MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイシーズン本番! 大型含みでトップ10枚も!!【外房】

マダイシーズン本番! 大型含みでトップ10枚も!!【外房】

今年の御宿~勝浦沖はマダイの魚影が濃いようで、カモシ釣りで出船している船は連日3~5㎏の良型含みで船中10枚以上がコンスタントに上がっている。これから本番を迎えるカモシ釣り、愛用のタックルを車に積み込んで向かったのは御宿岩和田港の「太平丸」。

外房オリジナル・カモシ釣りでマダイがいい感じで釣れてます!

外房のカモシ釣りでマダイが好機。御宿岩和田港「太平丸」では、3~4㎏級も多くまじり、数釣りが続いている。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」。

勝浦沖のカモシ釣りでマダイが好調に釣れている。カモシ釣りはエサにもコマセにもサンマを使用する外房独自の釣りで、狙いはマダイ、ヒラマサ。遊動式テンビン、ナイロンラインなど、大物に照準を合わせた仕掛けが特徴だ。
モシ釣りの道具立ては独特だが、難しい釣りではない。しっかり竿を振ってコマセをまき、適度に誘いを入れてやれば誰にでも大物ヒットの可能性がある。貸し竿の初心者が大ダイやヒラマサを釣りあげてしまうことも珍しくはないのだ。

独特のタックルを用い、エサとコマセにはサンマを使用

カモシ釣りは遊動式テンビン、カモシ袋、ナイロンラインなど独特のタックルを用い、エサとコマセにはサンマを使用する。コマセのサンマミンチはポンプを使ってカモシ袋に注入する。

良型のマダイが、次々と釣り上がる!

エサはサンマのぶつ切り。コマセのサンマミンチはポンプを使ってカモシ袋に注入。

良型がそろうのがカモシマダイの特徴。この日は2~3㎏級、その後は4㎏オーバーも上がっている。

今年はマダイの魚影が濃く、船中30枚以上の大釣りも出ている。比較的浅場でマダイの数釣りができ、海が穏やかな8月はカモシ釣り入門の好機と言える。そして水温が下がり始めるとヒラマサの回遊が始まる。レギュラーサイズは5~8㎏、時には15㎏を越える大物も顔を出す。
夏から初秋にかけてはマダイが主なターゲットになる御宿岩和田港「太平丸」では、取材日に3.5㎏を頭に、3.2㎏、2.7㎏の良型のマダイがそろった。その後も4.1㎏を含みトップが10枚を上げるなど、好調が続いている。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最新記事
巣ごもり企画として展開するアシストフックの作り方講座、短期連載の2回目は、ツインタイプのアシストフックの作り方を紹介しよう。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
レールシステムを搭載しよりコンパクトにより軽量になったライフジャケット!ダイワ「DF-2220(コンパクトライフジャケット)」
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読