MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好機到来!中ダイ連発!外房 飯岡沖はテンヤ&タイラバで攻略!

好機到来!中ダイ連発!外房 飯岡沖はテンヤ&タイラバで攻略!

周年マダイが狙える飯岡沖だが、この春は中ダイがコンスタントに取り込まれ、好調にアタっている。もちろん大ダイが釣れる日もあり、トップ10枚を記録する日もある。幅広くタナを探ることがヒットにつながる!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

春は大型まじりで 中ダイ連発もある! 幅広いタナを探ろう

飯岡沖はポイント多数。当日は30〜50mのポイントを狙った

はっきりした乗っ込みはないが 状況次第では良型連発もある!

外房・飯岡沖はマダイの好ポイントが多く、周年マダイが狙えるエリア。

そのマダイをひとつテンヤとタイラバで狙っているのが、今回取材した飯岡港「梅花丸」だ。

「飯岡沖では、はっきりした乗っ込みはありますか?」と「梅花丸」の梅花亮佑船長に質問してみると、「はっきりとした乗っ込みはありませんが、毎年、ゴールデンウイーク頃に中ダイクラスが数釣れるときがあります。それが、おそらく乗っ込みのタイだと思います」と教えてくれた。

いずれにせよ、この時期も好釣果が期待できる飯岡沖。

このところ中ダイがコンスタントに上がり、まずまずの好釣果を記録している。

取材をした4月3日は数は出なかったものの、2㎏弱のサイズが取り込まれた。

取材後も好調で、4月6日の午前船では0.4〜2㎏を0〜10枚と好釣果を記録している。

反応によっては幅広い タナも探ってみよう

4月前半の「梅花丸」の取材では、水深40〜50mのポイントを狙うことがあった。

水深がある場所では、テンヤが軽いと着底がわかりづらい。

底ダチがわからないと釣りにならないので、着底がわからないときは、確実にわかるまでテンヤを重くするといいだろう。

テンヤが着底する直前と直後は、とくにアタりやすいタイミング。

手ごたえを感じなかったり、竿先にアタリが出なくてもアタっていることがあるので、道糸の変化に注意しておくこと。

急に糸がフケたり、横に糸が走るときは、アタっている可能性大なので迷わずアワせよう。

テンヤが着底したら、すぐに糸フケを取り、50㎝ぐらい巻き上げてからシャクってアタリを待つ。

2〜3回シャクってもアタらなければ、50㎝〜1mぐらい巻き上げてシャクってアタリを待つ。

それでもアタらなければ、再度50㎝〜1mぐらい巻き上げてシャクってアタリを待つを繰り返して、海底から5mぐらいまでを探ってみよう。

時には反応が幅広く、海底から10m上や15m上まで出ることもある。

そのようなときには高めのタナも探るようにしよう。

また梅花亮佑船長によると、幅広く、高い位置まで出ている反応は、フォール中にアタりやすいという。

さらにこのような反応ではタイラバもアタりやすいという。

タイラバは海底から、水深の半分ぐらいまでの範囲を、ただ巻きで探るだけ。

アタってもそのまま巻き続けるようにすると、竿が絞り込まれてハリ掛かりする。

タイラバは60〜120gまでを用意しておけば万全だ。

幅広く、高い反応が出ているときは、テンヤのフォール中にアタリやすい

中ダイ連発!大型まじり! 外房 飯岡沖 釣行レポート!

当日、船で用意していたエビエサはこの2種類

エサ付けの見本

ラインが出された!サイズがいいマダイか?

梅花亮佑船長がタモのアシストをしてくれる

コンスタントに中ダイクラスが取り込まれている飯岡沖。取材当日も2㎏弱が取り込まれた!

榎戸さんにヒット!ノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛」が絞り込まれた!

ノリーズプロスタッフの榎戸冨さんも本命キャッチに成功!

本命ゲットは嬉しい!

こちらはハナダイ

イナダもまじる

マハタもまじる

こちらもマハタ

ホウボウもまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「梅花丸」

周年マダイが狙える飯岡沖だが、この春は中ダイがコンスタントに取り込まれ、好調にアタっている。

もちろん大ダイが釣れる日もあり、トップ10枚を記録する日もある。

「こっちでは、はっきりした乗り込みではないですが、ゴールデンウイーク頃に中ダイが連発することがありますね!おそらく、そのタイが乗っ込みの魚だと思います」と話すのは、飯岡港「梅花丸」の梅花亮佑船長。

とにかく乗っ込みがあろうが、なかろうが、ゴールデンーンウイーク前後は好シーズンなのだ。

取材当日もそうだったが、ポイントによっては浮いた反応や幅広い反応が出ることもある。

そのような場所では高めのタナや着底前のフォール中にアタることも多い。

底付近だけでなく、幅広く探るのがコツだ。

またタイラバでの実績もあるので、こちらで挑戦するのもおもしろいだろう!

以上の記事は「つり丸」2017年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル