MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好機到来!中ダイ連発!外房 飯岡沖はテンヤ&タイラバで攻略!

好機到来!中ダイ連発!外房 飯岡沖はテンヤ&タイラバで攻略!

周年マダイが狙える飯岡沖だが、この春は中ダイがコンスタントに取り込まれ、好調にアタっている。もちろん大ダイが釣れる日もあり、トップ10枚を記録する日もある。幅広くタナを探ることがヒットにつながる!

春は大型まじりで 中ダイ連発もある! 幅広いタナを探ろう

飯岡沖はポイント多数。当日は30〜50mのポイントを狙った

はっきりした乗っ込みはないが 状況次第では良型連発もある!

外房・飯岡沖はマダイの好ポイントが多く、周年マダイが狙えるエリア。

そのマダイをひとつテンヤとタイラバで狙っているのが、今回取材した飯岡港「梅花丸」だ。

「飯岡沖では、はっきりした乗っ込みはありますか?」と「梅花丸」の梅花亮佑船長に質問してみると、「はっきりとした乗っ込みはありませんが、毎年、ゴールデンウイーク頃に中ダイクラスが数釣れるときがあります。それが、おそらく乗っ込みのタイだと思います」と教えてくれた。

いずれにせよ、この時期も好釣果が期待できる飯岡沖。

このところ中ダイがコンスタントに上がり、まずまずの好釣果を記録している。

取材をした4月3日は数は出なかったものの、2㎏弱のサイズが取り込まれた。

取材後も好調で、4月6日の午前船では0.4〜2㎏を0〜10枚と好釣果を記録している。

反応によっては幅広い タナも探ってみよう

4月前半の「梅花丸」の取材では、水深40〜50mのポイントを狙うことがあった。

水深がある場所では、テンヤが軽いと着底がわかりづらい。

底ダチがわからないと釣りにならないので、着底がわからないときは、確実にわかるまでテンヤを重くするといいだろう。

テンヤが着底する直前と直後は、とくにアタりやすいタイミング。

手ごたえを感じなかったり、竿先にアタリが出なくてもアタっていることがあるので、道糸の変化に注意しておくこと。

急に糸がフケたり、横に糸が走るときは、アタっている可能性大なので迷わずアワせよう。

テンヤが着底したら、すぐに糸フケを取り、50㎝ぐらい巻き上げてからシャクってアタリを待つ。

2〜3回シャクってもアタらなければ、50㎝〜1mぐらい巻き上げてシャクってアタリを待つ。

それでもアタらなければ、再度50㎝〜1mぐらい巻き上げてシャクってアタリを待つを繰り返して、海底から5mぐらいまでを探ってみよう。

時には反応が幅広く、海底から10m上や15m上まで出ることもある。

そのようなときには高めのタナも探るようにしよう。

また梅花亮佑船長によると、幅広く、高い位置まで出ている反応は、フォール中にアタりやすいという。

さらにこのような反応ではタイラバもアタりやすいという。

タイラバは海底から、水深の半分ぐらいまでの範囲を、ただ巻きで探るだけ。

アタってもそのまま巻き続けるようにすると、竿が絞り込まれてハリ掛かりする。

タイラバは60〜120gまでを用意しておけば万全だ。

幅広く、高い反応が出ているときは、テンヤのフォール中にアタリやすい

中ダイ連発!大型まじり! 外房 飯岡沖 釣行レポート!

当日、船で用意していたエビエサはこの2種類

エサ付けの見本

ラインが出された!サイズがいいマダイか?

梅花亮佑船長がタモのアシストをしてくれる

コンスタントに中ダイクラスが取り込まれている飯岡沖。取材当日も2㎏弱が取り込まれた!

榎戸さんにヒット!ノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛」が絞り込まれた!

ノリーズプロスタッフの榎戸冨さんも本命キャッチに成功!

本命ゲットは嬉しい!

こちらはハナダイ

イナダもまじる

マハタもまじる

こちらもマハタ

ホウボウもまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「梅花丸」

周年マダイが狙える飯岡沖だが、この春は中ダイがコンスタントに取り込まれ、好調にアタっている。

もちろん大ダイが釣れる日もあり、トップ10枚を記録する日もある。

「こっちでは、はっきりした乗り込みではないですが、ゴールデンウイーク頃に中ダイが連発することがありますね!おそらく、そのタイが乗っ込みの魚だと思います」と話すのは、飯岡港「梅花丸」の梅花亮佑船長。

とにかく乗っ込みがあろうが、なかろうが、ゴールデンーンウイーク前後は好シーズンなのだ。

取材当日もそうだったが、ポイントによっては浮いた反応や幅広い反応が出ることもある。

そのような場所では高めのタナや着底前のフォール中にアタることも多い。

底付近だけでなく、幅広く探るのがコツだ。

またタイラバでの実績もあるので、こちらで挑戦するのもおもしろいだろう!

以上の記事は「つり丸」2017年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル