MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型続々! タチウオ・ベストシーズン突入【駿河湾・焼津~安倍川沖】

大型続々! タチウオ・ベストシーズン突入【駿河湾・焼津~安倍川沖】

指7本!!!!!!! 獲ったど〜〜〜〜〜〜〜! これぞ正真正銘・怪物〝ドラゴン〟だ! 心して見よ。

9月中旬の平均サイズは指3~3.5本、それに4本以上の大型がポツポツといった具合。だが、取材日は大型ラッシュとなったのだ!

ズシリとした重量感の指7本! 正真正銘のドラゴン!! まさに龍だ。おそらく軽く2kgを超えているだろう。

上が指6本添えても大幅にはみ出す指7本。下が指3本。こうして比べてみると、改めてその大きさにビックリ!

これぐらいがアベレージサイズ。脂の乗りはバッチリ!

暗いうちのタナは35~45m。明るくなるにつれ徐々に深くなる。暗いうちに手返しよく数を伸ばそう。

10月以降はこのサイズも珍しくなくなるだろう。

大型となれば抜き上げもひと仕事。実はこのときは指3本とダブル。そりゃ重いわ…。

の指5本を皮切りに当日は大型ラッシュとなった。これで取材成功! とひと息ついたのも束の間だった…。

エサはサンマの切り身を使用。

指6本!!!!!!

塚田貴政若船長の仕掛け。指7本もこの仕掛けで。大型対応でハリスもハリも太いのが特徴。

ジグでも指5本!

明け方の時合ともなればバタバタバタっと同時ヒットも。ルアーも好調!

ジグは80~200g以上と幅広く用意しよう。

東海大学海洋学部の学生さんは、なんと100均のメガネレンチで! 発想が柔軟!

ジギングも好調にヒット!!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・焼津港「貴政丸」。

指何本以上を“ドラゴン”と呼ぶのか正確なところは分からないけれど、前ページの魚は誰が見ようと間違いなく“ドラゴン”だろう。
なんと指7本!! さすがにこのサイズにはそうはお目にはかかれないが、駿河湾の焼津~安倍川沖では、深夜に出船し夜明け後に帰港する“早朝タチウオ”が好調だ。
焼津港「貴政丸」ではエサでもルアーでも楽しめ、9月中旬の平均サイズは指3~3.5本、それに4本以上の大型がポツポツまじるといった具合。だが、それがどういうわけか取材日は、写真のような大型ラッシュとなったのだ。
数はおおむね30~40本。多いときには50本以上! 大型クーラーをいっぱいにして帰る人がほとんどだ。
また、駿河湾のタチウオは脂の乗りはもちろんだが、身に甘みが強く大変おいしいと評判。しかも、指3本でもしっかり脂が乗っているのがうれしい。
寒くなるにつれ大型がヒットする確率も高くなり、例年では年明け頃まで楽しめる焼津沖のタチウオ。さあ、いよいよベストシーズンに突入だ!

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
福島県小名浜沖水深120~150mの泥地でアカムツが開幕中だ。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すのでいま流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、それがビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。
更新: 2019-08-19 07:14:43
大物&高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲が、今期も好調持続中だ。チビムロの泳がせで 良型カンパチが爆裂中!開幕から例年以上の釣果があがっている。もちろん高級五目も好調キープ。爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!
更新: 2019-08-18 07:00:00
相模湾でのコマセ釣りが8月1日に解禁となる。フカセ釣りやルアー船の状況はすこぶる好感触。5月ごろからすでに相模湾に回遊があり、キハダ・カツオともに「今年はかなり良さそう」と多くの船長が口を揃える。
更新: 2019-08-09 07:00:00
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読