MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。

perm_media 《画像ギャラリー》トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】の画像をチェック! navigate_next

今なら誰にでも10回や15回のアタリはあるはず。ビギナーの人にこそ来て欲しい

「今夜や淡白で美味い刺身に冷酒で一杯かな」。

仲乗りさんのタモ取りも大忙し! とにかく魚影が濃くてアタリ頻発!!

「止まらない! とにかくアタる!!」。

ライトなタックルで狙う人も。ノーマルよりさらに引き味アップ。

「しっかりアワせられれば数釣りできるぞ~」。

今回の釣行のチャンピオンの登場。

トップ34枚!! とてもヒラメ釣りの釣果とは思えない!? 今後もまだまだ期待できそうだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

「ヒラメが絶好機に入りましたよ」とのお誘いで、銚子外川港「福田丸」に釣行したところ、トップ34枚という驚愕の釣果に遭遇!
釣ったのは「福田丸」の常連さんの中でもトップクラスの腕の持ち主ではあるが、この日は2番手も18枚と好釣果。
「今なら誰にでも10回や15回のアタリはあるはず。難しいと言われるヒラメのアワセ時を身体で覚えるには最高のタイミングだよね。ビギナーの方にこそ今来て欲しいですよ」とは「福田丸」福田稔船長だ。
釣り場は外川前から河口沖の20~30m付近を中心に狙っていて、どこでも満遍なくアタリが出る状況。
型は小ソゲサイズも多いものの、2~3㎏級の良型もまじるから油断ならない。
また「ナダ(岸近く)の方にもイワシの反応が入り始めたから、今後は10mを切るような浅場でも食いだすと思いますよ」と楽しみな船長の今後の予想で、この浅場では良型が主体になるのだとか。
冬場にはシケの多い銚子沖も、夏から秋にかけては台風さえ来なければ海も穏やかで、まさにヒラメ入門にうってつけ。
ベテランもビギナーも、このチャンス逃すべからず! ですぞ。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル