MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ヒラソウダという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ヒラソウダという魚を知ろう!

ヒラソウダは、スズキ目サバ科ソウダガツオ属の魚。マルソウダとよく似ており、「ソウダガツオ」と呼ばれて混同されて扱われることも多い。南日本。世界中の温帯・熱帯海域に分布。

ヒラソウダ(スズキ目サバ科ソウダガツオ属)の生態

北海道から琉球列島、東大東島、尖閣諸島までの日本列島全域。東太平洋をのぞく全世界の温帯域・熱帯域に生息している。
10年近く前のこと北海道の釧路漁港で見知らぬ魚が揚がったと魚屋さんから連絡があった。これがヒラソウダだった。まさか北海道にと思っていたら、最近の資料では日本海側でも太平洋側でも珍しいものではなくなったとある。それでも主に千葉県以南と富山湾以南に多い。
島根県や福井県、富山県で単に「かつお」というと本種のこと。富山県では少ないながらとれるカツオのことを「まんき」という。伊豆半島では「しぶわ」。
近縁種のマルソウダに似ているが、体の断面がやや左右に平たい点、鱗のある部分が第二背鰭に達しないことで区別できる。

ヒラソウダの値段は?

残念ながら鮮魚流通の世界ではほとんどお目にかかれない。主に産地周辺でのみ売り買いされているようだ。当然、味のよさも産地周辺と釣り師の方だけが知っている。希に築地場内や関東周辺の市場に並んでも1kgあたりで卸値500円~600円しかしない。ということで1尾1kg前後が卸値500円から600円ほどで買える。当たり前だけど鮮度は釣った方が数倍いい。

「ヒラソウダ」の寿司…うますぎて、気がついたら、丼の中は空だった

九月に小田原から来た魚のなかにヒラソウダが混じっていた。送られて来た中ではいちばん値段が安いものだが、いちばんありがたい。

刺身にすると、まだ身は赤く、脂はのっていなかったが、サバ科ならではの、強いうま味と酸味があって実にうまかった。意外に若い赤ワインに合うのもうれしい誤算だ。

翌朝、『市場寿司』に持ち込んだら、たかさん浮かぬ顔で「半身だけでいいよ」と突き放すように言う。

「なんだか機嫌悪いね」

「違うよ。ボストン入れたばかり」

「ボストン」とは標準和名のタイセイヨウクロマグロのこと。高度成長期に国内に輸入され始めたとき、有数の水揚げ港がボストンであったために、ベテランすし職人は「ボストン」と呼ぶ人が多い。

「へー。それにしてもご機嫌斜めだよね。どうしたの?」

隅っこに座っていた、常連さんが、

「最近、若い女の子が店に来ないって悩んでるようですよ」

「当たり前だよ。最近ちょっと老け込み過ぎ。孫とばっかり遊んでいるからじゃない。バカだねー」

たかさん、黙ってボクの前にヒラソウダの鉄火丼を出す。幼なじみだという常連さんには握りを出す。

鉄火丼にはみりんとしょうゆにくぐらせたものと、生そのままを半々に盛りつけている。薬味はねぎ、しょうが、みょうがで、これを箸で散らしてかき込んだら、後は記憶が途切れてなにも憶えていない。気がついたら、丼の中は空だった。

「キャヒッ、オイチ過ぎる」

「オヤジがキャヒッて言うな」

さて、九月の終わりに、今度はたかさんから「常連さんが、ソウダ持って来てるよ」とケータイがあった。

「相模湾で釣れたってよ」

この時期はマダイ釣りにも来るし、イナダなどを狙っていても来る。まな板の上にあるのは丸々と太っていて、脂がのっていそうだ。昼下がりで、すし飯がないというので、お刺身にしてもらって、ノンアルコールビールをプシュッとあける。

前回のものと比べると脂がある分甘味があって、脂のせいだろうか舌にねっとりとからみつくようだ。

「君の~♪~、名~と~~♪」

「古い歌だね、またなぜ?」

「知らないの『君の名は』。オレなんか泣いちゃって、泣いちゃって」

要約すると孫とアニメ映画『君の名は』を見に行って、非常に感動して泣けた。それでなぜだか六十年以上前の映画『君の名は』の主題歌が頭から離れなくなったようなのだ。

「新しい『君の名は』の主題歌は?」

歌えるわけないか……。

翌日、ご常連の釣り師ご本人と握りを食べながら釣り話をする。

「前は釣れるのがイヤだったんですけど、最近くるとうれしいです」

「食べると最高ですよね。また釣れたらお願いしますよ」

来るときには続けて来る。今度は島根県から二キロを超える大きなヒラがきた。こちらは脂が皮下に層になっていて、甘味は数段上だ。

「たかさん、不思議だね。これならクロマグロの大トロに負けないくらいに脂があるけど、九月はじめの方がよかった気がする。不思議」

「まあ、年のせいもあるだろうけど、魚は脂だけで味が決まるワケじゃない、ってことじゃない」

「たかさん、なんだか最近楽しそうだね。なんかあったの?」

「ぜ~んぜん、ぜん、ぜん♪」

「嘘つけ」

「ぜ~んぜん、ぜ~んぜん、ぜん♪」

「なんだ、そりゃ?」

ご常連のオカアサン曰く。

「これ、新しい方の『君の名は』なのよね。ぜんぜん違うけど」

還暦を遙かに超えていて、ここまで感化されやすいオヤジも珍しい。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2016年11月15日号の掲載情報です。

関連記事
クロサバフグはフグ目フグ科サバフグ属。北海道から九州の太平洋沿岸、東シナ海、福岡県津屋崎、瀬戸内海。台湾から南シナ海に広く生息域をもつ。
イズカサゴとは、スズキ目フサカサゴ科フサカサゴ属の大型魚。相模湾では「おにかさご」、山口県では「からこ」、「おにからこ」という。
相模湾、東京湾口などでも見つかっているが、生息域は不明な点が多い。表層でも見つかっているが、漁師さんは水深700mよりも深いところに多いという。
スズキ目メバル科ホウズキ属。青森県から熊野灘の太平洋側、高知県や鹿児島県沖に生息。アコウダイそっくりでアコウダイの生息域と重なるがやや南にいる模様。
オニヒゲは、タラ目ソコダラ科トウジン属。漢字で書くと「鬼鬚」。北海道から土佐湾の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚斜面、九州〜パラオ海嶺、台湾に生息している。
最新記事
チタントップと高感度ブランク採用のライトゲーム専用ロッド 「LG73」「LG82」
アブラボウズ。めったにお目にかかれない巨大魚だ。大きいと優に重量は100㎏を超える。この時期は、石廊崎周辺水深600mの根周りに産卵のためにアブラボウズが集結。深海モンスターゲットのチャンスだ!
東京湾では、2月1日からバル釣りが開幕!本牧港「長崎屋」では、2月から「エビメバル」と呼ばれるエサで狙うメバル釣りをスタート!小林名人の追い食いテクニックを参考にチャレンジしてみよう!
東京湾のイシモチが好期に突入。手軽な道具で小さな子どもたちも楽しめるが、ベテランも夢中になる奥深さもある。これから春先までが落ちの時期で大型狙いも有望。銀色に輝く魚体は見事なサイズが揃っている。
東京湾では、異例のタチウオ激釣が続いている。小柴港「三喜丸」では指4本サイズがアベレージで、メーター超え指5本サイズも多くまじる確変中!今が釣行チャンスだ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読