MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆釣! ヒラメ超高活性、入れ食い警報発令中!!【仙台湾亘理沖】

爆釣! ヒラメ超高活性、入れ食い警報発令中!!【仙台湾亘理沖】

時間無制限釣り放題の釣り堀か! 終始釣れっぱなしで「釣った」というより「釣らされた」という感じだ! 釣れ過ぎて手を休める暇もなし! しかも!! 釣れている魚はヒラメだ。これは行かない理由がないだろう。というか、これで行かないのは、人生大損してますってっ。

〝入れ食い〟〝爆釣〟という言葉が、すっぽりと当てはまるヒラメ釣り場が仙台湾亘理沖

大船長が操船し若船長の山川大海さんが竿を出した。怒濤の入れ食いに大満足だ。

大型は高ダナキープでキャッチしよう。

きれいな朝日が港を赤く染めた。

終始入れ食いが続いた。なかにはワラサやサワラがまじることも。

船上あちこちでひっきりなしにヒラメがヒットするのでタモ入れは大忙し。

エサはマイワシ。朝、イケスから船に積み込む。エサの管理は手間がかかる。

ヒラメに食われたマイワシ。生きイワシにはかなわないが、死にエサでも十分ヒラメはヒットする。

常連さんもこの釣果。とにかくものすごい食いっぷりだった。

プライベートで訪れた寺泊港「光洋丸」の小林聡船長は、1本竿でなんと35枚キャッチ。「これでも途中でやめたんですよ。クーラーに入らないんで……」。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理「大海丸」。

〝入れ食い〟〝爆釣〟という言葉がすっぽりと当てはまるヒラメ釣り場が仙台湾亘理沖だ。
昨年の茨城海域を思い出させる光景、いやそれ以上の食いっぷりがここで味わえる。
エサは生きイワシ。例年であれば、カタクチイワシエサがメインだが、今期はマイワシだ。この大きめのエサに超高活性のヒラメがバクバクと食ってくる。
「今年は6月からヒラメをやり始めたのですけど、ここ最近の爆釣ぶりは気持ちいいっすね。
理由は、ヒラメが根や魚礁についたからでしょう。根についたヒラメは刺し網漁ではとれませんから。釣り放題って感じです」
と話すのは、亘理「大海丸」山川大海船長。仙台湾の生きイワシエサのヒラメ釣りのパイオニア船長だ。
通常ハリスは4号前後を使用するが、この荒食い時はハリス6号以上がおすすめ。8号でもいい。
本格シーズン前に爆釣を味わいたい人、ヒラメのアタリからアワセの腕を上げたい人、もちろん、ビギナーにもピッタリの亘理沖のヒラメだが、早めの釣行がオススメだ。ぜひ、チャレンジを!!

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
部分解禁以来、好調をキープしている鹿島沖のヒラメ。鹿島新港「大栄丸」では初日からいきなり4㎏、5㎏アップの大型が浮上!エサ付けの工夫で効率良く掛けて自己記録を狙おう!!
いよいよ茨城エリアの冬の超人気ターゲット・ヒラメが全面解禁!今シーズンは数だけでなくサイズがいいと評判だ。北から南までヒラメ乱舞!この冬の鉄板ですぞ!
冬のターゲットといえばやっぱりヒラメだね。茨城エリアは12月に全面解禁を迎えてシーズンイン。今年もかなりの好模様が期待できる鉄板のターゲットだ。さあ、この冬もあのドキドキ感を味わいに行こう!
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
最新記事
部分解禁以来、好調をキープしている鹿島沖のヒラメ。鹿島新港「大栄丸」では初日からいきなり4㎏、5㎏アップの大型が浮上!エサ付けの工夫で効率良く掛けて自己記録を狙おう!!
いよいよ茨城エリアの冬の超人気ターゲット・ヒラメが全面解禁!今シーズンは数だけでなくサイズがいいと評判だ。北から南までヒラメ乱舞!この冬の鉄板ですぞ!
冬のターゲットといえばやっぱりヒラメだね。茨城エリアは12月に全面解禁を迎えてシーズンイン。今年もかなりの好模様が期待できる鉄板のターゲットだ。さあ、この冬もあのドキドキ感を味わいに行こう!
センサーアイ付きでボトムタッチが分かる小田原型のカラーシンカー「快適船シンカーSN」
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル