いショート船で出船している。

取材当日も開始から食いが良く、終始アタリが続いた。

60匹以上釣り上げた人が、船中で5人中2人だった。

「三喜丸」の村上明船長によると、「昨年の4月も好調でしたよ。頭で90匹以上という日もありましたね。これからはポイントが広がって、岸寄りの浅場で釣れるようになるでしょう。だから、今(3月中旬)よりも、釣りやすくなりますよ」と話す。

春休み、ゴールデンウイークなどもあって、これからの行楽シーズンには、まさにオススメ!

アジは食べても美味しいので、ぜひ挑戦してみよう!!

当日は横須賀沖の水深30〜50mを狙った。今後はもっと近場の浅場でも釣れるようになるという

竿はLT用 リールは手巻きか超小型電動

3月中旬の「三喜丸」の取材では、水深30〜50mを狙った。

これは一年のなかでも深い水深である。

前述した村上船長のコメントにもあるように、今後はもっと浅場がメインになる。

そのため手巻きリールを組み合わせたライトタックルがあれば十分に楽しめる。

竿は30〜50号のオモリに対応した8対2〜6対4調子のLT用。

初めて購入するなら、間をとって7対3調子が、いろいろ対応できるのでオススメだ。

長さは1.8〜2mぐらい。
 
リールは手巻きの小型両軸、または超小型電動。
どちらでもOKだが、手巻きリールで十分。

リールには道糸として、PEラインの2号以下を150m以上巻いておこう。

タックルがない人は、船宿のレンタルタックルを利用するのもるのも手だ!

仕掛けのハリ数は2〜3本 通常のビシアジ用でOK

コマセはイワシミンチ。ビシは小型のアンドンビシ。これは「三喜丸」の貸ビシ

仕掛けは通常のビシアジ用でOK

ビシは小型のアンドンビシを使う。
オモリは船宿指定の号数にする。

「三喜丸」では40号のビシを使用したが、多くの船宿が30〜40号を使っている。

小型の片テンビンにビシを装着し、クッションゴムを介して仕掛けをつなぐ。

クッションゴムはハリスの太さに適合したもので、長さは30㎝前後。

仕掛けは通常のビシアジ用でOKだ。
ハリス1.5〜2号、全長2m前後。

ハリはムツ16号の2〜3本バリが標準。
状況によっては仕掛けの消耗が激しくなるので、予備は多めに持参しよう。

作るのが面倒であれば、市販のできあい仕掛けでOKだ。

「三喜丸」もそうだが、多くの船宿で配られる付けエサはアカタンだ。

米粒大の1個をハリに刺す。
宿によっては、赤く染めた大きめのイカの切り身が配られる。

その場合はハサミで米粒大にカットして使おう。

潮が濁ったときはアオイソメが有効なときがある。

準備しておけば万全だ(「三喜丸」では船で購入可)。

別売りのアオイソメはぜひ用意しておきたいエサ/支給される付けエサはアカタン

釣り座を整えて 快適に釣ろう!

ビギナーが釣りをするうえで大事なのが、釣り座周辺のセッティング。

港ではそんなに風が吹いていなくても、沖では予想以上に風が吹くことが珍しくない。

風を考えて道具をセッティングしないと、仕掛けが絡みまくって、まともに釣りができなくなるのでしっかりと釣り座周りを整えたい。

スパンカーを立てる場合、船は風上に船首を向けるので、船の前方から風が吹いてくる。

そのためロッドキーパーの風下側にコマセオケを置くようにすると、仕掛けが風下側に位置して絡みが少なくなる。

キーパーを使用しない場合も同様。取り込み時には竿をコマセオケの風上側に置くと、仕掛けの絡みが少なくなる。

タナ取りと コマセワークの基本

基本の釣り方は上のイラストのとおり。

タナ取りは海底からおこなう。
一度海底までビシを落としてから、タナまで巻き上げる方法だ。

取材当日の「三喜丸」での指示ダナは海底から2m。

ビシが着底したら糸フケを取り、1m巻き上げたところでコマセをまき、さらに50㎝巻き上げたところでコマセをまいたら指示ダナまで巻き上げる。

タナでアタリを待ち、20〜30秒してもアタリがなければ、再度ビシを着底させ、前述した方法でコマセをまきながらタナまで巻き上げる。

そして20〜30秒待ってアタリがなければ、またビシを着底させてタナを取り直す。

タナの取り直しを4〜5回してもアタらなければ、仕掛けを回収して再投入する。

手返しも重要だ。
仕掛けを投入したら、入れっぱなしにせず、一定のペースで入れ替えよう。

アタリが遠い時には、コマセをまいて寄せることになる。

食いが立っているときには、タナ取り後にすぐにアタりやすくなるからだ。

アタリがあったら、竿をゆっくりと起こしてハリ掛かりを確認する。

魚の引きを感じたら、ハリ掛かりした証拠。
糸を弛ませないようにゆっくりリールを巻く。

取り込みは慌てず、一つ一つの動作を確実におこなうこと。

海面下にビシが見えたら巻き上げをストップ。

正確にいえば、竿先からビシまでの距離が2mぐらいまできたら巻き上げを止める。

そのまま竿を起こすと、ビシがちょうど手元にくる。

ビシをコマセオケに置き、ハリスを手繰って魚を船内に取り込む。

ビギナーによくある失敗は、ビシを竿先まで巻き上げること。

こうするとハリスをうまく手繰れず、またビシがブラブラ動いて危険だ。

好調継続!東京湾LTアジ釣行レポート

タックルも軽いので女性にもオススメ!

トリプル〜!!

食いが立てばダブル、トリプルもある!

ビギナーでも基本を押さえればこのとおり!

「ちょっとサイズがいいのが釣れました!」

イシモチもまじる

常連さんは開始から多点掛け連発!

嬉しい一荷!

飯田さんも良型キャッチ!

こちらはサバ。血抜きして大事にもち帰ろう

イシモチは定番ゲスト

ショート船で40匹前後釣れれば上出来!

斉田正道船長は下船後に、アジの捌き方を教えてくれた!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴「三喜丸」

沖釣り入門に最適な釣り物の筆頭格が、東京湾のLTアジだ。

軽いタックルで、近場のポイントで、手軽に狙えるからだ。

しかも、東京湾のLTアジは昨年からずっと好調が続いている。

今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさにうってつけ。

さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。

今回取材した小柴港「三喜丸」は、釣り時間が一日船より短く、半日船より長いショート船(7時15分に出船して13時に終了)で出船している。

取材当日はトップは66匹。
ビギナーも乗船していたが、レンタルタックルを借りて20匹前後の釣果をあげていた。

「昨年の4月も好調でしたね。これからは、釣れるポイントが拡大して、もっと近場の浅場でも釣れるようになると思います。そうなれば、もっと釣りやすくなりますよ」と「三喜丸」の村上明船長。

東京湾のLTアジは沖釣り入門のほか、ファミリーFにも最適だ!

以上の記事は「つり丸」2017年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル