MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾 大型シーバスロックオン!コノシロパターン連発&爆釣!

東京湾 大型シーバスロックオン!コノシロパターン連発&爆釣!

秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

シャローエリアにビッグサイズのシーバスが回遊

例年、秋から冬は、東京湾のシャローエリアにビッグサイズのシーバスが回遊する。

水深にして10m以浅。

オープンエリア、シャローフラットなどと呼ばれる、一見、なんの変化も見られないようなポイントが熱くなる。

キーワードはベイトフィッシュの存在。

周年を通して重要度の高いカタクチイワシを追いかけていることも多いが、この時期ならではのベイトフィッシュとして注目できるのはコノシロだ。

体長20㎝以上にもなるビッグベイトを好んで捕食するシーバスは、当然のごとくビッグサイズが中心となる。

このビッグシーバスに照準を絞っていく釣りが、いわゆる「コノシロパターン」のシーバスゲームだ。

水面を泳がせる大型ルアーに、ド派手な水飛沫を上げて襲いかかるビッグシーバス!エキサイティングこの上ない釣りが期待できる。

また、この釣りの定番ゲストは10㎏に迫るブリ。

相手にとって不足なし、というところだ。

「コノシロパターン」といえば、大型トップウォータープラグやジョイントタイプのスイムベイトを使用することが多かった。

しかし、コノシロパターンを征するにはこれだけでは足りない、というのが「アイランドクルーズFC」の遠藤正明キャプテンだ。

「たとえば大型スプーンばかりにヒットが集中するときなどもあります。コノシロパターンに完全対応するためには、5パターンくらいのルアーを用意しておく必要があると思います」

コノシロパターンといえば「アイランドクルーズFC」というほどの実績と人気を誇る同船。

それだけに説得力は十分でもある。

以降、遠藤キャプテンがすすめるルアーとともに紹介していこう。

遠藤キャプテンがすすめるルアーとタックルを紹介

まず押さえておきたいのは基本の2タイプ。

ビッグサイズのトップウォータープラグとスイム系のビッグベイトだ。

サイズとしては15〜18㎝くらいが中心だ。

a)トップウォータープラグはペンシルベイトが中心。

スロースピードでもしっかりドッグウォークやヒラを打ってアピールするタイプが効果的だ。

遠藤キャプテンおすすめはコニーベイト180、アマゾン、フィード・ポッパー150などなど。

b)水面下を狙うスイム系ビッグベイトは、ただ巻きや軽いトゥイッチングをおりまぜて使用する。

これも欠かすことができない定番ルアーのひとつだ。

遠藤キャプテンおすすめはジョインテッドクローソルトカスタム178F/S、ジョインテッドクローマグナムF/S、ダ・ヴィンチ190などなど。)

c)コノシロパターンを意識するアングラーなら、以上までは持参していることが多いだろう。

しかし、完全対応を考えるなら、さらなるバリエーションが欲しいところ。

ダート系プラグがそのひとつ。
左右へとしっかりダートし、ヒラを打ってシーバスを誘うタイプのルアーで、フローティング、シンキングともに有効だ。

ビッグバンディットF&S、モアザンモンスターヒッター156Sなどがおすすめだ。

d)さらにはサーフェス系ミノーも欲しい。

水面直下をローリングしながらヌルヌル、スルスルと泳ぐタイプのミノーだ。

具体的には、グランソルジャー190F、モアザンスライストロング、モアザン モンスターウエイク156F、モアザン モンスターウエイク
ブル120Fなどがキャプテンのおすすめだ。

e)最後はこれまでとは毛色の変わったルアー、ビッグスプーンだ。

バスフィッシングで注目されたパターンを応用したもので、数年前からシーバスゲームでも定番化している。

ビッグスプーンでしか出し得ないアクション、アピールがあるため、これしか釣れないということもある。

いくつか用意しておくと安心だ。

グリススプーン、Dスプーン、SBスプーンなどがおすすめだ。

以上のルアーのなかには100gを超えるものもある。

スピニングタックルならシイラ用なども流用できるが、操作性の高さを含めると、ベイトタックルがおすすめ、とは遠藤キャプテンだ。

具体的には、ロッドはシーバス用、バス用のビッグベイト用ロッド、リールはバス用のなかでもやや大きめのベイトリール、キャスティングに対応したソルト用ベイトリールが理想的だ。

遠藤キャプテンの推しは、ロッドがラブラックスAGS BS73HB、リールはモアザンPETWシリーズ。

ラインはPE3号のメインラインを100m以上、リーダーはナイロン製の40〜L5b0を約1.5mというのが標準。

以上、ざっくりとコノシロパターン対応の基本タックルを列記した。

ここでha、それぞれの使用法までは踏み込めなかったが、訊れればキャプテンが直接、船上で指導してくれるだろう。

これは小型ボートゲームにおける最大のメリット。

また、コノシロパターンだけでなく、イワシパターンがメインになることも多い。

タックルは増えてしまうが、ビッグベイトゲームにそれほどこだわりのない方は、通常のタックルも持参するとよいだろう。

a.遠藤キャプテンおすすめはコニーベイト180、アマゾン、フィード・ポッパー150など

b.遠藤キャプテンおすすめはジョインテッドクローソルトカスタム178 F/S、ジョインテッドクローマグナムF/S、ダ・ヴィンチ190など

c.おすすめはビッグバンディットF&S、モアザン モンスターヒッター156Sなど

d.グランソルジャー190F、モアザン スライストロング、モアザン モンスターウエイク156F、モアザン モンスターウエイクブル120Fなどがおすすめ

e.グリススプーン、Dスプーン、SBスプーンなどがおすすめ

オープンエリアでキャスティング!! 佳境!! コノシロパターンのビッグシーバスゲーム

東京湾ビッグシーバスゲーム!釣行レポート

オープンエリアでのシーバスや青物とのファイトは最高に気持ちがいい!

コノシロパターンのビッグベイトには、ベイトタックルがおすすめ、と遠藤キャプテン

良型は魚種を問わずネットですくってもらうのが確実だ

これは立派なサワラ!アフターフィッシングの愉しみも大きいゲストだ

サワラが吐き出したのは小さいカタクチイワシだった

スズキまであと一歩。しかし、立派なビッグサイズだ

取材時のシーバス第一号は、荒川区の増子さん。72cmのグッドワンだ

同一アングラーに72cmが2本ヒット!釣果は偏るもの!?

サワラ一歩手前?というナイスサイズ

朝一番は青物が高活性!とくにイナダは連続ヒットも!

スタート直後にミノーにヒットしてきたのはイナダだった

コンディションのよいイナダも!

ボトムにいるのはなんだろう、とジグを落とした遠藤正明キャプテンにヒットしたのはセイゴ。いくらでも、という釣れっぷりだった

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC」

東京湾、ビッグシーバスシーズンが佳境を迎えている。

「今年は9月上旬からとスタートが早いですね。コノシロもたくさんいますが、固まり切らないことも多く不安定。いまはイワシパターンと織り交ぜて狙っています」とは、横浜本牧「アイランドクルーズFC」の遠藤正明キャプテン。

10月上旬に行った取材は10月18日に港区でオープン予定というメキシコ料理店、「モダン メキシカン カボス」スタッフのチャーター便に同船させていただいた。

エリアの選択肢としては富津や木更津などの千葉県サイドもあったが、当日は強風の影響もあり断念。

羽田周辺のオープンウォーターを中心に攻めることになった。

ここではイワシパターンが中心となり、ルアーはバイブレーション、ミノーが主体となった。

スタートからイナダ、サゴシが次々とヒット!

サワラサイズも飛び出す、秋ならではの賑やかな展開となったが、本命のシーバスはスロースタート。

しかし、待望の一本目は72㎝とナイスサイズ!

その後は50〜60㎝クラスとシーズン的にはやや小振りなサイズをまじえながら、さらに72㎝を追加して終了となった。

「今日はイワシがメインベイトでしたが、コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーを狙って獲ることも可能です。ぜひ挑戦してください」とは遠藤キャプテン。

大型だけに照準を合わせて展開できる釣りは、まさにいま!が最高潮だ。

以上の記事は「つり丸」2019年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル