MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
銭洲 御蔵島 泳がせカンパチ超高確率!五目で激うま高級魚!

銭洲 御蔵島 泳がせカンパチ超高確率!五目で激うま高級魚!

銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!

伊豆諸島遠征!銭洲 御蔵島 ムロアジ泳がせカンパチ釣行レポート

大物の聖地“銭洲”

いまや電動リールでスタンディングファイトをする時代。専用のカスタムパワーハンドルがあるとさらに快適になる。画像は各社に装着可能なこのA・ONEのパワーハンドル。手巻きの両軸リールにも適合

御蔵島でカンパチとファイト中

御蔵島は黒潮の真っ只中だった。チビムロと中ムロアジが島の周りにいたるところに湧き入れ食い状態。泳がせでカンパチがヒットした

これは銭洲のカンパチ。この良型を年末まで狙える

ムロアジ釣れたら泳がそう!

ムロアジはチビ〜中ムロが湧いていた

ムロアジが釣れるところにはカンパチがいる

今期の伊豆諸島では粘り強く泳がせ釣りをするとかなりの高確率であがるカンパチ

落としこみでヒットしたカンパチ

御蔵島周りのカンパチの魚影はかなり濃い

この1本がうれしい!1本釣ると2本目も早い

銭洲のネープルスの前で横走りする青物がヒット!

青物の正体は20㎏のキハダ

ショゴはジギングで入れ食い

受付は宿泊ができる船宿で

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛丸」

今年は黒潮が伊豆諸島周辺を流れ続けているので冷水塊も発生せず約15年前の伊豆諸島の海が復活している。
 
特に顕著なのは銭洲。4月の解禁直後から良型カンパチが回遊し現在に至る。

冬場でも水温が下がらずに安定しているようで、ゲストの定番であった高級魚のウメイロが大発生中だ。

アオダイも良型になって釣れている。

「銭洲の解禁は年内いっぱいまで。近年は近海のマグロのシーズンと重なっていたこともあって秋の伊豆遠征は下火気味だったけど、今年はなかなか見逃せない状況です。凪ぎをみて出船します」とは、伊豆遠征の老舗、手石「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼清人船長。

伊豆遠征釣りというと大物釣りで敷居が高い感があるが近年はそうではない。

誰にでも気軽に楽しめる遠征釣りになっている。

「ムロアジが釣れればエサの分だけ確保して泳がせでカンパチを狙います。お土産がほしい人のためにも五目釣りは一日のメニューにきちんととってありますので銭洲が初めての人でも安心して遊びに来てください」と船長。

19tの遊漁船の最大級を誇る遠征船では、銭洲はむろん御蔵島やイナンバ。

これからは新島沖のトロキンメ、人気の東伊豆沖のマグロ、また年明けには南伊豆沖のアブラボウズにも出船予定。

夢の大物、激うま魚の釣りメニューが盛りだくさんだ。

以上の記事は「つり丸」2019年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
今季は厳寒期でも例年より水温が高く、いろいろな魚が好釣果を維持。相模湾のマダイもその一つだ。平塚港「豊漁丸」はマダイをメインに、アマダイやハナダイ等、多彩なゲストをまじえ五目釣りが楽しめている。
最新記事
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
素早いフォールとスライドアクションを両立するリアバランスロングジグ「RBナガマサ」
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読