MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
飯岡沖のひとつテンヤマダイ、秋の数釣りシーズンへ【外房・飯岡沖】

飯岡沖のひとつテンヤマダイ、秋の数釣りシーズンへ【外房・飯岡沖】

秋も深まり涼しさが増し、沖釣りには絶好のシーズンを迎えた。この季節、楽しみなのがマダイ釣りだ。飯岡沖では浅場で活発にマダイが食っている。「太幸丸」では、小気味よい引きをダイレクトに味わえるひとつテンヤでマダイを狙っている。愛用のタックルを車に積んで飯岡港へ向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》飯岡沖のひとつテンヤマダイ、秋の数釣りシーズンへ【外房・飯岡沖】の画像をチェック! navigate_next

本命マダイの他に飯岡名物の良型ハナダイやヒラメなど美味しい魚がまじり、クーラーの中は賑やかになった

秋の飯岡沖は釣り物豊富だが、ひとつテンヤマダイは数釣りが楽しめるシーズン。ビギナーも入門のチャンスだ。

ポイントの水深は18m前後。潮流が比較的安定していて、底ダチが取りやすいのが飯岡沖の特徴だ。

アタリは頻繁。ベテランからビギナーまで、だれにでも楽しめるはず。

落とし込む動きを与えることが効果的な誘いとなる。慣れた人は軽くキャストして、カーブフォールで食わせていた。

しっかり脂が乗っていて食味もバツグン。刺身や塩焼き、タイ飯もおすすめ。

食いは活発。お土産は確実!?

大型のカサゴ。いいお土産だ。

まじりでヒラメも! ゲストの多彩さもひとつテンヤの楽しみのひとつ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「太幸丸」。

水温が下がって濁り潮が差し、飯岡沖のマダイが食い上昇中。飯岡港「太幸丸」では午前、午後出船のひとつテンヤ釣りでマダイを狙っている。
このところのレギュラーサイズは500〜800gの食べ頃サイズ、日によって2〜3㎏の良型もまじっており、手の平サイズの小ダイがが少ないのが今年の特徴だ。
マダイ船の担当は実川浩司船長、潮流れが素直な浅場をパラシュートアンカーで流すため、ビギナーでも底が取りやすいのが飯岡沖の特徴。軟調のひとつテンヤ竿があちこちで曲り、次々とマダイが抜き上げられる。
アワセ損ねもしばしばだが、ハリ掛かりしなくてもそのまま仕掛けを落とせばまた食ってくることも多い。本命マダイの他に飯岡名物の良型ハナダイやヒラメなど美味しい魚がまじり、クーラーの中は賑やかになった。
秋のマダイは活発にエサを追う。テンヤをシャクって落とし込む動きを与えることが効果的な誘いとなる。慣れた人は軽くキャストして、カーブフォールで食わせるようにすれば釣果は伸びる。
「太幸丸」では大型船2隻体制で、午前、午後のひとつテンヤマダイの他、ヒラメ、ショウサイフグにも出船中。どの魚種も現在絶好調で、釣りもの選びに迷うことがしばらく続きそうだ。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル