MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いはドラゴン級! 朝タチウオ絶好調!!【駿河湾・由比沖】

狙いはドラゴン級! 朝タチウオ絶好調!!【駿河湾・由比沖】

「朝タチウオ、好調ですよ。いつもなら夜が中心になっている時期なんですが、今年は1ヵ月くらい遅れている感じ。朝の好調さが、いつまで続くかは分からないんですけどね」。言葉の主は駿河湾、由比港「神栄丸」の石原佑紀船長だ。

今後はナイトゲームに移行もロングラン確実!

数のうえではルアー有利なことが多かったが、この日はどちらもエサ釣りに軍配が上がった。

朝マヅメに出た! この日、唯一となったドラゴンはジャスト1.5kg! 乗船者全員の願いはこのサイズだ!

取材日の出船は午前3時半! 朝タチウオとはいえ、ナイト&デイの両方を味わえる感覚だ。

気持ちがよい夜明けの時間帯。タチウオの活性も高くなる。

朝焼けに染まる駿河湾。このタイミングこそが釣りどきだ!

ハンドルがしっかりしたソルト用ベイトリールは、数釣り、大型が来たときでも余裕あり。

狙う水深は幅広い。またヒットカラーも刻々と変わる。ジグは多めの持参が安心だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

朝の好調さが、いつまで続くか分からない、という石原佑紀船長の言葉に急かされ、8月下旬、出かけてみた。
「例年より遅れ気味のせいか全体的にサイズがいいですよ。やはり、皆さんの狙いはドラゴンサイズですね」
とは、取材日、「第八神栄丸」の舵を握ってくれた石原裕斗船長(石原佑紀船長の弟さん)。出船は午前3時半、と早い。暑さを避けられること、時合となることが多い朝マヅメを狙えること。この2点から早朝に出船している、という。合理的だ。
取材前日は潮が澄んだため釣果が伸び悩んだ、という。加えて取材日は大きめのウネリに見舞われた。ジグアクションが安定しにくく、全体的に苦戦気味。それまで数的にはルアー有利の状況が続いていたが、この日は逆転現象。平均釣果としてはエサ釣りに軍配が上がった。とはいえ、ほとんどの人が20本以上を記録。取材日以降は、また絶好調が続いてもいる。
9月に入れば、ナイトゲームにメインパターンが移行、エサ釣り有利な状況に変わっている可能性もある。お出かけ前には要確認だ。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
平塚港「庄三郎丸」ではイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船が好調!船長のオススメ仕掛けはウイリー!今後はカンパチも期待大!
聖地、波崎沖カンネコ根のアカムツが乗っ込みハイシーズンを迎える!波崎「仁徳丸」では連日良型が浮上中!誘いのパターンを理解して、激うまアカムツを確実にゲットしよう!
沼津沖の夜タチウオが開幕!アンカーを打ってのカカリ釣りでドラゴンを狙う!金洲はカツオ&キハダが絶好調!太いハリスで勝負だ!
マハタが好調!勝浦松部港の「信照丸」では、トップ8匹の日、船中20匹も上がった日も!ここ数年で、マハタの魚影がもっとも濃いように思う。極上の味覚を狙いに勝浦へ行ってみよう。
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読