MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。

今なら誰にでも10回や15回のアタリはあるはず。ビギナーの人にこそ来て欲しい

「今夜や淡白で美味い刺身に冷酒で一杯かな」。

仲乗りさんのタモ取りも大忙し! とにかく魚影が濃くてアタリ頻発!!

「止まらない! とにかくアタる!!」。

ライトなタックルで狙う人も。ノーマルよりさらに引き味アップ。

「しっかりアワせられれば数釣りできるぞ~」。

今回の釣行のチャンピオンの登場。

トップ34枚!! とてもヒラメ釣りの釣果とは思えない!? 今後もまだまだ期待できそうだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

「ヒラメが絶好機に入りましたよ」とのお誘いで、銚子外川港「福田丸」に釣行したところ、トップ34枚という驚愕の釣果に遭遇!
釣ったのは「福田丸」の常連さんの中でもトップクラスの腕の持ち主ではあるが、この日は2番手も18枚と好釣果。
「今なら誰にでも10回や15回のアタリはあるはず。難しいと言われるヒラメのアワセ時を身体で覚えるには最高のタイミングだよね。ビギナーの方にこそ今来て欲しいですよ」とは「福田丸」福田稔船長だ。
釣り場は外川前から河口沖の20~30m付近を中心に狙っていて、どこでも満遍なくアタリが出る状況。
型は小ソゲサイズも多いものの、2~3㎏級の良型もまじるから油断ならない。
また「ナダ(岸近く)の方にもイワシの反応が入り始めたから、今後は10mを切るような浅場でも食いだすと思いますよ」と楽しみな船長の今後の予想で、この浅場では良型が主体になるのだとか。
冬場にはシケの多い銚子沖も、夏から秋にかけては台風さえ来なければ海も穏やかで、まさにヒラメ入門にうってつけ。
ベテランもビギナーも、このチャンス逃すべからず! ですぞ。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
駿河湾・沼津沖は、西から回遊してくるタチウオの大きな群れがたまり、一人100本釣りなんてことも過去に珍しくない。夜が苦手な人には、湾内の大アジ釣りがオススメ。沼津沖はこの冬にはかかせない釣り場だ。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
最新記事
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読