MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。

今なら誰にでも10回や15回のアタリはあるはず。ビギナーの人にこそ来て欲しい

「今夜や淡白で美味い刺身に冷酒で一杯かな」。

仲乗りさんのタモ取りも大忙し! とにかく魚影が濃くてアタリ頻発!!

「止まらない! とにかくアタる!!」。

ライトなタックルで狙う人も。ノーマルよりさらに引き味アップ。

「しっかりアワせられれば数釣りできるぞ~」。

今回の釣行のチャンピオンの登場。

トップ34枚!! とてもヒラメ釣りの釣果とは思えない!? 今後もまだまだ期待できそうだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

「ヒラメが絶好機に入りましたよ」とのお誘いで、銚子外川港「福田丸」に釣行したところ、トップ34枚という驚愕の釣果に遭遇!
釣ったのは「福田丸」の常連さんの中でもトップクラスの腕の持ち主ではあるが、この日は2番手も18枚と好釣果。
「今なら誰にでも10回や15回のアタリはあるはず。難しいと言われるヒラメのアワセ時を身体で覚えるには最高のタイミングだよね。ビギナーの方にこそ今来て欲しいですよ」とは「福田丸」福田稔船長だ。
釣り場は外川前から河口沖の20~30m付近を中心に狙っていて、どこでも満遍なくアタリが出る状況。
型は小ソゲサイズも多いものの、2~3㎏級の良型もまじるから油断ならない。
また「ナダ(岸近く)の方にもイワシの反応が入り始めたから、今後は10mを切るような浅場でも食いだすと思いますよ」と楽しみな船長の今後の予想で、この浅場では良型が主体になるのだとか。
冬場にはシケの多い銚子沖も、夏から秋にかけては台風さえ来なければ海も穏やかで、まさにヒラメ入門にうってつけ。
ベテランもビギナーも、このチャンス逃すべからず! ですぞ。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
東京湾・湾フグの老舗船宿「野毛屋」では、高級魚トラフグ+浅場で手軽にショウサイフグという、かなりゼイタクな釣りを展開中!このチャンスにぜひ両狙いを楽しんでみてはいかがだろう。
金沢沖は根魚の宝庫!美味魚を釣らせてくれる金沢港「北龍丸」は、定番のオキメバルをサビキで狙い~仕掛けを替えて、カサゴをメインに根魚狙い。最後にサビキで浅場のクロメバル!みなクーラー満タンだ。
最新記事
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
高性能でありながらコストパフォーマンスが高いPEライン 「UVFソルティガデュラセンサー8+Si2」
南房のジャンボイサキが解禁から沸騰中!西川名港から出船「竜一丸」では半日で規定の50匹に達することも!ビギナーや希望者には、出船前に船長自ら釣り方をレクチャー!ベテランも満足のこの釣りをぜひ!
東海エリア超一級マダイ乗っ込みポイントが今期も開幕!大場所オモリを含めた広範囲を攻める!仕掛けは10mまたは15mを使い分けよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読