沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

スッテやエギ(餌木)で狙う夜アカイカの仕掛けと釣り方

スッテやエギ(餌木)で狙う夜アカイカの仕掛けと釣り方

宇佐美南沖のアカイカが依然好調をキープしている。4月から開幕した遠征夜アカイカ釣りだが、ゴールデンウイーク以降、連日、数釣りモードの状態が衰えず、7月まで継続する勢いだ。まさに、当たり年といえよう。この最高級のアカイカを釣りたいなら、いまからでも遅くないぞ!


遠征アカイカ活況ロングラン継続中!

テクニカルなひとつスッテ釣法で確実釣果。浮きスッテサビキ釣りは広くタナを探るのがコツ。

ベッド付きの19トンの大型船だ。静岡・宇佐美「清貢丸」

釣り方は、4号浮きスッテ5〜6本のサビキにエサ巻き餌木をくわえた仕掛けで釣るのが一般的。だが、話題の究極のライト釣法“ひとつスッテ釣法”でも安定して好釣果が記録されているのだ。夜のケンサキイカ釣りには最大の効果を発揮することは、この釣法の発祥の海、福井越前沖でも証明されている。
「今年のアカイカは、ちょっとサイズが小さくなってきたけど、数釣れてます。続く年は8月までアカイカ釣りができるからね。7月もまだまだ釣れますよ」とは、今期のロングランを予想する宇佐美「清貢丸」の稲本貢一船長。夜イカを専門とする船長だけに、その言葉には自信がうかがえる。
「昨年から始まったひとつスッテ釣法だけど、やる人は釣果を確実にあげていってます。ルアーアングラーにおすすめですよ」と、新釣法にも理解がある。

数釣り継続中! ひとつスッテ釣法もオススメ

後半戦にピークが来る夜アカイカ釣り。納竿間際までマメに釣りを続けよう。

プチ遠征の夜釣りで楽しむ宇佐美南沖の夜アカイカ釣りが今期は当たり年だ。
4月に開幕したこの釣り物だが、5月から出船するたびに安定した数釣りを記録中。現在もロングランで継続中だ。例年シーズンは7月いっぱいまで。初期は60㎝以上の〝島サイズ〟が多くまじったが、数釣れるときは、少し小ぶりのイカが多いという。とはいうものの、味は最高級のケンサキイカだけにお墨付き。
釣り方は、5〜6本の4号サイズの浮きスッテサビキ仕掛けで狙うのが一般的だが、本誌つり丸が推奨している究極のライトゲーム「ひとつスッテ釣法」をぜひ試してほしい。
福井・越前沖で一昨年からブレイクしている釣法だが、筒イカ系全般に有効な釣りでとくにケンサキイカには効果的。日本海では、サビキ釣りよりも数を上げることができるいまが旬の釣りなのである。
実際、昨シーズンからこの宇佐美南沖で試釣を繰り返してきたが、乗り渋りのときに絶大な効果を発揮することが分かっている。
サビキ仕掛けではアタリをとらえてカンナに掛けることがなかなかできない状況でも、この釣り方なら誰でも簡単に釣ることができるのだ。
爆釣状態のときは多点掛けができるサビキ仕掛けの釣果にはかなわないが、1点乗りの状態が続くときは、むしろ、ひとつスッテ釣法に分がある。
しかし、サビキ仕掛けの釣り人の間でこの釣りをやることは難しい。かたやPE4〜5号オモリ120号、対してPE0.6号ナマリスッテ60gの水中でのラインの立ち方の差は歴然。オマツリ必至だ。だから、ひとつスッテアングラーは、同船の場合、トモかミヨシ側、もしくは片弦によって釣ることになる。
この釣り方を希望するときは、事前に船長に話しておく必要があることも覚えておこう。

サビキ釣りは、硬めの竿でタナを探ろう

浮きスッテにも乗ります。スッテのカラーを見てね!!

浮きスッテのサビキ釣りは、4号の浮きスッテを5〜6本使用する。
元アカイカ漁師の「清貢丸」稲本貢一船長は、まず、浮きスッテのボディーについてこうアドバイスする。
「浮きスッテは、夜光ボディーのみだとまず乗りが悪いと思ってください。夜光とそうでないものを交互に付けるといいでしょう。あと、夜光のオモリもダメですよ」と話す。
使用する竿については、
「ヤリイカ竿のような硬い竿がいいね」という。実際、船長が使っている竿は年季が入った先調子の竿だ。
理由は、硬い竿のほうがイカの足にカンナをしっかりと掛けることができるからだという。また、より効率よく意図的にスッテを動かすことができるのも理由だ。

夜アカイカ仕掛けとその釣り方

船長が勧める釣り方はこうだ。
まず、仕掛けが着底したら根掛かりを避けるため1m上げて、キーパーに竿をかけたまま、そのタナでシャープに50㎝ほどシャクリ上げて、すぐ戻す。水中では約30㎝ほど道糸が動けばよい。これを5〜10秒間隔で3〜4回繰り返す。
それでアタリがなければ、仕掛けの長さ分、約5〜7mゆっくりと巻き上げて、そのタナで前記のシャクリを繰り返す。
探りダナは明るいうちは、ボトム中心で約10m、暗くなりイカが浮いてきたら約20m以上は探ろう。
サビキ仕掛けの一番下にエサ巻きスッテを付ける場合は、大きめのキステンビンを介して、ハリスを出す。コマセ釣りで使うテンビンはタブーだ。
エサ巻きスッテに付けるエサ(サメの身)は、カンナ近くを丁寧に細かく針金を巻き付けるのがコツだ。

以上の記事は「つり丸」2013年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ワラサの有名ポイントで確実に本命をしとめる方法とは?(清貢丸)

ワラサの有名ポイントで確実に本命をしとめる方法とは?(清貢丸)

近年、タックルの性能は向上し、軟らかいマダイロッドを使ったタックルでも容易にワラサが釣れるようになった。だが、ロッドが軟らかくなった分、コマセワークが肝となるワラサ釣りには、理想のコマセまきができなくなっている、と稲本貢一船長は話す。


佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

「10㎏の大アラを釣りたい!」そんな幻級の高級魚を釣るなんて、夢の話だったが、現実にかなえてくれるのが、新潟県間瀬港「光海丸」だ。


寺泊沖・夜アジ&夜アカイカ当たり年! 仕掛け&釣り方(作十丸)

寺泊沖・夜アジ&夜アカイカ当たり年! 仕掛け&釣り方(作十丸)

7月初旬まで釣れ盛っていた寺泊のスルメイカ夜釣りも一息ついて、夏の名物「アカイカ五目釣り」が7月下旬に開幕した。「今年はアジの調子がすごく良いよ。入れ食いでイカを釣る暇がないくらいだよ」とは寺泊の遊漁船組合長の「作十丸」の五十嵐利夫船長。


水深30mで夜カカリ釣り! お手軽ひとつスッテアカイカ(第二八坂丸)

水深30mで夜カカリ釣り! お手軽ひとつスッテアカイカ(第二八坂丸)

新潟を含む北陸の夏の風物詩ともいえる夜のアカイカ釣り。ひとむかし前、上越沖でよく釣れていたオスのアカイカは、伊豆の島周りで釣れるような胴長50㎝を超えるスラッとした容姿であった。近年はマルイカの弁慶サイズのズングリしたタイプに替わり、胴長も50㎝未満となってしまった。


ショートタイムで釣る、夜アカイカ釣りが今乗り乗り中だ!(北龍丸)

ショートタイムで釣る、夜アカイカ釣りが今乗り乗り中だ!(北龍丸)

夜アカイカゲームのパイオニアの一人である金沢港「北龍丸」の安藤岳志船長は、19時出船、23時帰港のショートタイムイカメタルゲーム乗合船をウリにしている。


最新の投稿


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読