MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆釣! ヒラメ超高活性、入れ食い警報発令中!!【仙台湾亘理沖】

爆釣! ヒラメ超高活性、入れ食い警報発令中!!【仙台湾亘理沖】

時間無制限釣り放題の釣り堀か! 終始釣れっぱなしで「釣った」というより「釣らされた」という感じだ! 釣れ過ぎて手を休める暇もなし! しかも!! 釣れている魚はヒラメだ。これは行かない理由がないだろう。というか、これで行かないのは、人生大損してますってっ。

〝入れ食い〟〝爆釣〟という言葉が、すっぽりと当てはまるヒラメ釣り場が仙台湾亘理沖

大船長が操船し若船長の山川大海さんが竿を出した。怒濤の入れ食いに大満足だ。

大型は高ダナキープでキャッチしよう。

きれいな朝日が港を赤く染めた。

終始入れ食いが続いた。なかにはワラサやサワラがまじることも。

船上あちこちでひっきりなしにヒラメがヒットするのでタモ入れは大忙し。

エサはマイワシ。朝、イケスから船に積み込む。エサの管理は手間がかかる。

ヒラメに食われたマイワシ。生きイワシにはかなわないが、死にエサでも十分ヒラメはヒットする。

常連さんもこの釣果。とにかくものすごい食いっぷりだった。

プライベートで訪れた寺泊港「光洋丸」の小林聡船長は、1本竿でなんと35枚キャッチ。「これでも途中でやめたんですよ。クーラーに入らないんで……」。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理「大海丸」。

〝入れ食い〟〝爆釣〟という言葉がすっぽりと当てはまるヒラメ釣り場が仙台湾亘理沖だ。
昨年の茨城海域を思い出させる光景、いやそれ以上の食いっぷりがここで味わえる。
エサは生きイワシ。例年であれば、カタクチイワシエサがメインだが、今期はマイワシだ。この大きめのエサに超高活性のヒラメがバクバクと食ってくる。
「今年は6月からヒラメをやり始めたのですけど、ここ最近の爆釣ぶりは気持ちいいっすね。
理由は、ヒラメが根や魚礁についたからでしょう。根についたヒラメは刺し網漁ではとれませんから。釣り放題って感じです」
と話すのは、亘理「大海丸」山川大海船長。仙台湾の生きイワシエサのヒラメ釣りのパイオニア船長だ。
通常ハリスは4号前後を使用するが、この荒食い時はハリス6号以上がおすすめ。8号でもいい。
本格シーズン前に爆釣を味わいたい人、ヒラメのアタリからアワセの腕を上げたい人、もちろん、ビギナーにもピッタリの亘理沖のヒラメだが、早めの釣行がオススメだ。ぜひ、チャレンジを!!

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
最新記事
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読