MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
静岡 伊東沖 ジャンボイサキを大型3点掛け!デカくて激旨!

静岡 伊東沖 ジャンボイサキを大型3点掛け!デカくて激旨!

伊東沖のデカ旨イサキ釣りが開幕!ここのイサキのウリは、見事なサイズと食味。40㎝級は普通!50㎝の大型も期待できる!「これがイサキ?」って驚くほど、脂の乗ったイサキが港から至近のポイントで釣れるのだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

開幕!東伊豆の好ポイント ジャンボサイズの期待大!!

ここ数年伊東沖のイサキの味に魅せられている。

今年はいつから食い出すのか?気にしていたところ、例年よりも少し早く3月下旬に釣れ出した。

本格シーズンは梅雨イサキの言葉があるように6月頃だが、今季の模様はいかに?と早速様子を見に伊東港へと向かった。

いきなり食ったのは 本命ではなく…

お世話になったのは伊東港「村正丸」。
人当たりの良い村上大輔船長はイサキを筆頭に、カイワリやマダイ、大アジなど地先の旨い魚にこだわって出船している。

「まだ始まったばかりで食うポイントもほぼ2箇所だから釣果に波がありますよね。まあ昨年よりは良さそうだから今日もなんとかおかずにはなるでしょう。今年のはこの時季から脂の乗りが良くて、焼くとジュジュウ滴り落ちるほど。旨いですよ~」と話しながらゆっくりとポイントへと向かう。

まずは航程10分程度の手石島周りで、協定時間の6時(4月からは5時半)を待って「はい、やって下さい。タナは32m。5m下まで落としてコマセを振ってタナに合わせてください」と合図が出た。

開始早々左舷トモ氏の竿が大きく曲がる。

しばしのやり取りの後、船長のタモに無事納まったのは1.8㎏といきなりの良型マダイ。

幸先の良いスタートだ。

本命のイサキはというとポツリポツリといった状況。

イサキよりもメジナの方が元気よく、またオキメバルやウマヅラなどエサ取りも多い。

「メジナが元気でウワーッとコマセによって来ると、イサキは引いちゃうんですよねー」と船長。

メジナがいないポイントでも、イサキ自体コマセに突っ込んでくるような活性はなく、マダイ釣りのようにじっくり狙いたいところだが、エサ取りが邪魔をするといった展開で、なんとも上手くいかない。

渋いながらも 35 ㎝級が登場!

8時近くまでやって状況が変わらないのを見て川奈沖へと移動する。

ここは手石島周りよりさらに大型のイサキが狙えるポイント。

盛期には40㎝どころか45㎝オーバーの船長や常連さんが「鯉みたいな」と口を揃えるジャンボイサキが釣れる場所だ。

ここには細かな根が点在しており、いくつもポイントがあるのだが中でも、「今はここしか食わない秘密のポイント」でリスタート。

タナは35mだ。

ここではイサキの食いもまずまず。
ギュギュン!と重量感のある引きに一荷か?と勘違いしたのは、35㎝近い体高のあるイサキ。

ヒレが黄色がかって、見るからに旨そうだ。

しかしここでもイサキ釣りらしい爆釣タイムは訪れない。

食ってくるのはコマセを振ってしばらく経ってから。

またほとんどが下バリに食ってきて、イサキ釣りでよくあるトリプルどころかダブルすらない状況だ。

「今日はイサキが上ずって来ないんだよねー。だから指示ダナもいつもより下目に出しているんだけど」と船長。

そんな中様子伺いで私の座る反対側左舷を覗いてみると、こちら側ではなかなかのペースで釣っている。

時にダブルやトリプルのシーンも見受けられた。

この日は右舷から左舷側に潮が流れていたが、イサキ釣りで潮下と潮上の差がこうも出るのは珍しい。

コマセに突っ込むほどの活性はなく、ポロポロと流れてくるコマセに食い気のあるイサキが反応しているのだろう。

言い訳ではないが(と言っておく…)もう少し活性が高ければ、潮上の席でもコマセワークや誘いでなんとか食わせられるのだが…。

良型ばかりで クーラーずっしり

それでも型が良いから満足。
全員がお土産分を確保したところで再度手石島沖を狙う。

「さっきは他船が居て細かく狙えなかったから。他の船がいなくなったのでもう一度やってみましょう」とのこと。

ここは大型イサキはもちろんだが、他にマダイやカイワリ、大アジなど多彩なゲストも期待できる場所。期待を込めてのラストスパートだったが、イサキの活性は朝と変わらず、期待のゲストも顔を出すことなく11時半の沖揚がり時間を迎えた。

活性が低いと言いながらもトップは20匹超えでほとんどの方がツ抜けの釣果。

30㎝級の良型主体だからクーラーは結構な重量だ。

伊東沖のイサキも梅雨頃が本番。
ポイントが限られる中これだけ釣れれば、今季も期待できそう。

数よりもデカくて旨いイサキを釣りたいという人に絶対におすすめの釣り場だ。

伊東沖のイサキ開幕!釣行レポート

イサキのポイントの多くは港からすぐ近く。

オキアミコマセに付けエサもオキアミ、というのが伊豆方面の主流のスタイルだ

良型イサキは引き味バツグン!マダイも食ってくるので油断禁物だ

デカくて美味しい!伊東沖のジャンボイサキ釣りがスタート。伊東沖では40㎝オーバーは珍しくない、50㎝に迫る大型も期待できるぞ!

大型イサキをよっこらせっ!

大型3点掛け!!これからのハイシーズンは、もっと大きいイサキの多点掛けが期待できる

ここのイサキは脂が乗っている。塩焼きにすると、じゅわ~っと脂がしたたって最高に美味

1.8kgのマダイが食ってきた。そのほかカイワリや大アジなどもまじる

開幕直後で食いは本調子ではなかったが、それでも良型主体でクーラーズッシリ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「村正丸」

伊東沖のデカ旨イサキ釣りが開幕した!

ここのイサキのウリは、その見事なサイズと食味。

40㎝級もそう珍しくなく、船宿記録はなんと48㎝!?

しかも「これがイサキ?」って驚くほど、たっぷりと脂の乗ったイサキが港から至近のポイントで釣れるのだ。

「今年は例年より少し早めに食い出しましたねー。本番はまだこれからだけど、この時期にしては脂の乗りも良くて食べても旨いですよ」とは、この釣りを大得意とする伊東港「村正丸」の村上大輔船長。

開幕間もないためポイントが限られ、今のところやや釣果にムラがあるものの、40㎝級もまじえトップ20匹台は御の字と言える。

「ここのイサキなら10匹釣れれば満足」との常連さんに筆者も同感だ。

今後水温の上昇とともに釣り場も広がり、釣果も右肩上がりになってくるだろう。

ゲストも今のところエサ取りのウマヅラ、メバルを除くとメジナくらいだが、マダイの実績釣り場でもあり、美味な隠れ本命カイワリや大アジなども顔を出し始めるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2017年5月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル