MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏の沖釣り祭り・カマス編【相模湾・茅ヶ崎沖】

夏の沖釣り祭り・カマス編【相模湾・茅ヶ崎沖】

相模湾の沖釣りにおいて、夏の風物詩ともいえるのがカマス釣りだ。例年、7月中旬前後から本格開幕する釣りなのだが、今年は異例。いつもより1ヶ月も早く釣れ出したのだ。カマスは群れに当たれば多点掛けが連発。コマセの五目釣りでは多彩な魚種が顔を出し、まさにお祭り状態!

前半はコマセの五目釣り。後半はカマス狙い!

カマス初挑戦の清水希香さんは、早々に初カマスをゲット!

3点掛けはあちこちであった!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「まごうの丸」。

相模湾の夏の風物詩的な釣り物の一つであるカマス。そのカマスが、今年は例年より1ヶ月ほど早く開幕している。
「今年はカマスが始まるのが早かったですね。いつもなら7月中旬ぐらいからスタートするんですけれどね。この夏は長く楽しめそうですよ」と話すのは茅ヶ崎港「まごうの丸」の田中雄太船長。
「まごうの丸」では周年出船しているライト五目でカマスを狙っている。「前半はコマセを使って、イサキ、アジをメインに狙う五目釣りです。カタクチイワシ、サバ、メジナなどもまじって、アタリがが多く楽しめます。後半は専用のフラッシャーサビキを使ってカマスを狙います。7月以降もしばらくは、このメニューでいきますよ」と田中船長。
釣り場はエボシ岩が見える茅ヶ崎沖一帯。前半のコマセ釣りのポイントは水深20m台。後半のカマスは水深10m未満のポイントを狙うことも多い。釣り場は港から近く、水深も浅い。そのうえ多彩な魚種がまじる。手軽に楽しめるので、ビギナーやファミリーにもおすすめだ。

カマスはフラッシャーサビキ、コマセ釣りはウイリー&サビキ

強めにコマセをまいたらメジナがヒット!

「まごうの丸」のライト五目では、バリエーション豊富な仕掛けを用意しておこう。
前半のコマセ釣りでは、ウイリー仕掛け、または魚皮やフラッシャーをハリに巻いたサビキ仕掛けのどちらかを使う。
ウイリー仕掛けを使う場合は、小型のプラビシ40号を装着した片テンビンを介す。サバや良型のメジナのヒットもあるので、クッションゴム1.5㎜、20〜30㎝の先に仕掛けを付けるといいだろう。
ウイリー仕掛けは、枝ス、幹糸ともに2号、全長2.8mの3本バリが標準。すべてのハリがウイリー巻きでも、一番下が空バリ仕様でもOKだ。後者は、空バリにオキアミを付けて狙う。
サビキ仕掛けは、フラッシシャーまたは魚皮がハリに巻かれたものがおすすめ。枝ス2〜3号、幹糸4〜5号、ハリ数8〜10本が標準。道糸の先にサブマリンなどのプラビシを付け、その先にこれらのサビキ仕掛けをつなぐ。
カマスの仕掛けは専用のフラッシャーサビキ。「まごうの丸」で用意しているのは、枝ス3号、幹糸5号、ハリに茶色のフラッシャーを巻いた8本バリ。
カマス狙いでは、コマセは使わないので、道糸にそのまま仕掛けをつなぐ。

仕掛けを何度も投入しなおすのがコツ!

朝からサビキ仕掛けで狙っていた常連さんはイサキの一荷。

「カマスは、仕掛けが着底する前後によくアタります。ですから、何度も入れ替えるのがコツですよ!」と話す田中船長。
仕掛けが着底する直前から、竿先の変化に注意すること。着底の直後にアタリがなければ、そのままウイリーシャクリの要領で、「50㎝シャクリ上げては止める」を繰り返して海面まで探っていく。ここでの誘いは、ハリがシラスの動きをするイメージでおこなうのがコツ。
海面まで探ったら再投入する。手返しよく、何度も仕掛けを入れ替える人ほどアタるようだ。
アタリがあったら、追い食いさせることを念頭に、ゆっくりと巻き上げてくる。「ハリに掛かったカマスが暴れて、いいぐあいに仕掛けが動いて追い食いすることもありますよ」と田中船長。

コマセの五目釣りは仕掛けとコマセの同調がカギ

良型カサゴもヒット!

前半のコマセを使った五目釣りでは、ウイリー仕掛けでもサビキ仕掛けでも、コマセと仕掛けが同調するようにすることがカギ。
竿をふってコマセをまき、ビシから出たコマセの帯のなかに仕掛けが通るようにして、船長の指示するタナの範囲を探っていくのが基本。
コマセ釣りでのメインターゲットはイサキとアジ。そして取材当日は、カタクチイワシも多数まじった。これらの魚はコマセによく反応するので、アタリがあったら追い食いを狙って楽しもう。
アタリがあったタナでそのまま待つか、ゆっくりと巻き上げていくのが代表的な追い食い法だ。

以上の記事は「つり丸」2013年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読