「キントキダイ」の寿司…脂がのっていて甘味がある一貫

「キントキダイ」の寿司…脂がのっていて甘味がある一貫

虫のすだきがぱたりと消えた。街にセーター姿が目立ってきた。ラーメン店が混んでいる。「鮟鱇鍋できます」と居酒屋ののれん横に。いつの間にか冬到来、一年でいちばんせわしない月が近づいてきた。ボクもせわしないのでキントキダイの鱗つきの皮を素揚げにして深夜にウイスキーをやる。このひとときが明日の活力を産む。


脂がのっていて甘味がある。キントキダイ三種の中でも、いちばん小振りのキントキダイがいちばんうまいとは意外である

毎年のことだが、霜月になると、還暦をとおに過ぎたたかさんが、浮かない顔になる。気を病むのだ。

昼下がり、のれんを下ろす直前の『市場寿司 たか』。古希を迎えたばかりの常連さんが、隅っこから、

「若い人は五月病っていうけど、還暦過ぎると霜月病ってとこだな。オレみたいに孫と酒が飲めるような歳になると一年中元気だけどな」

その孫が釣ってお裾分けしてくれたのが、千葉県大原沖のチカメキントキである。脂がのっていて、身にうまみがたっぷりあり、うまい!

この刺身を肴に我が故郷、徳島県美馬市の銘酒「司菊」をいっぱい。

「たかさんも飲め、気が晴れるよ」

「だめだって、最近だれも迎えに来てくれないし。今は自転車だって酔っ払い運転はダメだかんね」

さて、この孫世代の海釣りはもっぱらルアーである。

「ルアーでチカメキントキがくるんですね。知りませんでした」

「タイやヒラメも釣ってくるし、サバやシイラ、マグロも、そうだメバルもだ。エサ釣りと変わらない」

「バスで帰れば」とコップ酒をすすめると、たかさん一気飲み。

「いい飲みっぷりだ」

おもしろいもので、もらった途端に市場にもチカメキントキが大挙して入荷してきた。なかなかいい値段だが、「味がいいからついつい手が出るんだよ」と、『市場寿司』のネタケースに、毎日のように微かに赤みを帯びた身が並ぶ。

十月に故郷・徳島に帰った。生まれた町は山間部だが、今回初めて海辺の町をめぐってきた。徳島は小さな県ではあるが、県南の太平洋に面した町と、山間部のボクの故郷はまるで別の県のようだった。

ここで宍喰町名物スダチの酎ハイ「長スペ」をやりながら、漁協の人たちや漁師さんと仲良くなった。ボクが「売れない魚や、捨てられる魚貝類を研究してます」と言ったのを聞き、「長スペ」の考案者『宍喰漁業協同組合』の参事・長尾さんが、雑魚をいっぱい送ってきてくれた。

その雑魚の主体がキントキダイ三種であった。小振りのキントキダイがたっぷり、アカネキントキに、三十センチ近いホウセキキントキが一尾。アカネキントキ以外は港の前で釣り上げたもの。不思議なことに関東でもっともよく釣れるチカメキントキが入っていない。

このサイズがいちばんすしに向いている。たかさん本日はご機嫌よろしく、「はいよー」っと、まな板に向かい。鱗を取らないで、そのまま三枚下ろしに。大きなボウル一杯あったキントキダイが、あっという間にすしネタに変身した。

まずはホウセキキントキ、アカネキントキを握りに。これがなかなかの味。脂がのり、うま味にあふれている。そして、小振りのキントキダイを片身二かん取りにして握る。小さいのにこちらも脂がのって甘味がある。今回のキントキダイ類のなかでも頭一つ抜けたうまさだ。

肝を湯引きにしてのせたら、これもいいし、スダチに塩もうまい。いちばん小振りのキントキダイがいちばんうまいとは意外である。

釣り師の常連さんが「キントキダイってのは釣ったことがない」と言う。確かに防波堤での夜釣りにはくるが、船釣りで釣れたという話は聞いたことがない。夜行性のために昼の船釣りにこないのかも知れない。

さて、二かん、三かんとキントキダイの握りをつまんで、結局、スダチ塩がいちばんうまいと、また追加。

カウンターの中のたかさんが、やはり本日は特別元気だ。いつもより二倍働いて、二倍にこやかだ。

「どうしたの?」

「涼宮ハルヒちゃんがにっこりよ」

「それだれ?」

キントキダイ(スズキ目キントキダイ科キントキダイ属)

相模湾~九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、佐渡島~九州西岸の日本海、東シナ海。琉球列島にはほとんど見られない。内湾の浅場にいる魚で夜行性。
派手な姿から呼び名も多彩。意味不明なのは「馬盗人」、「たんやまえぐれ」。日本各地で「きんめ」、「きんめだい」と紛らわしい呼び名もある。標準和名についた「金時」や「金平」は赤いことからついた呼び名。ともに坂田金時、すなわち昔話などで有名な金太郎のことで、絵のなかの金太郎の全身が真紅であったり、同じく金太郎をモデルにした歌舞伎「怪童丸」の衣装が赤いため、「金太郎=赤」が常識だった。
キントキダイ科でもっともたくさんとれて大形になるのがチカメキントキ。相模湾などでの「かげきよ」である。ついで西日本に多いのがホウセキキントキ。キントキダイは珍しいというほどではないが、あまりまとまって取れることがない。当然、流通することは希で、主に産地周辺のみ出回ることが多い。築地場内などで見たのは2度だけ。「赤い魚は高い」の認識通り、けっして安くはなく、1キロあたり卸値で1500円前後。200グラムサイズのやや大振りのもので、1尾卸値300円くらいだ。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2014年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


キントキダイ 寿司 グルメ

関連する投稿


「ワキヤハタ」の寿司…魚本来のうま味からくる甘味が後々脂に交代

「ワキヤハタ」の寿司…魚本来のうま味からくる甘味が後々脂に交代

春よ来い♪♪ 早く来い♪♪ たかさんが店の前の掃除をしながら歌う。オヤジが歌っても春は来そうにない。やっぱり可愛い女の子が歌わなきゃ、なんてボクの頭の中も少しだけ春かも知れない。春よ来い♪♪ 故郷からたっぷり生ワカメが届いた。深酒の後、ワキヤハタのあら汁を作り、ワカメを沈めたら、ぱっと新緑の色合いに。


「アオチビキ」の寿司…舌にねっとり絡みつきながら表面が溶けて甘い

「アオチビキ」の寿司…舌にねっとり絡みつきながら表面が溶けて甘い

今年の夏の大発見一、暑過ぎる昼下がりの熱燗はうまい。発見二、日焼けした若い女の子はとても色っぽい。発見三、熱中症になりかけたオヤジのオヤジギャグは受ける。発見四、例えばたかさんのように老齢のご婦人にもてるオヤジは、若い娘にはモテない。と言うことでアオチビキの塩焼きを肴に昼下がりの超熱燗をグイグイ。


「マダコ」の寿司…すし飯と混ざってそこに爽やかなきゅうりの味

「マダコ」の寿司…すし飯と混ざってそこに爽やかなきゅうりの味

ある日『市場寿司』でたかさんが「オーブントースターで温めて食べてね♪」とお土産をくれた。「なあに?」と聞くと「鮹さんが釣ったタコの頭で作ったタコ焼きだよ」だった。さっそく鮹さんが釣ったタコの頭で作ったタコ焼きでビールを飲んだ。さすがに明石のタコの頭で作ったタコ焼きはうまい。「鮹さん、またタコ釣ってきて」。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


「オキアナゴ」の寿司…みりんとしょうゆの香ばしい香りで味が増す

「オキアナゴ」の寿司…みりんとしょうゆの香ばしい香りで味が増す

「夏のようだ」、たかさんが店の前に水をまきながら汗をぬぐう。「ビールがうまいね」と仕事を終えた市場人が大勢集まって楽しそう。今年は春が早足で過ぎ去ってしまって、アスファルトの上の陽炎に夏そのものを感じる。日が落ちるのも遅くなったし、なんて思いながら瓶ビールを一本抜く。肴はオキアナゴの骨の唐揚げ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読