MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
福島 相馬沖 良型オンリー高確率!90cm大ビラメ祭り開催中!

福島 相馬沖 良型オンリー高確率!90cm大ビラメ祭り開催中!

東北エリアNo.1ヒラメポ イント!福島県相馬沖。昨年同様、秋の大ビラメ祭りが開催中だ。60〜70㎝のヒラメが平均で80㎝や90㎝級の特大ビラメが高確率でまじる、というヒラメフリークにとってパラダイスの漁場だ。

良型ヒラメの宝庫で釣る 大型ヒラメは高ダナで70㎝オーバーがアベレージ

東北エリアヒラメNo.1漁場 シーズンは11月いっぱい

船は大型船。人数限定のため釣り座は広々。釣り座もすべて事前予約制だ

福島県相馬沖の生きイワシエサのヒラメ釣りのシーズンは仙台湾とほぼ同じく8月〜11月。

動きまわるベイトを追っていたヒラメたちが根や魚礁のベイトを捕食するようになるので、釣りやすくなる。

仙台湾から福島県海域にかけては、近年非常にヒラメの魚影が濃いことで知られるが、今期はとくに福島海域のヒラメが好調だ。

相馬港から出船する遊漁船はのきなみ連日、50㎝オーバーのヒラメを船中100枚前後を記録。

それが10月末にも継続している。

仙台湾や相馬港の船宿は、9月にはエサのマイワシの仕入れが難しくなる、という事態に見舞われたが相馬「明神丸」は独自のルートでマイワシを確保。

連日好釣果を記録更新中だ。

相馬沖では、この豊かな資源を確保するために50㎝以下のヒラメはリリースすることが原則。

それなのに連日船中100枚前後の釣果??

どれだけ魚影が濃いかこれだけで理解できるだろう。

60〜70㎝のヒラメがアベレージで80㎝オーバーや90㎝級の特大ビラメが高確率でまじる、というヒラメフリークにとってパラダイスの漁場だ。

釣り座にあるこのベニヤ板より小さいヒラメはリリースしよう

ポイントは根周りがメイン 水深は40m前後

ヒラメのポイントは、相馬沖から原町沖まで広範囲。

人工魚礁も多く設置されているが、相馬港「明神丸」が攻めるのは自然の岩礁帯がメイン。

水深は40m前後だ。

「大型ヒラメを狙ってますのでツブ根や起伏の少ない岩礁帯をメインに攻めてます」とは佐藤正明船長。

魚礁と比べて根掛かり少なく釣りやすいという。

そして、船は、関東の太平洋側でよく行なわれる横流しではなく、スパンカーを立てて流す潮流し釣りで釣り座に関係なくヒラメはヒットしてくる。

それだけそれぞれの場所で魚影が濃いのだ。

オモリは80号 腰が強めの竿がベター

さて、タックルだが、「明神丸」ではオモリは80号を使用する。

竿はオモリ80号に対応する7対3調子、または6対4調子のもの。

長さは2〜2.7mのもので好みでよいが、 短めのものが扱いやすい。

ターゲットが良型だけに竿は、軟らかめの竿先でよいがバッドパワーのあるものを用意したい。

普段使い慣れているヒラメタックルとワンランク上のパワーがあるものがあればよいだろう。

横流し釣りになれているなら、そのタックルをそのまま流用可能だ。

リールは小型両軸、もしくは小型電動リール。

道糸はPE2号でよいが可能ならPE3号を収納したい。

いずれも80㎝オーバーの大ビラメ対策だ。

仕掛けはハリス6号が標準 だが、太めのものも準備

相馬沖のご当地仕掛けは、ハリス6号70㎝(親バリまで)、親と孫の2本バリ、捨て糸40〜50㎝とごくごく一般的だ。

まずはハリスについて。佐藤船長オススメはハリス6号だが、大ビラメに照準を合せるならハリスは8〜10号を使いたい。

活性の高いヒラメはハリスが多少太くても食ってくる。

現地購入の市販の仕掛けはこの太ハリスのものは少ないので持参して行こう。

ハリは親バリと孫バリはチヌ5〜7号がよく使われている。

これは、軽いハリを使うことでエサのイワシの負担を少なくしようという考えからのもの。

しかし、相手は大ビラメ。
親バリは多少大きくてもよい。ヒラメ専用の太軸タイプがオススメだ。

70㎝を越す大型はアタリこそ小さいことが多いが、エサのイワシは丸呑みしていることがほとんど。

そして、フッキングは親バリであることが多い。

このことから、親バリを大きく、そして強いものを選択可能なのだ。

「明神丸」では、各自、10匹ずつイワシが配られる。一人30匹(状況による)まで

朝いちの明け方や潮濁り時 雨天時は水中ライトも有効

朝いちや潮濁り時、雨天時など周辺が暗いときは、小型水中ライトを先糸周辺に付けるとよい。

効果が確認されているのは青。

関東周辺では必須アイテムになっているところもありそれなりに効果が証明されている。

だが、魚がふつうに釣れているところなどでは、ほとんど無意味。オマツリの原因となるので外したほうがよい。

丸秘アイテムとしてタックルボックスのなかに忍ばせておこう。

タナは底上1mが基本 底上1〜5mまで自由

濡らした手でイワシを掴み、すばやくハリ付けする。なるべくウロコを落とさないのがコツだ

生きイワシのエサ付けは、親バリを上アゴ刺し、または鼻掛けにして、孫バリを背に軽く刺すのが一般的。

イワシは「明神丸」では一人30匹まで配られるが、現在貴重なマイワシであるので大事に扱う。

まずは効き手は右なら左手を十分に海水に浸けて濡らす。

イワシをザルですくい掴んだら、親バリを刺す。

そのままイワシを掴んだまま背側に孫バリを打つ。

この動作がすばやくできるとイワシのダメージは最小減にすることができる。

準備が整ったら投入だ。

佐藤船長に相馬沖のヒラメのタナを聞くと、「まずはオモリが底についたら糸フケをすばやくとってかまわず1mあげてください底から5m上までどこで待ってもいいです」とのこと。

つまり、オモリを底から1m上げてしまえば、タナはいくら上げてもよいというのだ。

「タナを高く持つとアタリは少なくなりますが、定説どおり大型ヒットの確率は高くなります。うちでいう50〜60㎝級なんていらない、とにかく大ビラメという人は高ダナでいいと思いますよ。こう言っても高ダナ待ちはなかなか勇気がいりますけど」

高ダナ待ちは、実際大ビラメヒットの確率が高い。

そして、フッキングも早い。

どうしてかというと、大ビラメはボトム付近からジャンプしてエサを一気に丸呑みしてそのまま、ボトムへ戻ろうとする。

それが、アタリとして竿に出るので、アタリも豪快に出る。

そしてすでにフッキング済みであることが多い。

あとは、ポンピングせずにゆっくりとリールを巻いてくるだけだ。

底上1mダナでの アワセのタイミング

さて、基本ダナである底上1mでのアワセのタイミングだが、高ダナのように向こうアワセにはならないことも多い。

さて、どのようにすればよいのか。

まず、アタリが竿先にガツガツと出たら、竿を手持ちにして水平に構えて動かさずにじっと待つ。

その際、船に揺れに合わせ竿先も揺れないようにする。

ヒラメに違和感を与えないようにするためだ。

高活性の個体はすぐに食い込むが、活性が低めの魚や大ビラメの場合、なかなか食い込まないときもある。

そんなときは少し竿先を下げて道糸を送り込んでやる。

この動作で変化がないときは、下げた竿先をゆっくりと聞き上げてみよう。

道糸にテンションを与えると咥えたエサが逃げ出そうとするので、ヒラメはそれを逃すまいと食いこんでくれることが多いからだ。

その後、グイグイと引き込まれたら、竿を“持ち上げる”ようにアワセを入れる。

けして、強くアワセを入れる必要はない。

ここがアワセの最大の肝だ。

アワセ後、やり取り開始。
やり取りで巻き上げのセオリーは竿を一定角度に保ってリールを巻き続けること。

つまり、ポンピングはやらない、ということ。

ポンピングをしてしまうと、テンションが緩んだときに、ヒラメが反転しバラシの原因になる。

大ビラメになるほどこれでハリスが切られてしまう。

そしてクライマックスはタモ入れ。

周りの人に必ずタモを構えておいてもらい、そのタモのなかにヒラメの頭を誘導しよう。

そしてヒラメがタモに収まったら、クラッチを切ってテンションを緩める。

このタモへの誘導までが釣り手のテクニックだ。

マメなタナの確認が誘いとなる

ポイントの多くは岩礁帯なので多少の起伏はある。

根掛かりは少ないといってもするときはある。

この対応として、マメなタナ取りが有効だ。

竿の上下のみでほとんど場合、タナ取りできる。

タナの取りなおしが、ヒラメに好アピールとなることが多い。

アタリが遠いときは、一度仕掛けを回収し再投入するか、底上10mほどまで上げてから底ダチを取り直してみよう。

フォールしてきたエサにヒラメが飛びつくこともあるのでやってみてほしい。

宝庫健在!相馬沖大ビラメ!釣行レポート

50㎝以下はリリース規定 狙うは80! 90! 大ビラメ!!

早アワセは厳禁。十分に食い込んでから巻き上げ開始!だが、高ダナで待つと大型がイワシを一気に丸呑みして底へ走るのでアタリは強烈な引きとして出る

タモ入れは緊張する作業。釣り手はヒラメを静かにタモ網のなかへ誘導しよう

宝庫健在!良型は高ダナ設定!

こんな良型が高確率で釣れる!

相馬沖初チャレンジの所沢市の坂口さん。良型ばかりでこの釣果。前半不振も後半のみでこれだけの結果をタタキ出すことができるポテンシャルが非常に高いフィールドだ

雨にも負けずヒラメは高活性

80㎝近い大ビラメ!

これも80㎝級!

こちらも80㎝オーバー!

70㎝級が小さく感じてしまう

魚を扱うのにフィッシュグリップは必携

相馬市内で居酒屋「夢酒 三四郎」を営む安田さんの釣果「普段はこれよりもっと釣れるんだよ!」とのこと。これでいつもの釣果の半分という

乗船前はこの「まつかわ釣具店」で受付を。必要なものを購入しよう

船内には仮眠がとれるキャビンあり

今回、取材にご協力いただいたのは、福島・相馬港「賀都屋 明神丸」

東北エリアNo1のヒラメポ イントといっても過言ではない今期の福島県相馬沖。

昨年同様、秋の大ビラメ祭りが開催中だ。

「今年はエサのマイワシの仕入れが難しくて9月中は苦戦したときもありましたが、エサの問題も解決して順調に大ビラメがあがってます。50㎝以下のヒラメはリリースしてください」とは、相馬港「明神丸」の佐藤正明船長の弁。

おだやかな性格とはうらはらにポ イントでの操船はアグレッシブ。

的確にヒラメの群れの上に船を乗せてくれる。

船長の言葉のとおり、この海域では50㎝以下のヒラメはリリースはルール。

釣り座に置いてあるちょうど50㎝のベニヤ板で長さ計りそれよ り小さいときは即、海へ帰そう。

「とにかくデ カイのを狙いたい人は高ダナでやってみてください」とアドバイスする佐藤船長。

当日は台風前のウネリと雨の悪条件下にも関わらず、大ビラメの活性は上々。

トップ釣果を得た釣り人は軽くツ抜けを達成していた。

「つり丸」を見て東北ビラメにはまったという所沢市の坂口さんは、持ち前のテクニックを駆使して良型ばかり82㎝を頭に10枚キャッチ。

「ウワサどおりですね。わざわざここまで来た甲斐がありました」と大満足。

例年だと11月いっぱいがシーズン。

早めの予約と釣行をオススメする。

以上の記事は「つり丸」2019年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」(主催:大阪釣具協同組合)が2020年2月8日(土)、9日(日)の2日間、インテックス大阪6号館A・Bゾーン・3号館・4号館で開催される。
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読