MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イナダ! ワラサ! ブリ! 秋の青物ゲーム開幕!【東京湾・鴨下丸】

イナダ! ワラサ! ブリ! 秋の青物ゲーム開幕!【東京湾・鴨下丸】

不動の定番のイナダ&ワラサは安定好釣。加えて、今期はすでに11.5㎏のブリも出ているとのこと。数だけでなく、大物キャッチの報も度々届いている。俄に活気づく東京湾の青物。さぁ、ゲームの始まりだ。よっしょ、やったるで〜。

東京湾の青物ジギングが例年にないほどの盛況! しかも、数だけではなく8㎏、9㎏クラスのブリまでキャッチされている!

思わず笑みがこぼれます。見るからに美味しそう。

横走りする獲物は何か!? 今期は10㎏オーバーのブリもキャッチされているので、貴重なヒット後のファイトは慎重に行おう。

激うまサワラゲットだ!

観音崎沖がポイント。ワラサなどブリ族の群れはこれから続々湾奥部に回遊する。

イナダ&ワカシは抜き上げよう。

ジグは100g前後。80〜120gの範囲でそろえておけば、現場で困ることはない。

取り込みがクライマックス。タモに収まってほっと一安心。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

ワラサを主体にした東京湾の青物ジギングが例年にないほどの盛況! しかも数だけではなく8㎏、9㎏クラスのブリまでキャッチされている! そんな報を受け、ソレっ! とばかりに出撃した。
「たしかに調子がいいですよ。日並み次第ですが、ワラサの数が出るのはもちろん、ブリクラスがまじるのが今期の特徴ですね」
言葉の主は磯子八幡橋「鴨下丸」でルアー船を担当する萩原敏広船長。9月から青物専門で出船している同船では、今期、最大で11・5㎏をキャッチしたというから驚きだ。
取材日、イナダの場所は別にある、という船長はワラサ以上のサイズの魚に照準を合わせてポイントを転戦してくれた。しかし、前日まで好調だった海が変化を見せていた。これまで姿を見せなかったというイナダがワラサのポイントでポロポロと食ってきたのだ。
不吉な予感は的中! この日はワラサとサワラの型をみるのがやっと、という大苦戦に見舞われてしまった。
相手が回遊魚だけに釣果の高低は覚悟のうえ。その後もビッグサイズこそ落ち着いてしまった感はあるものの、ワラサの釣果はコンスタントに記録されている。しかし、いつビッグチャンスが訪れるかは誰にも分からない。今期の東京湾は底力がある。今後の急浮上に期待したいところだ。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読