MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いはドラゴン級! 朝タチウオ絶好調!!【駿河湾・由比沖】

狙いはドラゴン級! 朝タチウオ絶好調!!【駿河湾・由比沖】

「朝タチウオ、好調ですよ。いつもなら夜が中心になっている時期なんですが、今年は1ヵ月くらい遅れている感じ。朝の好調さが、いつまで続くかは分からないんですけどね」。言葉の主は駿河湾、由比港「神栄丸」の石原佑紀船長だ。

今後はナイトゲームに移行もロングラン確実!

数のうえではルアー有利なことが多かったが、この日はどちらもエサ釣りに軍配が上がった。

朝マヅメに出た! この日、唯一となったドラゴンはジャスト1.5kg! 乗船者全員の願いはこのサイズだ!

取材日の出船は午前3時半! 朝タチウオとはいえ、ナイト&デイの両方を味わえる感覚だ。

気持ちがよい夜明けの時間帯。タチウオの活性も高くなる。

朝焼けに染まる駿河湾。このタイミングこそが釣りどきだ!

ハンドルがしっかりしたソルト用ベイトリールは、数釣り、大型が来たときでも余裕あり。

狙う水深は幅広い。またヒットカラーも刻々と変わる。ジグは多めの持参が安心だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

朝の好調さが、いつまで続くか分からない、という石原佑紀船長の言葉に急かされ、8月下旬、出かけてみた。
「例年より遅れ気味のせいか全体的にサイズがいいですよ。やはり、皆さんの狙いはドラゴンサイズですね」
とは、取材日、「第八神栄丸」の舵を握ってくれた石原裕斗船長(石原佑紀船長の弟さん)。出船は午前3時半、と早い。暑さを避けられること、時合となることが多い朝マヅメを狙えること。この2点から早朝に出船している、という。合理的だ。
取材前日は潮が澄んだため釣果が伸び悩んだ、という。加えて取材日は大きめのウネリに見舞われた。ジグアクションが安定しにくく、全体的に苦戦気味。それまで数的にはルアー有利の状況が続いていたが、この日は逆転現象。平均釣果としてはエサ釣りに軍配が上がった。とはいえ、ほとんどの人が20本以上を記録。取材日以降は、また絶好調が続いてもいる。
9月に入れば、ナイトゲームにメインパターンが移行、エサ釣り有利な状況に変わっている可能性もある。お出かけ前には要確認だ。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
今年も東京湾のスミイカが開幕。取材日は中ノ瀬の水深20m台を風裏中心に狙い、250〜500g級がトップ8杯。ほとんどの人が型を見ることができた。釣趣バツグン!食味も最高!スミイカを狙おう。
お正月用の食材として、欠かせないマダコ!東京湾では夏場から子ダコの湧きが良く、爆釣が継続!現在も2〜3㎏の良型まじりで、トップ6、7杯~ツ抜けすることも。東京湾のマダコ釣りは今がチャンスだ!
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
最新記事
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読