MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激釣!120cm超え!東京湾タチウオはテンヤ&テンビン仕掛け!

激釣!120cm超え!東京湾タチウオはテンヤ&テンビン仕掛け!

東京湾の人気ターゲットタチウオ!この時期、50隻を超える船が集結した船団は圧巻の光景だ。今後は、やや深場も視野に入れドラゴンサイズも期待できる。釣り方は、テンビン仕掛け、テンヤ、ジギングもOKだ。

秋風と共に大型の季節へ テンビン釣りもいいけど テンヤならさらに大物も!?

大型の期待高まる 秋冬シーズン到来

秋冬シーズンを迎えた東京湾のタチウオ。

夏場の超浅場から、徐々に深場にポイントを移しながら大型が狙えるようになる季節だ。

東京湾で一般的なテンビン仕掛けで狙うのもいいが、今回筆者はタチウオテンヤで楽しんできた。

ここではテンビン仕掛け、そしてテンヤの釣り方をご紹介したい。

まずはテンビンの釣り。
竿は1.7~2m前後で使用オモリを背負って七三調子になるものがよく、専用竿も数多く発売されている。

リールは水深のある場合は小型電動がおすすめだが、手巻きの小型両軸でも問題ない。

道糸はPE1.5~2号で、200m程度は巻いておく。

オモリは30~80号の各種を用意しておきたい。

タチウオのタナは水深20mから100mと状況によって大きく変わるためだ。

ただし、中心になるのは主に60号と80号だ。

気をつけたいのは、PE2号以下なら60号、3号なら80号などとP Eの号数によってオモリ指定が変わる場合があるので船宿H Pや電話で事前に確認しておくとよい。

仕掛けは1本バリで、ハリスは6〜8号2mが標準となる。

テンビンは腕長30㎝。

ハリはタチウオ専用#1/0~#3/0で、基準は#2/0だが、小型が多いときは#1/0、大型がまじりハリス切れが多発するときは#3/0など状況によって変える。

ハリのサイズによって掛かりの善し悪しがかなり変わる場合もある。

仕掛けはシンプルかつ、アピール度の高いものがおすすめ/テンビン釣りでは、オモリは30~80号まで用意しておきたい/テンビン仕掛けのエサはサバの切り身が船で配られる

エサ付けとタナ取り シャクリも大切

タチウオ釣りで気をつけたいのがエサ付け。

エサはサバやコノシロの切り身で、たいてい船宿で用意してくれている。

切り身の中央に3回縫い刺しするが、とにかくできるだけエサのセンターにハリを真っすぐ刺すこと。

また、最初に刺す場所もできるだけ端にする。

エサ付けは非常に重要なので、焦らず丁寧に行おう。

エサの付け方が悪いとアタリの回数が極端に減る。

投入でエサが沈んでいく時に、エサがクルクルと回ってしまうようなら、まず食わない。

そんなときは面倒くさがらずに必ず付け直そう。

船長が出船前にエサ付けのレクチャーをしてくれる場合もある。

タチウオ釣りは、タナの釣り。
船長がアナウンスするタナを聞き逃さずに、そのタナをしっかり狙うことが大切だ。

例えば「タナは40~50m、水深は60m」といった指示が出たときは、上からタナ取りして50mまで沈め、誘いながら探ってくる。

上が40mなら、35mなど少し上げてもかまわないが、指示ダナの下へは落とさないこと。

タチウオがエサを追って沈んでしまい、タナがボケることがあるからだ。

その逆に、タチウオが長く追ってくるときは、指示ダナより上まで探ることを意識すると得することがある。

タナ取りはリールのカウンターではなく糸の色で見るのが基本。

指示ダナの中でよくアタる水深があるので、指示ダナの幅が10mだとしてもアタリがあった水深を1~2m単位で意識しておこう。

たくさん釣る人は、その時にアタリが多いタナを効率的に攻めている。

タチウオの釣果は誘い方で大きく変わる。

まず、ロッドを下向きに構えるのが基本姿勢となる。

その状態から軽くシャクリ上げてポーズ、次に竿先を下げながらリールを巻く。

この一連の動作が誘いの基本だが、シャクリ上げる幅やスピード、ポーズの長さ、巻き上げの長さなどは様々試してやる。

巻き上げはハンドルを1/2回転を基準として、食わないようなら1/4回転と巻き取る幅を小さくし、場合によっては1/8回転など非常に細かくするのも有効。

逆に、下に向けた竿先が水平になるくらいまで大きくシャクリ上げる誘いが有効になることもある。

初めてタチウオ釣りをするような人が連発しているときなどはこのパターンであることが多い。

ポーズの時間も食いに合わせて長短試してみよう。

ジギング的にワンピッチで連続的に上げていくのもいい。

ハンドル回転も1/4程度とショートピッチで細かくすると面白い。

不精な誘い方としては電動スロー巻きというのもある。

これは沼津の夜タチでよく使われる方法だが、置き竿にして昼ご飯を食べながらできるので便利だし、意外?と釣れてしまうことがある。

また、マルイカ釣りのような「叩き」が効くこともある。

だいたいのタナがつかめているが、なかなか食わない時やアタっても食い込まない時に試してみるといい。

どんな誘いの場合でも共通するのは「即アワセはしない」こと。

タチウオがガツガツとアタってきても、ハリ掛かりするまでそのまま誘い続けること。

それができるかどうかで、かなり釣果に差が出る。

アワセどころは、ガツガツとアタリが出たあと、グググッと重みを増したときだ。

仮に一度アワせ損ねても、そのまま誘い続けると再びアタることも多いので、シャクリを繰り返そう。

タチウオでは、この誘い方が絶対というものはない。

その日その時にアタる誘いパターンを見つけることがとても大事。

よく釣っている人の誘いを観察するのもひとつの手だ。

大型が狙えるオテンヤ釣り ゲーム性も高い関西発釣法

まず、テンヤとは何か?
簡単に言えばオモリにハリを鋳込んだものがテンヤで、関東の船釣りではマダイのひとつテンヤやスミイカテンヤ、タコテンヤなどがお馴染みのものだ。

関東ではまだあまり行われていないがタチウオでもテンヤ釣りがあり、関西ではテンビンではなくテンヤが主流だ。

仕掛けは他のテンヤ釣り同様に道糸の先にテンヤを付けるだけと、とてもシンプルだ。

このテンヤ釣り最大の魅力は、釣れるタチウオのサイズが大きいことだ。

今回の取材でも、テンヤでは明らかに大きいタチウオが釣れていた。

テンビン釣りではほとんどサイズを選べないが、テンヤを使うと大型の狙い撃ちができるのだ。

テンビン釣り同様に、誘いのパターンで大きく釣果が変わるゲーム性の高さもあり、関東でももっと広まってほしい釣り方なのだ!

テンヤ釣りの竿は、張りがあるものならテンビン仕掛け用の竿を流用することでもできるが、やはり専用ロッドのほうが断然やりやすい。

最近の主流は、九一調子のカワハギ竿のように穂先部分だけ曲がる極先調子。

長さは1.8~1.9m。

電動スローの誘いで使われる七三調子で曲がりこむ「乗せ調子」と言われるアクションを好む人もいる。

この場合は2mを超える少し長めの竿になる。

さらにこの両者の中間となる八二調子など、誘い方や好みで様々な調子のものがある。

最初の1本としては、中間的な八二調子が無難だと言える。

リールとラインはテンビンの釣り同様。

小型電動リールにPEライン1.5~2号を200m巻いておく。

P Eの先にはリーダーとしてフロロカーボン8号を2mセットする。

本場関西の場合、タチウオテンヤは40号がベーシックだが、東京湾ではテンビンの人とのオマツリをできるだけ避けるため、50号も用意したほうがいい。

潮の速さによっては60号があればベター。

テンヤは、各社から様々なタイプが販売されている。

魚の頭のような形状のものが多いが、丸型形状もある。丸形は沈むのが早いというメリットがある。

最近は、かなりカラーバリエーションも多くなり、どれにするか悩んでしまう。

しかし、最初から何色も使い分けることを考えなくてもいい。

ひとつだけ強く意識しておきたいのがグロー(夜光)か、グローではないかという点。

最低「グロー系」と「そうではないカラー」の2つは用意しておこう。

テンヤで使うエサは冷凍イワシで、丸々1匹付ける。

関西では船で用意している場合が多いが、関東では船宿でイワシは用意していない場合が多い。

つまり自分で買って持っていかないといけないわけだ。

釣具店には冷凍イワシが売っているので、それを必要と思われる分だけ買っていこう。

魚屋の生イワシでもいいが値段が高くサイズも大きすぎる場合がある。

そしてテンヤにイワシをセットする。

たいていはテンヤにはワイヤーがセットされていて、そのワイヤーでイワシをグルグル巻きつけて付ける。

イワシのお腹は柔らかいので、硬い頭のほうを固く巻き付け、お腹は食い込み過ぎない程度に緩めに巻き付ける。

ワイヤーが長すぎる場合は、少しカットして使う。

イワシをセットするときに最も重要なのは、まっすぐ付けること。

上から見てイワシが斜めになってしまわないように丁寧に付けよう。

使っているうちにズレてしまったら付け直す。

テンヤでもテンビン釣り同様タナは最も重要。

基本的な考え方はテンビンと同様。

ましてやテンビンと同船することを前提とする東京湾では、オマツリ防止の意味でもタナはテンビンと同様で攻める。

そして、気になる誘い方。基本とするのは4パターン。

①チャッチャッと2回シャクって止める(ジャーク)

②シャクらずにリール2回転で止める(ストップ&ゴー)

③電動スロー巻き

④ロッドを上下する(リフト&フォール)だ。

アタリはコツコツという感じ。
テンヤにダイレクトに食い付いてくるのでアタリは比較的明確に現れる。

テンビン同様に即アワセはせずにグッと重みが乗るまで誘いを止めない。

また、アタリが出て乗らなくても誘い続ける。

しばらくの間はタチウオが追ってきていることが多く、誘い続けることで再びアタリを出すことができる。

グッと大きく引き込まれた時がアワセ時、アワせた瞬間に強烈な引きと重量感が伝わってくる。

また、テンヤの釣りで特徴的なのは竿先がフッと上がる「食い上げ」のアタリが多いこと。

この場合はアタリが出たらリールを数回転巻いてやるとフッキングする。

テンヤの場合も、どの誘いが有効かを探ることが重要。

アタリが出ないときは意識的に違う誘いをして、ヒットパターンを見つけよう。

これがタチウオテンヤの釣りの楽しい点であり、だからこそゲーム性が高いのだ!

金沢漁港「鴨下丸」ではタチウオテンヤの釣りもOK/テンヤ釣りの場合はエサのイワシを持参しよう

テンビン仕掛け&テンヤ!!東京湾タチウオ釣行レポート

テンヤにヒット!テンビン仕掛けの釣りも楽しいが、テンヤ釣りのドスン!と乗せる感覚も格別。楽しい~!!

秋冬シーズンに突入した東京湾のタチウオ。そろそろ大型狙いがもしろい時期。比較的大型が狙えるテンヤタチウオもおもしろい!入稲福さんは東京湾でのテンヤタチウオのエキスパート。大型をキャッチ!

「鴨下丸」はショート乗合で出船中で、このところメーターオーバー、さらには120㎝オーバーまじりでトップ15~20本前後の日が多い

シーズンも半ばとなり指5本クラスも増えてきた

この日はテンビン仕掛けとテンヤが半々ぐらいだったが、どちらも好調で大型が数まじった

筆者もテンヤで大型キャッチ。「テンヤを一度体験したらハマっちゃいますよ!!」

大型は脂が乗ってとっても美味!刺身、炙り、塩焼き、ソテーなど、料理も楽しみ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「鴨下丸」

夏から冬にかけての東京湾の人気ターゲットのひとつ、タチウオ。

ゆうに50隻を超える釣り船が集結した船団はいつ見ても圧巻の光景だ。
 
釣れているときは週末ともなれば大きな船団ができ、満船の船も多く見られる。

釣り人の数は1000人近いのではないだろうか。
 
船団を見渡すとオレンジ色のレンタルライフジャケットを着たビギナーも多い。

そう、タチウオは船釣りをあまりやったことがない人でも釣りやすい魚だ。
 
その反面、いわゆる「手が合わない」状態になると、何をやってもハリ掛かりさせられない状態に陥ることもあり、ベテラン釣り師をも熱くさせる。

入り口は広いけど奥は深いのがタチウオ釣り。
 
釣り方も、ポピュラーなテンビン仕掛けに加え、メタルジグでのジギングも人気だ。
 
さらに、最近では、もともと関西で人気があったタチウオテンヤを使った釣りができる船宿も増えてきており、その楽しみ方も多彩なものがある。
 
夏の浅場の釣りもおもしろいが、これからは、やや深場も視野に入れ大型のドラゴンサイズも期待できる季節。

オーソドックスなテンビン釣りはもちろん、テンヤもとても面白いので、それぞれのスタイルで楽しんでみては!

以上の記事は「つり丸」2019年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」(主催:大阪釣具協同組合)が2020年2月8日(土)、9日(日)の2日間、インテックス大阪6号館A・Bゾーン・3号館・4号館で開催される。
ツムブリとは、スズキ目ハタ科マハタ属で、全世界の温帯域から熱帯域の表層を回遊している。国内では青森県以南に生息している。ブリに似た形で、身に赤みがある。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
太田屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読