MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のLTアジ、秋も好釣! 数釣りできて味も最高だ【東京湾】

東京湾のLTアジ、秋も好釣! 数釣りできて味も最高だ【東京湾】

夏の盛りはもちろん、秋風が吹きだしても元気一杯なのが金沢八景沖のアジだ。金沢漁港の「鴨下丸」では連日の好釣果で、トップが束越えもしばしば。これが小アジばかりの釣果ではなく、30㎝を超える良型もまじって中型主体の釣果で、船宿サイトを見ると大アジ写真も多数、まさに秋アジ真っ盛りだ。

釣れ上がるアジは20~25㎝が主体だが、40㎝近い大アジも! 食味もライトにあらず、脂のたっぷり乗ったアジは最高に美味

ヌメッと照りのある魚体。見るからにおいしそうなアジ。実際、脂が乗っていて、とてもおいしい。

LTでの釣りは引きが快感! 大アジが掛かると超スリリング!!

ビギナーや女性、子供も手軽に楽しめるLTアジ。

ショート船で出船する金沢漁港「鴨下丸」。13時までと一日船よりは短く、半日船より長い釣り時間は、気軽に乗船できて釣果もタップリ。

入れ食いモードになる時間帯もあり、多点掛けも多い。

ビシはLT用40号。仕掛けはハリス1.5号、2m前後の2~3本バリ。

夏から好調な東京湾のLTアジが、秋に入っても絶好調。大型まじりで数釣り可能!

大型も多く、クーラー満タン!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「鴨下丸」。

八景沖のアジが夏から絶好調だ。20~30mの浅い水深を40号ビシのLTタックルで釣っているのは金沢漁港の「鴨下丸」。LTタックルだから魚も小さい、というのは大間違い。釣れ上がるアジは20~25㎝が主体、これに40㎝近い大アジもまじり、その引きの楽しさは初心者からベテランまで夢中にさせる。
食味もライトにあらず、脂のたっぷり乗ったアジは刺身、なめろう、フライ、干物、どんな料理でも絶品、食べ過ぎるとヘビー級の体重になるかも。
浅場で釣る30㎝オーバーのアジの引きは強烈で、リールを巻く手が思わず止められてしまうほど、ビギナーからベテランまで楽しめる釣りの代表といえるだろう。
釣り方はシンプルで簡単に思えるが、実は奥が深いのもアジ釣りだ。
「置き竿で待ってちゃダメですよ。まめにタナを取り直して、仕掛けを入れ替えて釣ってくださいね。アジは船下にたくさん泳いでますよ。」と高山将彦船長。常に仕掛けを張った状態で小さなアタリを取って釣る、攻めの釣りを覚えれば、LTアジがぐっと楽しくなるはず。
暑さも和らぐ秋は、LTアジ、タチウオ、イシモチが「鴨下丸」の三本柱。どの釣りも好調が期待できる時期なので、お好みの釣りを選んで金沢漁港へ行ってみよう!

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
最新記事
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読