MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味マダイが数釣れる! ワラサ&イナダも!!【東京湾・久里浜沖】

美味マダイが数釣れる! ワラサ&イナダも!!【東京湾・久里浜沖】

首都圏からも身近な東京湾のコマセマダイポイント、久里浜沖。これからは数釣りが期待できるシーズンになってゆく。日に日に水温が下がってゆくこれからは、マダイの群れが徐々に深場に固まりだし、越冬の準備でエサを荒食いするようになる。型は中、小型主体ながら、ひとり10枚とか、ときには20枚に迫るような爆釣があるのが秋シーズンだ。

perm_media 《画像ギャラリー》美味マダイが数釣れる! ワラサ&イナダも!!【東京湾・久里浜沖】の画像をチェック! navigate_next

マダイ数釣シーズンに突入だ。2ケタ釣果も夢じゃない!? まじりのワラサ・イナダで、お土産タップリ!!

この日は秋晴れとはいかなかったが、こんな曇天の方がマダイの食いがいいことが多い。

東京湾内のマダイポイント久里浜沖が、秋の数釣りシーズンに突入した。このところトップ4~8枚前後。例年、秋シーズンは2ケタ釣果もポンポン飛び出す久里浜沖、今年もおもしろくなってきた!

サイズは500g~1㎏前後が中心だが、2~4㎏前後もコンスタントに上がっている。

常連さんの多くが「脂が乗っていて最高においしい」という久里浜沖のマダイ。そんな美味マダイが数釣れる。

よりおいしく食べるため、神経締めをする釣り人もいた。

イナダが数まじる時間帯もあった。

良型ワラサもまじります!

強烈な引き込み! 青物の引きとはちょっと様子がちがうようだ。残念ながらハリス切れ。大ダイだったかも…。

コマセの使用量が抑えられ、水の抵抗が小さいFLサイズのビシを使うひとも多い。

イナダ、ワラサもたくさん釣れてお土産に。

秋のマダイシーズンがやって来た。東京湾のコマセマダイのメッカ、久里浜沖では、これから本格的なマダイの数釣りシーズンとなってくる。
このところ500g〜1.5㎏級主体にトップ4〜8枚ぐらい。トップ7枚、8枚釣れる日が少なくないので、今後は2ケタ釣果も期待できそうだ。
秋は食いも活発になり、数釣りができる季節。中、小型が中心だが3〜4㎏も、かなり上がっているので油断は禁物。ドラグは緩めに設定しておくといい。
ドラグをゆるく設定しておく理由は大型マダイに対応するためだけではない。このところマダイポイントで3〜5㎏前後のワラサもまじっているのだ。
勢いよく竿が突っ込んだら、まずは走らせて、大ダイか、それともワラサか確認しよう。細ハリスでのワラサとのやり取りはスリリング。慎重に対応してマダイだけでなくワラサも釣り上げてほしい。もちろん大ダイなら、さらに慎重に!
秋の久里浜沖で、マダイの数釣りとワラサの引き、両方楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2013年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル