MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣り場拡大で片貝沖のヒラメがますますおもしろい!【外房・片貝沖】

釣り場拡大で片貝沖のヒラメがますますおもしろい!【外房・片貝沖】

片貝沖のヒラメ釣りは、8月と9月に部分的に解禁され、そして10月に全面的に解禁となる。今シーズンは8月の部分解禁後から好調続き。トップ二桁釣果も珍しくなく、オデコなしという日も多い。サイズはキロ前後がアベレージだが、時には4〜5kg、またはそれ以上の大物のヒットもあるのだ。

ヒラメ激釣ラッシュ! 開始から終了までアタリが続き、12人全員が型を見る好釣果に恵まれた

永井名人も絶好調の片貝沖のヒラメをゲット!

ビギナーの女性アングラーもこのとおり! 見事に3枚ゲット!!

10月からは片貝沖が全面解禁する。ポイントは魚礁周りがメインになる。

当日はアタリが続き、終始タモ入れシーンが見られた!

当日は1㎏前後がアベレージだった!

これは肉厚の2㎏クラス。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「勇幸丸」。

8月の部分解禁から好調が続いている片貝沖のヒラメ。いよいよ10月から全面解禁になり、釣り場が拡大して、さらにおもしろくなりそうだ。
「今日もそうですけれど、魚礁周りにはベイトの反応がたくさんあります。これを追ってヒラメも魚礁周りに集まっていると思われます。10月からの全面解禁以後は、魚礁周りのポイントがメインになりますから、かなり期待できそうですね」と話すのは片貝旧港「勇幸丸」の市東吉雄船長。
取材は全面解禁前の9月中旬。開始から終了までアタリが続き、12人全員が型を見る好釣果に恵まれた。全面解禁すれば、広範囲に点在するいくつもの魚礁周りが狙えるようになる。部分解禁からこのような好釣果なのだから、全面解禁以後はどうなることか?
さらなる好釣果に沸くであろう片貝沖のヒラメ。いよいよ本格シーズンに突入だ!

「勇幸丸」の仕掛けとエサ付けについて

「勇幸丸」の仕掛けはハリス80㎝、捨て糸50㎝。

「勇幸丸」ではライトタックルの使用もOK。道糸はPE2号以下、オモリ40号で狙う。

永井名人はノーマルタックルでチャレンジ。この場合、オモリは60号を使用。

エサ付けは、親バリはイワシの鼻に掛ける。

孫バリは背中に掛ける。

「勇幸丸」では近年の流れに乗って、通常のタックルのほかにライトタックルの使用も認めている。
「うちではライトタックルの使用してもOKです。ビギナーは通常のタックルを使うよりも、ライトタックルで挑戦したほうがいいと思います。アタってからヒラメがイワシをガツガツと食べている様子や、オモリが海底に着いたのが、はっきりとわかりますからね。それに道具も軽いので扱いやすいはずです」と話す市東船長。
ライトタックルでは、道糸はPEラインの2号(1〜1.5号が船長のおすすめ)以下でオモリは40号。竿は5対5〜6対4調子のライト専用。長さは2m前後。リールは超小型電動か小型両軸。
ノーマルタックルでは、竿はヒラメ専用の2.7〜3.3m。リールは小型電動か中小型両軸。道糸はPEラインの3〜5号。オモリは60号を使用する。
「勇幸丸」の仕掛けは、上記の仕掛け図のとおり。ハリスは6号、80㎝。幹糸は7〜8号、1〜1.5m。捨て糸は5号、50㎝。親バリは丸セイゴ17号、孫バリはトレブルフック8号。
ハリスよりも捨て糸が短い仕様で、片貝沖でよく使われるスタンダードなバランスの仕掛けだ。
ノーマルタックルの場合もライトタックルの場合も、仕掛けはオモリの号数以外は同じである。
エサの付け方は、いろいろなバリエーションがある。前述した仕様の仕掛けを使う場合、親バリはイワシの鼻に掛ける。孫バリのトレブルフックは、海底などに引っ掛からないようにするためにイワシの背中に掛けるのが市東船長のオススメだ。

ヒラメはこう釣る! タナは底付近、早アワセは絶対ダメ!

まず、釣り方で大事なのがタナ。エサのイワシを海底付近に泳がせることが基本。とくにヒラメの活性が低いときや潮が濁ったときは、コレが大事。ヒラメの目前にイワシを泳がせないとアタリが遠くなってしまうのだ。
ハリス80㎝、捨て糸50㎝の船宿仕掛けを使う場合、海底が平坦な場所では、オモリを底付近にとどめるか、上げても海底から50㎝程度。そして、水深が変化するポイントを流すこともあるので、タナを頻繁に取り直すことも忘れずに。これは根掛かり防止にもなる。
起伏のある海底地形の場所では、海底から1mと少し高めのタナでアタリを待とう。
そして、もう一つ重要なのがアワセ。「とにかく早アワセはダメです。ビギナーの人ほど、すぐにアワせる傾向があるので食い込むまでじっくり待ってください」と話す市東船長。
アタリがあったら、竿を水平に保って持ち、道糸を張らず緩めずの状態で食い込むのを待つ。ここで糸を緩めた状態にすると食い込んだのがわからなくなるので注意すること。竿が絞り込まれて食い込んだら、竿を立ててしっかりとアワせてから、巻き上げに入ろう。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読