開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


開幕から良型主体に好調! 白子はまだだが、今は身の旨さも魅力

やったぜ、ダブルだっ! 年末までシーズンは続く、今後は白子も楽しみ。

筆者のタックルは竿が「アルファタックル・ディープインパクト TERUスタイル RT‐I」リールが「ミヤエポック・コマンド AC‐5SC」。オモリは350号。

いいポイントに入ると、第1信、2信、3信と、次々とマダラが掛かってくることを竿先が伝えてくれる。思わずニンマリしてしまう瞬間だ。

エサはサンマのタンザクと、肝付きゲソの半割り。

仕掛けを手繰り上げると、ズッシリとした重量感。良型のマダラが次々と海面に姿を現す、ウレシイ瞬間だ。

トリプル! これだけでもお土産十分。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・平潟港「第十五隆栄丸」。

今シーズンも開幕した茨城県平潟港「第十五隆栄丸」のマダラ乗合。
8月中旬時点では8~10㎏の「ビッグワン」はまだ姿を見せていないが、連日2~6㎏級がメヌケまじりで上がり、順調な釣果を見せている。これなら今期も期待充分。
元より夏場は「数より型」&「白子より身肉」の季節。大型が多く、強いアタリと強烈な引きが楽しめる時期が今なのだ。
また、船長のアドバイスを確実に実行すれば入門者でも十分な成果が期待できるのがこの釣り。セオリー通りに攻めれば、ビギナーでも大型多点掛けは夢ではない。
「夏は身肉」に間違いはなく、その身の味はバツグン。
また、既に白子が膨らみ始めた早熟な個体もまじり、運が良ければ冬場より濃厚な味の「白子」が楽しめる可能性もあり、だ。
取材当日はかなりのバットコンディションの中、終盤数投入のマダラ狙いとなったが、「沈船」を確実に攻略したメンバーは充分な釣果を手にすることが叶った。
平潟沖マダラは秋以降「型より数」、「白子の魅力」にシフトしつつ、釣期は年内いっぱい続く。
開幕初期の大型狙い、そして、その身自体の味を楽しんでみては。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

水深250mの海底に仕掛けが届いた途端、「食った!」「こっちも来たぞ!」糸フケを取る間もなく深海竿を叩く派手なアタリにあちこちから声が上がる。


15kg級の超大型も出る! 岩手・綾里沖の高級魚マダラ(第八荒神丸)

15kg級の超大型も出る! 岩手・綾里沖の高級魚マダラ(第八荒神丸)

「サンマを使わないんですか?」怪訝な顔の同行者に笑顔でうなづき、すべてのハリに「スーパーイカタンMEGA」を配し、綾里沖のマダラに挑む。


 平潟沖のメヌケは良型数釣りの期待充分!【平潟沖】

 平潟沖のメヌケは良型数釣りの期待充分!【平潟沖】

2~5㎏級のメヌケの好ポイントが広く点在する、北茨城平潟沖。水深400~500m前後のポイントには正真正銘の「バラメヌケ」 と「アコウダイ」が混棲し、さらに十数キロ以上に成長する最大種、「ヒレグロメヌケ」の存在も確認済だ。これらメヌケの仲間が多彩に釣れるのが、平潟沖の特徴だ。


良型根魚連発! 引き味抜群! 平潟沖のマゾイ五目【北茨城・平潟沖】

良型根魚連発! 引き味抜群! 平潟沖のマゾイ五目【北茨城・平潟沖】

平潟沖では、マゾイ、メバル、アイナメなどをメインに狙う「マゾイ五目」で年明けから本格的に出船している。


上質白子入り大型マダラ釣り開幕中!【福島県・小名浜沖】

上質白子入り大型マダラ釣り開幕中!【福島県・小名浜沖】

今シーズン最終章だが、まだ釣れる。この世で一番美味いものの一つである白子がたっぷりの大型マダラ! 泳がせ&キハダタックルの流用で、意外と入門のハードルは低いぞ。さぁ、極上のミルキーを求めて、海へ出よう。


最新の投稿


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

関東でいち早く解禁し、開幕ラッシュを決めた飯岡沖のヒラメが、3ヵ月が経とうとしている現在も好調をキープ! ほぼ船中ボウズなしで帰港する日が続いている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読