タチウオ&アジ、超おもしろリレー釣り【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

タチウオ&アジ、超おもしろリレー釣り【東京湾・観音崎沖〜鴨居沖】

毎年、タチウオが釣れ出すと、タチウオとアジのリレー船を出す鴨居大室港「福よし丸」。今シーズンは6月末から、このリレー船をスタート。開始してしばらくタチウオは低調な日が続いたが、観音崎沖の水深80m前後で釣れるようになった8月中旬ぐらいから安定しはじめた。


好調続きのアジに加え、タチウオも安定傾向

タチウオはムラがあるが、まずまずの好調ぶり。

永井名人もこのとおり!

後半のアジは開始からアタリが続いた! 希香さんは3本バリに3点掛け!!

幅広のアジ! これがウマイ!!

一荷連発!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室「福よし丸」。

一日で二つの違う魚種を狙えるリレー釣りは、楽しさ2倍のおもしろい釣りだ。鴨居大室港「福よし丸」では、タチウオがシーズンインすると、前半にタチウオ、後半にアジを狙うリレー乗合を開始する。今年は6月末からタチウオ&アジのリレー乗合をスタート。最初はタチウオの釣果が低調だったが、8月中旬ぐらいから上向き、おもしろくなってきた。
「今年はタチウオの数が少ないみたいですけれど、ここにきて良型がまじり出し安定してきました。一方、アジはずっと好調が続いています。タチウオもアジもおもしろくなってきましたよ」とは「福よし丸」の福本善行船長。
当日のタチウオのポイントは、観音崎沖の水深80m前後(タナは海底から20mぐらいまで)。3時間半ほどタチウオを狙ったが、アタリはコンスタントに出て、トップは15本。サイズは大、中、小まじり。
アジは観音崎沖と鴨居沖の両方を狙ったが、どちらも好調にヒット。20〜30ℓのクーラーボックスがすぐに埋まる勢いだった。
今後もタチウオは、取材当日のように深ダナ狙いがメイン。オモリは60〜100号を使うので、ビシアジタックルがあれば、このリレー釣りが楽しめる。秋の釣行は「福よし丸」のリレー釣りもおすすめだ!

タックル、仕掛け、エサについて

「福よし丸」で配られたエサはコノシロ。

関連する投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


乗り味アップ! 冬の大型スミイカシーズンへ【鴨居沖】

乗り味アップ! 冬の大型スミイカシーズンへ【鴨居沖】

冬も深まり東京湾のスミイカが面白くなってきた。今シーズンも順調な東京湾のスミイカだが、冬の大型シーズンに突入し、より一層刺激的な乗り味が楽しめるようになった。


寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒い季節は釣りに行くのもつい、おっくうになりがちだが、寒いからこそ美味しい魚が釣れる季節でもある。その一つが都心から近くの東京湾口で釣れる冬のマアジである。


只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

冬の到来と共に、その身に良質な脂を蓄えて美味しくなっていく魚たち。とりわけ東京湾のマアジは、そのうまさが倍増する! と評判で、こぞって太公望たちが仕留めに出掛けている。


同ポイント、同仕掛けで狙える東京湾のLTアジ&イシモチ【東京湾】

同ポイント、同仕掛けで狙える東京湾のLTアジ&イシモチ【東京湾】

ここ数年のLT(ライトタックル)ブームで、LTアジも東京湾を中心にすっかり定着した。東京湾のマアジは上品な脂の乗りが特徴で、とくに湾奥で釣れる中小型は絶品。その絶品の激ウマアジを求めてLTアジに通う人も多い。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング