MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイシーズン本番! 大型含みでトップ10枚も!!【外房】

マダイシーズン本番! 大型含みでトップ10枚も!!【外房】

今年の御宿~勝浦沖はマダイの魚影が濃いようで、カモシ釣りで出船している船は連日3~5㎏の良型含みで船中10枚以上がコンスタントに上がっている。これから本番を迎えるカモシ釣り、愛用のタックルを車に積み込んで向かったのは御宿岩和田港の「太平丸」。

perm_media 《画像ギャラリー》マダイシーズン本番! 大型含みでトップ10枚も!!【外房】の画像をチェック! navigate_next

外房オリジナル・カモシ釣りでマダイがいい感じで釣れてます!

外房のカモシ釣りでマダイが好機。御宿岩和田港「太平丸」では、3~4㎏級も多くまじり、数釣りが続いている。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」。

勝浦沖のカモシ釣りでマダイが好調に釣れている。カモシ釣りはエサにもコマセにもサンマを使用する外房独自の釣りで、狙いはマダイ、ヒラマサ。遊動式テンビン、ナイロンラインなど、大物に照準を合わせた仕掛けが特徴だ。
モシ釣りの道具立ては独特だが、難しい釣りではない。しっかり竿を振ってコマセをまき、適度に誘いを入れてやれば誰にでも大物ヒットの可能性がある。貸し竿の初心者が大ダイやヒラマサを釣りあげてしまうことも珍しくはないのだ。

独特のタックルを用い、エサとコマセにはサンマを使用

カモシ釣りは遊動式テンビン、カモシ袋、ナイロンラインなど独特のタックルを用い、エサとコマセにはサンマを使用する。コマセのサンマミンチはポンプを使ってカモシ袋に注入する。

良型のマダイが、次々と釣り上がる!

エサはサンマのぶつ切り。コマセのサンマミンチはポンプを使ってカモシ袋に注入。

良型がそろうのがカモシマダイの特徴。この日は2~3㎏級、その後は4㎏オーバーも上がっている。

今年はマダイの魚影が濃く、船中30枚以上の大釣りも出ている。比較的浅場でマダイの数釣りができ、海が穏やかな8月はカモシ釣り入門の好機と言える。そして水温が下がり始めるとヒラマサの回遊が始まる。レギュラーサイズは5~8㎏、時には15㎏を越える大物も顔を出す。
夏から初秋にかけてはマダイが主なターゲットになる御宿岩和田港「太平丸」では、取材日に3.5㎏を頭に、3.2㎏、2.7㎏の良型のマダイがそろった。その後も4.1㎏を含みトップが10枚を上げるなど、好調が続いている。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル