MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、キントキダイという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、キントキダイという魚を知ろう!

キントキダイは、スズキ目キントキダイ科に属する魚。西日本の沿岸部から東シナ海、西太平洋、インド洋まで広く分布し、浅い海から水深300-400mくらいまでの、岩礁やサンゴ礁域に群れを作って生息する。夜行性で、大きな目は夜に泳ぎ回って獲物を探すのに役立つ。食性は肉食性で、小魚や甲殻類などを捕食する。

キントキダイ(スズキ目キントキダイ科キントキダイ属)の生態

相模湾~九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、佐渡島~九州西岸の日本海、東シナ海。琉球列島にはほとんど見られない。内湾の浅場にいる魚で夜行性。
派手な姿から呼び名も多彩。意味不明なのは「馬盗人」、「たんやまえぐれ」。日本各地で「きんめ」、「きんめだい」と紛らわしい呼び名もある。標準和名についた「金時」や「金平」は赤いことからついた呼び名。ともに坂田金時、すなわち昔話などで有名な金太郎のことで、絵のなかの金太郎の全身が真紅であったり、同じく金太郎をモデルにした歌舞伎「怪童丸」の衣装が赤いため、「金太郎=赤」が常識だった。

キントキダイの値段は?

キントキダイ科でもっともたくさんとれて大形になるのがチカメキントキ。相模湾などでの「かげきよ」である。ついで西日本に多いのがホウセキキントキ。キントキダイは珍しいというほどではないが、あまりまとまって取れることがない。当然、流通することは希で、主に産地周辺のみ出回ることが多い。築地場内などで見たのは2度だけ。「赤い魚は高い」の認識通り、けっして安くはなく、1キロあたり卸値で1500円前後。200グラムサイズのやや大振りのもので、1尾卸値300円くらいだ。

「キントキダイ」の寿司…脂がのっていて甘味がある一貫

毎年のことだが、霜月になると、還暦をとおに過ぎたたかさんが、浮かない顔になる。気を病むのだ。

昼下がり、のれんを下ろす直前の『市場寿司 たか』。古希を迎えたばかりの常連さんが、隅っこから、

「若い人は五月病っていうけど、還暦過ぎると霜月病ってとこだな。オレみたいに孫と酒が飲めるような歳になると一年中元気だけどな」

その孫が釣ってお裾分けしてくれたのが、千葉県大原沖のチカメキントキである。脂がのっていて、身にうまみがたっぷりあり、うまい!

この刺身を肴に我が故郷、徳島県美馬市の銘酒「司菊」をいっぱい。

「たかさんも飲め、気が晴れるよ」

「だめだって、最近だれも迎えに来てくれないし。今は自転車だって酔っ払い運転はダメだかんね」

さて、この孫世代の海釣りはもっぱらルアーである。

「ルアーでチカメキントキがくるんですね。知りませんでした」

「タイやヒラメも釣ってくるし、サバやシイラ、マグロも、そうだメバルもだ。エサ釣りと変わらない」

「バスで帰れば」とコップ酒をすすめると、たかさん一気飲み。

「いい飲みっぷりだ」

おもしろいもので、もらった途端に市場にもチカメキントキが大挙して入荷してきた。なかなかいい値段だが、「味がいいからついつい手が出るんだよ」と、『市場寿司』のネタケースに、毎日のように微かに赤みを帯びた身が並ぶ。

十月に故郷・徳島に帰った。生まれた町は山間部だが、今回初めて海辺の町をめぐってきた。徳島は小さな県ではあるが、県南の太平洋に面した町と、山間部のボクの故郷はまるで別の県のようだった。

ここで宍喰町名物スダチの酎ハイ「長スペ」をやりながら、漁協の人たちや漁師さんと仲良くなった。ボクが「売れない魚や、捨てられる魚貝類を研究してます」と言ったのを聞き、「長スペ」の考案者『宍喰漁業協同組合』の参事・長尾さんが、雑魚をいっぱい送ってきてくれた。

その雑魚の主体がキントキダイ三種であった。小振りのキントキダイがたっぷり、アカネキントキに、三十センチ近いホウセキキントキが一尾。アカネキントキ以外は港の前で釣り上げたもの。不思議なことに関東でもっともよく釣れるチカメキントキが入っていない。

このサイズがいちばんすしに向いている。たかさん本日はご機嫌よろしく、「はいよー」っと、まな板に向かい。鱗を取らないで、そのまま三枚下ろしに。大きなボウル一杯あったキントキダイが、あっという間にすしネタに変身した。

まずはホウセキキントキ、アカネキントキを握りに。これがなかなかの味。脂がのり、うま味にあふれている。そして、小振りのキントキダイを片身二かん取りにして握る。小さいのにこちらも脂がのって甘味がある。今回のキントキダイ類のなかでも頭一つ抜けたうまさだ。

肝を湯引きにしてのせたら、これもいいし、スダチに塩もうまい。いちばん小振りのキントキダイがいちばんうまいとは意外である。

釣り師の常連さんが「キントキダイってのは釣ったことがない」と言う。確かに防波堤での夜釣りにはくるが、船釣りで釣れたという話は聞いたことがない。夜行性のために昼の船釣りにこないのかも知れない。

さて、二かん、三かんとキントキダイの握りをつまんで、結局、スダチ塩がいちばんうまいと、また追加。

カウンターの中のたかさんが、やはり本日は特別元気だ。いつもより二倍働いて、二倍にこやかだ。

「どうしたの?」

「涼宮ハルヒちゃんがにっこりよ」

「それだれ?」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2014年12月1日号の掲載情報です。

関連記事
クロサバフグはフグ目フグ科サバフグ属。北海道から九州の太平洋沿岸、東シナ海、福岡県津屋崎、瀬戸内海。台湾から南シナ海に広く生息域をもつ。
イズカサゴとは、スズキ目フサカサゴ科フサカサゴ属の大型魚。相模湾では「おにかさご」、山口県では「からこ」、「おにからこ」という。
相模湾、東京湾口などでも見つかっているが、生息域は不明な点が多い。表層でも見つかっているが、漁師さんは水深700mよりも深いところに多いという。
スズキ目メバル科ホウズキ属。青森県から熊野灘の太平洋側、高知県や鹿児島県沖に生息。アコウダイそっくりでアコウダイの生息域と重なるがやや南にいる模様。
オニヒゲは、タラ目ソコダラ科トウジン属。漢字で書くと「鬼鬚」。北海道から土佐湾の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚斜面、九州〜パラオ海嶺、台湾に生息している。
最新記事
西日本最大規模のフィッシングショー「西日本釣り博2020」が3月7日(土)、8日(日)の2日間、開催される。
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
貴重なターゲット!江戸前の大型マコが元気一杯!釣り方はスピニングタックルを3、4本入れ、順番に探って、誘いを入れながらアタリを待つというスタイル。価値ある一枚をゲットして春気分を味わおう!
「ジャパンインターナショナルボートショー2020」が3月5日~8日に開催される。
2月に開幕する東京湾のメバル釣りは、胴付き仕掛けにエビエサの組み合わせで狙う「エビメバル」が人気。アタリが明確で、小気味よい引きが魅力だ。さあ、早春の海に繰り出そう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読