MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。

開幕から良型主体に好調! 白子はまだだが、今は身の旨さも魅力

やったぜ、ダブルだっ! 年末までシーズンは続く、今後は白子も楽しみ。

筆者のタックルは竿が「アルファタックル・ディープインパクト TERUスタイル RT‐I」リールが「ミヤエポック・コマンド AC‐5SC」。オモリは350号。

いいポイントに入ると、第1信、2信、3信と、次々とマダラが掛かってくることを竿先が伝えてくれる。思わずニンマリしてしまう瞬間だ。

エサはサンマのタンザクと、肝付きゲソの半割り。

仕掛けを手繰り上げると、ズッシリとした重量感。良型のマダラが次々と海面に姿を現す、ウレシイ瞬間だ。

トリプル! これだけでもお土産十分。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・平潟港「第十五隆栄丸」。

今シーズンも開幕した茨城県平潟港「第十五隆栄丸」のマダラ乗合。
8月中旬時点では8~10㎏の「ビッグワン」はまだ姿を見せていないが、連日2~6㎏級がメヌケまじりで上がり、順調な釣果を見せている。これなら今期も期待充分。
元より夏場は「数より型」&「白子より身肉」の季節。大型が多く、強いアタリと強烈な引きが楽しめる時期が今なのだ。
また、船長のアドバイスを確実に実行すれば入門者でも十分な成果が期待できるのがこの釣り。セオリー通りに攻めれば、ビギナーでも大型多点掛けは夢ではない。
「夏は身肉」に間違いはなく、その身の味はバツグン。
また、既に白子が膨らみ始めた早熟な個体もまじり、運が良ければ冬場より濃厚な味の「白子」が楽しめる可能性もあり、だ。
取材当日はかなりのバットコンディションの中、終盤数投入のマダラ狙いとなったが、「沈船」を確実に攻略したメンバーは充分な釣果を手にすることが叶った。
平潟沖マダラは秋以降「型より数」、「白子の魅力」にシフトしつつ、釣期は年内いっぱい続く。
開幕初期の大型狙い、そして、その身自体の味を楽しんでみては。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
南房エリアは秋から春までロングランでヤリイカ釣りが楽しめるエリア。ヤリイカを狙って出船中の乙浜「信栄丸」では大型まじりで好調をキープ。大型ヤリイカシーズン本番。パラソル級の多点掛けを体感しよう!
多くの魚種を一緒に釣ってしまおう!鴨川江見沖では通常の概念を覆す五目釣りがあると聞く。同じタックルと仕掛けで多魚種が狙える!五目以上の魚種が顔を出す夢の釣りだ!
最新記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
スーパーライトジギングのエントリーモデル「ヴェデル SLJ エアポータブル(マルチピース)」
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
餌木のロングキャストが可能な摩擦抵抗軽減PEライン「SМ PE エギスタ×8」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読