MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いはドラゴン級! 朝タチウオ絶好調!!【駿河湾・由比沖】

狙いはドラゴン級! 朝タチウオ絶好調!!【駿河湾・由比沖】

「朝タチウオ、好調ですよ。いつもなら夜が中心になっている時期なんですが、今年は1ヵ月くらい遅れている感じ。朝の好調さが、いつまで続くかは分からないんですけどね」。言葉の主は駿河湾、由比港「神栄丸」の石原佑紀船長だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

今後はナイトゲームに移行もロングラン確実!

数のうえではルアー有利なことが多かったが、この日はどちらもエサ釣りに軍配が上がった。

朝マヅメに出た! この日、唯一となったドラゴンはジャスト1.5kg! 乗船者全員の願いはこのサイズだ!

取材日の出船は午前3時半! 朝タチウオとはいえ、ナイト&デイの両方を味わえる感覚だ。

気持ちがよい夜明けの時間帯。タチウオの活性も高くなる。

朝焼けに染まる駿河湾。このタイミングこそが釣りどきだ!

ハンドルがしっかりしたソルト用ベイトリールは、数釣り、大型が来たときでも余裕あり。

狙う水深は幅広い。またヒットカラーも刻々と変わる。ジグは多めの持参が安心だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

朝の好調さが、いつまで続くか分からない、という石原佑紀船長の言葉に急かされ、8月下旬、出かけてみた。
「例年より遅れ気味のせいか全体的にサイズがいいですよ。やはり、皆さんの狙いはドラゴンサイズですね」
とは、取材日、「第八神栄丸」の舵を握ってくれた石原裕斗船長(石原佑紀船長の弟さん)。出船は午前3時半、と早い。暑さを避けられること、時合となることが多い朝マヅメを狙えること。この2点から早朝に出船している、という。合理的だ。
取材前日は潮が澄んだため釣果が伸び悩んだ、という。加えて取材日は大きめのウネリに見舞われた。ジグアクションが安定しにくく、全体的に苦戦気味。それまで数的にはルアー有利の状況が続いていたが、この日は逆転現象。平均釣果としてはエサ釣りに軍配が上がった。とはいえ、ほとんどの人が20本以上を記録。取材日以降は、また絶好調が続いてもいる。
9月に入れば、ナイトゲームにメインパターンが移行、エサ釣り有利な状況に変わっている可能性もある。お出かけ前には要確認だ。

以上の記事は「つり丸」2017年10月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
秋は数釣り可能でタイラバ入門には絶好の季節!秋の東京湾タイラバゲームの基本をおさらいする。★釣行レポートは天候不良で急遽、変更になった湾奥のキャスティングゲームを紹介!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル