MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾 木更津沖 江戸前の粋なハゼ釣り!連日束超え!大満足!

東京湾 木更津沖 江戸前の粋なハゼ釣り!連日束超え!大満足!

アタリが頻繁、数もまとまり、食べれば超美味!東京湾のハゼが、連日、束超えを記録!ビギナーでも20や30匹は軽く釣れる。しっかり釣り方を覚えて、江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!

簡単ながらも、実は奥深い! 江戸前の粋なハゼ釣り モタレを捉えて束越えを目指そう

今期も数釣りOK!ポイントは木更津沖

季節はまさに、食欲の秋本番!ってことで、我々アングラーは美味しい魚を求めて、あちこち釣りに出掛けているが、超オススメのターゲットを発見したので、ここで爆釣法まで紹介しよう。

その魚とは、いまや釣って食べるしか手に入らないと言っても過言ではない高級魚・江戸前のハゼだ。

ハゼと言えば、河口のチョイ投げでもボチボチ釣れるお手軽ターゲットだが、沖釣りは、その爆発力が違ってくる。

船長が持つ、数あるポイントの中から最適な場所をセレクト。数はもちろん、型まで期待できるのだ。

「そうさな、例年に比べっと、幾分ちーせい気もするが、出船すれば一束超え(100匹)するお客さんが何人もいて、中には二束超えしたなんて声も聞こえっから、十分、楽しめるんじゃねえかな。型は端(型)の良い天ぷらサイズもまじっから、じきに本格化するハズ。そうすりゃ、引き味も加わってホントに楽しく釣れっからさ」と、気風の良い江戸弁で今後の見通しまで話してくれたのが、

江戸前の粋なハゼ釣りを踏襲する東京下町・深川の老舗船宿「冨士見」の斎藤正雄さんで、今回、お世話になった船長だ。

ちなみに斎藤船長は、ハゼ釣り界のレジェンド。

教え方もピカイチとのことで、今回のナビゲーターにもなっていただきました。

本来なら深川周辺沖で釣れる時期も、今期は群れの固まりが悪いため、木更津沖・昔あったフェリー「川崎木更津船」の港内および航路周りで釣りを行っているとのこと。

なお水深は浅場の4~5mだそうだ。

手バネ竿がオススメも リール竿でも楽しめる

ハゼ釣りで狙う水深は、厳顔期の深場でも10mくらい(船釣りでは浅場と呼べる)が最深となる。

そのため使用するタックルは、リールシートの付いていない昔ながらの軽い竹の手バネ竿(魚を弾かないよう竿先のみグラスに加工)を「冨士見」では使用。

お客さんにもレンタルを推奨している。

「昔っからの釣りのスタイルにコダワッてんじゃなく、それが一番良いから使ってるだけでさ。ほら、余分なもんが付いてなきゃ軽くなるだろ。軽さは感度に直結するんで、小型魚のハゼのアタリなんかを取るのに適してるんだよね。それに、今の水深ならリールのクラッチをガチャガチャしてる前に、スルスルッと仕掛けを落とし込めるし、取り込みもサササっと素早くできっからさ。

手返し良く釣れるってワケよ」と斎藤船長が笑顔で補足を入れてくれた。

「冨士見」の仕掛けには、つまみ糸が付けられているが、これは回収の目安と根掛かりで切れても良いようにとの配慮からだそう。

「サササッと回収すると勢いでハリまで掴んじゃうんで、危ねえからさ。

つまみ糸に続くヨリモドシまで来たら回収終了と覚えて扱ってみて。

で、体感したことない人は、ぜひともレンタルで試してみて」とのことだ。

もちろんリール竿で釣りたいっていうお客さんもウエルカムの「冨士見」。

その場合のオススメタックルと手バネ竿での道糸やハリス、オモリなどの号数は、仕掛け図に紹介してある通りなので参考にして下さい! 

1本掛けのエサはNG タラシ2㎝で勝負!

ハゼ釣りに使うエサはアオイソメ。

その昔はゴカイも使われたが、今は獲れなく使用している船宿はほとんどない。

付け方は、チョン掛けで良いが、最初は必ず口から刺すことを斎藤船長は推奨している。

「時合ともなると、それこそ次々と食ってくるのがハゼの面白い所なんだけど、そんな時、いちいちエサを付け替えていたららちが明かないからさ。堅い口にハリを刺せば、そう簡単には食いとられないんで、推奨してんだよね」と教えてくれた。

また、エサの長さも、丸ごとの一本掛けはNGだと言う。

「長いとアタリがあってもハリ掛かりしないことが多くてね。経験上タラシは2㎝。パクッと吸い込ませて釣るイメージかな。そのためにもハリ先を必ずエサから出しておくことが肝心だと、ビギナーにも教える時に伝えてるよ」。

その他、斎藤船長が〝滑らないエサの持ち方〟など、ハゼ釣りに役立つ技を教えたくれたので、イラストを見て覚えておくこと!

エサはイソメを使い、軽い仕掛けで挑む。「冨士見」には、今釣れているハゼのサイズに合ったハリス付きのハリを乗船者に配る嬉しいサービスがある

仕掛けを小突いて 誘って食わせる!

この釣りはビギナーでも教えた通りに釣ってくれれば、20~30匹は簡単に釣れると斎藤船長は言う。

「根本的にハゼの生息域は底べったりなんで、底を中心とした釣り=つまりエサを底まで届ける釣りを展開すりゃ良いワケなんだよね。で、この時期は水深も浅く、底が取れないなんてこともないんで釣れるって言ったまででさ」。

具体的な釣り方は、イラストで紹介した通りで、まずは船長がアナウンスする水深に届く分だけ、手バネ竿の糸巻き部から道糸をほどくように足元へ出し、続いてエサを付けた仕掛けを投入する。

「ハゼって、ちーせえ魚だけど、結構、アタリを明確に出すからね。ウチの手バネ竿なら、より分かるんだけど、そのアタリを取るのも道糸がフケてたんじゃ話にならないんで、オモリが海底に着くか否かの底トントンの状態で道糸をピンと張るように長さを調節(道糸を糸巻きに収めたり、竿を構える位置をズラすなどして)して欲しいんだよね」と話した。

好奇心旺盛なハゼが多い場合や高活性時は、そのままのタナでアタリが来るが、やっぱり誘いを入れた方が、魚も寄って釣果もあがる。

「誘いの基本は、オモリで海底をコツコツと軽く叩く、小突きになるよね。そうさな、小突く幅はオモリ1個分の上下動って覚えておいて」とのこと。

この釣りは、仕掛けを大きく動かすと逆効果で、ハゼがエサを追いかけられなくなるそうだ。

ちなみに、小突きのメリットは他にもある。

「アタリを出す意味もあるんだよね。ハゼって魚は、エサを咥えると泳がずその場にステイしてじっと食べるんで、オモリを止めたままだとアタリが分かんないんだよね。それを回避する上でも小突きは重要なんだ」と説明してくれた。

モタレが分かると 釣果が倍増する!

タックルも軽く、カンタンに釣れるこの時期のハゼ釣りは、入門者はもちろん、ビギナーや女性、チビッ子でも楽しめる。

ただし人より多く釣るとなると、それなりにテクニックが必要で、そこにハマるファンが実に多い。

「数を伸ばすには、いろいろな技があるんだけど、最初に身に付けたいのは、やっぱり〝モタレ〟取りになるかな。さっきもちょっと触れたけど、ハゼは明確なアタリを出すには出すんだけど、実はその時はエサを吐き出すタイミングでもあるんだよね。だからアワセ損ねるケースもあってさ。モタレってのは、その前に出る僅かなアタリのことで、竿先を気持ち押さえ込んだり、左右にブラしたりするんだけど、これを捉えて掛けるには、ちと時間が掛かるよね。ま、ビギナーの練習法としては、違和感を捉えたら、とにかくアワセを入れるコト。これに尽きるかな」と解説してくれた。

食わない時はエサを 大きくするのもアリ

イージーに釣れるハゼとはいえ、食い渋ることも当然ある。

そんな時の対処法も紹介しておこう。

「オレは、エサにボリュームを出してアピール度を高めることをよくやるかな。長くするのはよくないが、太さを出すのは効果があったからね。ま、それも限度があって、2~3本が限界だけどね」と斎藤船長がアドバイスをくれた。

エサについての興味深い話が、実はもう一つある。

「一度ハゼが食ったエサは美味しい証拠で、残しておいた方が、その後の食いが良いんで、オレは、いつでもエサを付け足して釣りを行っているんだ」と教えてくれ、取材時にもそれを実戦。

確かに周りより食いが続いていたので、ぜひ、お試し下さい。

最後に、魚を掛けた後の取り込みについてだが、こちらはとにかく両手を使える状態にして挑むこと。

手繰り寄せは、闇雲に足元に入れるのではなく、絡まりにくいよう円を描くように落とし、道糸の重なりも、ゆとりを持つようにしよう。

最初に竿掛けのラインストッパーに道糸を引っかけると、やりやすいので癖を付けること。

現状は、釣果が急上昇中。

アタリも活発で楽しく釣り続けられるので、思う存分釣って、美味しい江戸前のハゼを堪能しましょう!!

ビギナーでも数釣りを楽しめる!江戸前ハゼ釣行レポート

東京湾の秋の風物詩!江戸前ハゼ釣り

現状のハゼのサイズは10㎝前後が中心も、ご覧のような15㎝オーバーの良型もまじる

気の合う仲間とのんびり和気藹々と釣りを楽しむ。この日は、そんなお客さん達が多かった

タックルは江戸前の釣りを象徴する手バネ竿を使う人が多く、貸し竿も手バネだ

取材日の竿頭は堂々の一束超え。一袋50匹で合計150匹。「ちょっとシビアな時間帯もあったからね。いつもなら2束は釣るんだけどさ」と苦笑いした

初挑戦の女性もご覧の釣果。空揚げにして、余ったら南蛮漬けにするそうです

ヒットがコンスタントに続く!!

ビギナーに分かりやすく釣り方を説明する斎藤船長。「冨士見」では、馴染みのシーンだ

今期は猛暑の影響で、ハゼが浮いて(死んで)少ないと船長は言うが、取材日は、開始早々からヒットの声が掛かり、終日、楽しめた

「小さな魚体でも、しっかり抵抗し、小気味良い引き味を楽しませてくれますよね」と常連さん

今後は若干、水深が深くなるが、型が良くなる

こちらもナイスサイズの16㎝

こちらも初釣行のマダム二人組。「船長の教え通りにやったら釣れて、晩御飯が楽しみ。それとこの感覚は癖になりますね」とのこと

ゲストも賑やか!

イシモチ・アジ・シロギス
アオイソメを使いボトムを攻めるので、同様の釣り方をするイシモチやシロギス、アジなどが掛かる

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」

アタリが頻繁にあって、数もまとまり、食べれば超デリシャス!

 楽しく釣るための三大要素を持つ、東京湾のハゼが秋本番を迎え、連日、束超えの好釣果を記録している。

「そうさな、今のところ、例年に比べっと幾分ちーせい気もするが、型の良い天ぷらサイズもまじっから、じきに本格化するハズ。そうすりゃ、引き味も加わって本当に楽しく釣れっからさ」と、チャッキチャキの江戸弁で今後の予想まで語ってくれたのが、東京下町・深川にある老舗船宿「冨士見」の斎藤正雄船長だ。

本来ならこの時期は、深川沖周辺で釣りができると言うが、群れの固まりが悪いので、鉄板ポイン トが多くある木更津沖まで走っているとのこと。

「この釣りはビギナーでも教えた通りに釣ってくれりゃ、20や30匹は軽く釣れっけど、1束(100匹)を超える釣果となると、それなりのテクが必要で奥も深いからさ」とニヤリと笑う斎藤船長。

とにかく明確なアタリが出る前の竿先に生じる違和感〝モタレ〟を捉えてアワセることが数を伸ばすコツだと言う。

現在、攻めている水深は4~5mの浅場で釣りやすく、入門するにも最適。

しっかり釣り方を覚えて、今や高級品となった江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!

以上の記事は「つり丸」2019年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
手軽に楽しめる東京湾・横浜沖のLTアジが好調!新山下「渡辺釣船店」では、船着き場から10分もかからないという近さで、半日トップ60匹台という好釣果を記録する日が目立っている。是非チャレンジしてみよう!
今年の八丈島は、ムロアジの泳がせ釣りでカンパチが絶好調に釣れている!大型カンパチはヒット直後のトルクが強烈だ。年内はカンパチの豊漁が望める。スタンディングファイトで豪快やり取りを満喫しよう!
葉山沖のコマセマダイが、イナダ&ワラサ、カンパチなど青物まじりで楽しめている。注意したいのが仕掛けだ。ワラサは中型サイズでも引きは強い。青物に対応できるような仕掛けで臨むことが大事だ。
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」(主催:日本釣用品工業会)が2020年1月17日(金)~19日(日)の3日間、みなとみらい・パシフィコ横浜展示ホールで開催される。
松栄丸(布良)の釣果情報を掲載
格的な冬を前にした晩秋のコマセ釣りは、多彩な魚種がまじっておもしろい。11月中旬、片貝旧港「勇幸丸」のハナダイ五目釣りに。アタリダナと誘いパターンを探すのがカギでハマればダブル&トリプル連発だ!
究極の深海釣り。それがベニアコウだろう。釣り場の水深は1000m。ポイントまでは約1時間。イメージ的には相模湾の真ん中あたり。意外に近場で釣ることができる。今回の釣行ではラストに見事!紅い花が咲いた!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読