MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、ワラサ(ブリ)という魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ワラサ(ブリ)という魚を知ろう!

ワラサは、スズキ目アジ科ブリ属の魚。北西太平洋一帯、南は東シナ海、北はカムチャツカ半島から、東はハワイまで分布。ワラサとは関東地方の呼び名。

ブリ(スズキ目アジ科ブリ属)の生態

小笠原諸島や沖縄県には少ないが日本列島を囲むように生息している。昔はオホーツク海にはほとんどいなかったが、近年サケの定置網などにたくさん入って話題に。
出世魚としても有名。関東では「わかし」→「いなだ」→「さんぱく」→「わらさ」→「ぶり」。関西では「つばす」→「はまち」→「めじろ」→「ぶり」。ブリの一大産地富山県では「つばえそ」→「こずくら」→「ふくらぎ」→「はなじろ」→「がんど」→「ぶり」。出世の行き着くところはほとんどの地域が「ぶり」止まりだが九州北部では特別大きなのを「おおいお(大魚)」と呼ぶ。ちなみに日本全国で見ているが大きさによる呼び名は、ほぼ目分量のようだ。

ワラサの値段は?

ブリは大きいほど高い。また秋から冬が高く、例えば関東の「わかし」はあまり値がつかない。また「いなだ」サイズも全国的には安い。比較的高値となるのは「わらさ」以上。昨年は三浦半島毘沙門港から来た「いなだ」、「わらさ」が築地で大人気となり、驚くほどの高値をつけた。2㎏以上で卸値1㎏あたり2000円前後。今回の主役は同じく三浦半島産で5㎏なので卸値で1尾1万円もすることに。引きが強く取り込みの難しい魚だが慎重に釣り上げて欲しい。

ワラサの釣行レポート

「ここのところイナダがよくまじっていますね。またイナダが掛かったと思うと、今度はもっと引きが強くてワラサだったということもあります」と話すのは剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮・若船長

三浦半島剣崎沖には毎年毎年〝律儀〟にワラサの群れがやってくる。今シーズンは例年並みと言える8月上旬に食いだした。「今年は今のところ3㎏未満のサイズが多いですが、反応はまずまずですよ」と、剣崎松輪「一義丸」の北風謙一船長は言う。

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。

「ワラサ」の寿司…脂がのっていて甘味が豊かでメチャクチャにうまい

週末は必ず船釣りという頃があった。ただし典型的なへぼ釣り師で、たいして大きな魚を釣った経験がない。一メートルを超えるサイズに育つブリの場合、「『わらさ』ぎりぎりかな」と乗合船の船長さんが言ってくれたのが最大である。今考えると二キロ弱くらいだから「さんぱく」と言った方が正しい気がする。

ということで「わらさ」はボクにとって憧れの魚だ。一度でいいから「わらさ」を釣ってみたいと思う。

十月末のこと。ご近所の釣り名人、鮹さんから「松輪で釣った『わらさ』いりませんか?」とメールが来た。「待っています」と返信すると一時間ほどでやってきた。

「今年は当たり年かも知れません」

ボクに、ほいと手渡してくれた「わらさ」が大きい。まごうことなく「ぶり」サイズに見える。

「こ、これはもう『ぶり』でしょ」

「いやいや今日釣った中では小さい方なんです。『わらさ』です」

「何本釣ったんですか」

「九本です。いちばん大きいのは六キロオーバーでした」

平均五キロとして、×九で四十五キロも釣ったことになる。

鮹さんの二の腕から肩にかけてをよく見ると、例えば巨大なレンコンのようにモリモリと筋肉が盛り上がっている。ひょっとしたら鮹さん、十キロくらいのダンベルを、一日に千回くらいクイクイ上げているのかも知れない。いや間違いない。釣りのためならこれくらいやりそうな気がする。耳の奥にいきなりロッキーのテーマが流れて来た。

これを大急ぎで『市場寿司』に持ち込んだ。たかさんに手渡すとき、「ぶりパンチ!」と言うと「ノックアウトだ」と言っていきなり倒れた。

「こりゃ、まいった。『わらさ』じゃなくて『ぶり』じゃねーか」

「そうだよね。築地でも『ぶり』だ」

狭い店内では下ろせないので店の前に台を置いて、片身に包丁を入れるとバリっと音がした。それほどに鮮度がいいのである。

店仕舞い後なので刺身にして食べてみたら、脂がのっていて甘味が豊かでメチャクチャにうまい。思わず冷蔵庫からノンアルコールビールを出してきてカンパーイ。

「こりゃーすごい! ぶりっ子じゃなく『ぶり』そのものだよ」

翌日は、朝から「わらさずくし」。

「たかさん、朝は丼にして」

腹身をあぶったのと、背の方はそのまま生での二色丼が来た。

これを見ていた常連さんが、

「わたしにもこれくださーい」

その隣も、その隣もと注文が続いて、どんどん鮹さんの「わらさ」が消えて行く。これを「うまい!」と言うと在り来たり過ぎるが、そうとしか言いようがない。あぶった腹の方はまだほんのり温かくて、口のなかでとろりととろけるようだし、背の方は適度な酸味とうま味があって、これはこれでやたらにうまい。

お隣さんが、「あっと言う間でした」と空の丼を見せてうっとりした顔をしている。その隣も同様である。

ボクもきっとこんな顔をしている気がする。「幸せだな!」。

店仕舞い後にのれんをくぐったら、たかさんが丼を食べていた。

「わらさ丼、食べてるんだ」

「あんましうまそうで、オレもね」

すし職人が惚れる味だという。

握りも、特に腹身が見た目にも美しくて官能的なうまさだった。

「やっぱり腹の方がうまいね」

「交互に食べるといいよ」

確かにその通りだった。

ネタケースの鮹さんの「わらさ」はもう四分の一も残っていない。

「今度持って来てくれるとしたら十キロオーバーだよね」

「鮹さん、待ってまーす、じゃなくてボクも『わらさ』釣りたーい」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2016年12月1日号の掲載情報です。

関連記事
イソフエフキとは、スズキ目フエフキダイ科フエフキダイ属に分類される魚類。主に鹿児島県以南の琉球列島の浅い岩礁域やサンゴ礁域にいる。体長は40cm前後。
更新: 2019-07-12 05:42:49
スルメイカはツツイカ目アカイカ科スルメイカ属する。北限はカナダ沿岸、南は香港までのオホーツク海、日本海、東シナ海、太平洋に広く分布する。
更新: 2019-06-30 07:00:00
キマダラヒメダイは、スズキ目フエダイ科ヒメダイ属する海水魚の一種。小笠原諸島や鹿児島、沖縄では重要な食用魚。しかしマダラヒメダイはなかでも珍しい種。
更新: 2019-06-17 07:00:00
シラコダイとは、伊豆諸島、小笠原諸島、千葉県外房から九州南岸の太平洋沿岸、屋久島までの浅い岩礁域に生息している魚。相模湾などの定置網にもよく入り、大きくなってもせいぜい全長15cmほどのサイズ。
更新: 2019-05-04 07:00:00
ギンメダイは福島県以南の太平洋沿岸、九州西岸、東シナ海大陸棚縁辺、九州からパラオ海嶺、ハワイ諸島の水深150から650mに生息。キンメダイの生息する水深と重なる。
更新: 2019-04-29 12:00:00
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読