MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型続々! タチウオ・ベストシーズン突入【駿河湾・焼津~安倍川沖】

大型続々! タチウオ・ベストシーズン突入【駿河湾・焼津~安倍川沖】

指7本!!!!!!! 獲ったど〜〜〜〜〜〜〜! これぞ正真正銘・怪物〝ドラゴン〟だ! 心して見よ。

9月中旬の平均サイズは指3~3.5本、それに4本以上の大型がポツポツといった具合。だが、取材日は大型ラッシュとなったのだ!

ズシリとした重量感の指7本! 正真正銘のドラゴン!! まさに龍だ。おそらく軽く2kgを超えているだろう。

上が指6本添えても大幅にはみ出す指7本。下が指3本。こうして比べてみると、改めてその大きさにビックリ!

これぐらいがアベレージサイズ。脂の乗りはバッチリ!

暗いうちのタナは35~45m。明るくなるにつれ徐々に深くなる。暗いうちに手返しよく数を伸ばそう。

10月以降はこのサイズも珍しくなくなるだろう。

大型となれば抜き上げもひと仕事。実はこのときは指3本とダブル。そりゃ重いわ…。

の指5本を皮切りに当日は大型ラッシュとなった。これで取材成功! とひと息ついたのも束の間だった…。

エサはサンマの切り身を使用。

指6本!!!!!!

塚田貴政若船長の仕掛け。指7本もこの仕掛けで。大型対応でハリスもハリも太いのが特徴。

ジグでも指5本!

明け方の時合ともなればバタバタバタっと同時ヒットも。ルアーも好調!

ジグは80~200g以上と幅広く用意しよう。

東海大学海洋学部の学生さんは、なんと100均のメガネレンチで! 発想が柔軟!

ジギングも好調にヒット!!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・焼津港「貴政丸」。

指何本以上を“ドラゴン”と呼ぶのか正確なところは分からないけれど、前ページの魚は誰が見ようと間違いなく“ドラゴン”だろう。
なんと指7本!! さすがにこのサイズにはそうはお目にはかかれないが、駿河湾の焼津~安倍川沖では、深夜に出船し夜明け後に帰港する“早朝タチウオ”が好調だ。
焼津港「貴政丸」ではエサでもルアーでも楽しめ、9月中旬の平均サイズは指3~3.5本、それに4本以上の大型がポツポツまじるといった具合。だが、それがどういうわけか取材日は、写真のような大型ラッシュとなったのだ。
数はおおむね30~40本。多いときには50本以上! 大型クーラーをいっぱいにして帰る人がほとんどだ。
また、駿河湾のタチウオは脂の乗りはもちろんだが、身に甘みが強く大変おいしいと評判。しかも、指3本でもしっかり脂が乗っているのがうれしい。
寒くなるにつれ大型がヒットする確率も高くなり、例年では年明け頃まで楽しめる焼津沖のタチウオ。さあ、いよいよベストシーズンに突入だ!

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
平塚港「庄三郎丸」ではイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船が好調!船長のオススメ仕掛けはウイリー!今後はカンパチも期待大!
聖地、波崎沖カンネコ根のアカムツが乗っ込みハイシーズンを迎える!波崎「仁徳丸」では連日良型が浮上中!誘いのパターンを理解して、激うまアカムツを確実にゲットしよう!
沼津沖の夜タチウオが開幕!アンカーを打ってのカカリ釣りでドラゴンを狙う!金洲はカツオ&キハダが絶好調!太いハリスで勝負だ!
最新記事
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
ジグに装着するだけで簡単にサビキ釣りができるジグ専用サビキ「快適ジギングサビキ」
茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読