MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
飯岡沖のひとつテンヤマダイ、秋の数釣りシーズンへ【外房・飯岡沖】

飯岡沖のひとつテンヤマダイ、秋の数釣りシーズンへ【外房・飯岡沖】

秋も深まり涼しさが増し、沖釣りには絶好のシーズンを迎えた。この季節、楽しみなのがマダイ釣りだ。飯岡沖では浅場で活発にマダイが食っている。「太幸丸」では、小気味よい引きをダイレクトに味わえるひとつテンヤでマダイを狙っている。愛用のタックルを車に積んで飯岡港へ向かった。

本命マダイの他に飯岡名物の良型ハナダイやヒラメなど美味しい魚がまじり、クーラーの中は賑やかになった

秋の飯岡沖は釣り物豊富だが、ひとつテンヤマダイは数釣りが楽しめるシーズン。ビギナーも入門のチャンスだ。

ポイントの水深は18m前後。潮流が比較的安定していて、底ダチが取りやすいのが飯岡沖の特徴だ。

アタリは頻繁。ベテランからビギナーまで、だれにでも楽しめるはず。

落とし込む動きを与えることが効果的な誘いとなる。慣れた人は軽くキャストして、カーブフォールで食わせていた。

しっかり脂が乗っていて食味もバツグン。刺身や塩焼き、タイ飯もおすすめ。

食いは活発。お土産は確実!?

大型のカサゴ。いいお土産だ。

まじりでヒラメも! ゲストの多彩さもひとつテンヤの楽しみのひとつ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「太幸丸」。

水温が下がって濁り潮が差し、飯岡沖のマダイが食い上昇中。飯岡港「太幸丸」では午前、午後出船のひとつテンヤ釣りでマダイを狙っている。
このところのレギュラーサイズは500〜800gの食べ頃サイズ、日によって2〜3㎏の良型もまじっており、手の平サイズの小ダイがが少ないのが今年の特徴だ。
マダイ船の担当は実川浩司船長、潮流れが素直な浅場をパラシュートアンカーで流すため、ビギナーでも底が取りやすいのが飯岡沖の特徴。軟調のひとつテンヤ竿があちこちで曲り、次々とマダイが抜き上げられる。
アワセ損ねもしばしばだが、ハリ掛かりしなくてもそのまま仕掛けを落とせばまた食ってくることも多い。本命マダイの他に飯岡名物の良型ハナダイやヒラメなど美味しい魚がまじり、クーラーの中は賑やかになった。
秋のマダイは活発にエサを追う。テンヤをシャクって落とし込む動きを与えることが効果的な誘いとなる。慣れた人は軽くキャストして、カーブフォールで食わせるようにすれば釣果は伸びる。
「太幸丸」では大型船2隻体制で、午前、午後のひとつテンヤマダイの他、ヒラメ、ショウサイフグにも出船中。どの魚種も現在絶好調で、釣りもの選びに迷うことがしばらく続きそうだ。

以上の記事は「つり丸」2013年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読