MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿児島県“秘境”トカラ列島!泳がせ釣りで夢サイズカンパチ!

鹿児島県“秘境”トカラ列島!泳がせ釣りで夢サイズカンパチ!

大物を釣りたい――。そんな釣り人の夢を叶えてくれる海が、“秘境”と呼ばれる鹿児島県トカラ列島近海エリアだ。9月下旬の釣行では、実質二日間で本命カンパチはなんと40㎏超1本&30㎏超2本&20㎏超数本!

20〜40kgオーバー続々ヒット!鹿児島県“秘境”トカラ列島 泳がせカンパチ釣行レポート

一生に一度の大物を釣るべく組まれたタックル。少しのミスも許されない

ハリスは80号。絶対的な信用のある物しか使わない

強烈な大型カンパチの引きに耐える金本さん。金本さんいわく「カンパチは根魚と同じ」。もの凄いスピードで根に行こうとするのを止める!

壮絶な戦いを制した金本さんの表情は、安堵なのか、それともまだ納得がいかないのか…

大型カンパチを無事ランディングし、船長と握手。船長も釣り人に夢のサイズを釣らせるべく常に真剣勝負。だから釣ってもらえれば嬉しいのだ

夢サイズの大物を求め遠征釣行を繰り返す、ロッドメーカー剛樹のテスター・金本俊哉さん。30kgオーバーカンパチの顔は迫力満点だ!

20㎏オーバー!!

ゆうに20㎏を超えるカンパチ。体色は青物というよりは根魚だ

こちらは20㎏を超えるヒレナガカンパチ

30kgオーバー!!

美しい魚体の30kgオーバー。このサイズが出れば十分満足だ

40kgオーバー!!

本釣行最大となった船長認定40kgオーバー!数々のハリスを切り、自らの体も傷つけて生きて来たのだろう。口は変形していた。エラからはハリスも出ていた。もはや“野獣”だ

電動スタンディングの際は注意が必要。レバー入れっぱなしは釣り人の意思にかかわらず巻き上げるので、突っ込まれたときに危険だ

ウインチで頑張る古海さん/ドラグ設定はしっかりとしておこう

釣行はかなりよい釣果に恵まれた。15〜20kgオーバーは数知れず。多くの魚をリリースした

今回の釣行では数多くの魚をリリースした。秘境と呼ばれるトカラでも、魚は穫れば減る。末永く釣りが楽しめるよう、必要以上の魚はキープしないという心がけ、気持ちが重要だ

定番ゲストのイソマグロ。電動ガチ締めウインチファイトですんなり上がってしまった。最新の電動リールは本当に強い

大物を釣りたい――。
釣り人なら、きっと一度はそんな憧れを抱くに違いない。

そんな釣り人の夢を叶えてくれる海が、“秘境”と呼ばれる鹿児島県トカラ列島近海のエリアだ。

「この海は、次にヒットする魚が一生に一度のメモリアルな魚になるかもしれない。そんな夢のある場所です」

そう話すのは、ロッドメーカー・剛樹のテスターを務める金本俊哉さんだ。

実際、9月下旬に行われた金本さんたちの釣行では、実質二日間の釣りで本命のカンパチはなんと40㎏オーバー1本、30㎏オーバー2本、20㎏オーバー数本、リリース多数という素晴らしい釣果に恵まれた。

「この海では、漁師が100㎏オーバーのカンパチを上げたという話も聞いています。そんなサイズの魚を釣るまで、ここに通い続けます」

このときの釣行のスケジュールや実釣模様などは、次回「つり丸」の「剛樹アルティメットフィッシング(極釣)」で紹介します。

お楽しみに!

以上の記事は「つり丸」2019年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読