「クロコショウダイ」の寿司…う、う、うますぎる。不覚にも涙ポロリ

「クロコショウダイ」の寿司…う、う、うますぎる。不覚にも涙ポロリ

とうとうダウンジャケットを出してきた。好きじゃないけど、街角にジングルベル。たかさんが「新年になったと思ったら、あっという間に師走さ」と言ったが、まことに一年は短い。年末は慌ただしく、ほとんど隙間のない生活なので、日々深夜に一人酒。酒は超熱燗、肴はクロコショウダイの酒干し。一人のむ酒はさびしいな。


口に入れた途端にシャキーンと背筋が伸びた。うう、う、うま、うま……うますぎる。不覚にも涙がポロリ。長生きできそうな味だ

久しぶりに仕事抜きで関西へ。オフなのに、どうしても市場や魚屋さんをのぞいてしまうため、一緒に行った方から、「たまには仕事忘れなさい」との一言が。初日の朝は大阪中央市場にある『ゑんどう』でつかみずし。東京では握るすしを、いらちーな大阪の市場人につかんでは出し、つかんでは出ししたのが由来。

せっかくの市場なので、『市場寿司』に魚を送った。島根県のキダイ、和歌山県のコショウダイ、大阪湾で揚がったミヤコボラという巻き貝。

翌週、『市場寿司』で遅い昼ご飯を食べていたら、居合わせた釣り師の村さんとナギさんが、コショウダイをつまみながら、

「コショウダイって関東にもいるのかな?」

「普通にいるけど」

「相模湾でも?」

「いっぱいいますよ。ただボクが毎週のように船釣りに通ってた二十年くらい前は珍しかったけどね」

「でも釣ったの見たことないね」

考えてみると、コショウダイだけではなく、コショウダイの仲間であるコロダイも「釣れた」話は聞いたことがない。いや、そういえば愛媛県宇和島から、磯で釣れたコショウダイの写真が送られてきたことがある。とするとコショウダイの仲間は船では釣れず、磯釣りの魚ということになる。でもそんなおかしなこと、あるだろうか。例えば磯釣りのメジナも、イシダイも船釣りにくる。

などという話で盛り上がった翌日に来たのがクロコショウダイである。都心で仕事中に鹿児島市の『田中水産』さんから競り場に「クロコショウが定置で揚がりました。明日行きますから」と電話が来た。

その翌日に到着した発泡には、恐るべし! 重さほとんど5キロの真っ黒な魚が入っていたのだ。

この魚を待つこと三十年。超レアものの魚のひとつである。たかさんに「クロコショウという魚が届いたから、明日持っていく」と電話して、その翌日に、半身なのに一キロ以上もあるのを渡すと、

「クロコショウってのは魚かい」

「魚って言ったでしょ」

「(顔前で振り振りする格好をし)ハクションってヤツだと思った」

「黒い魚は磯臭い♪ 磯臭い♪」なんて歌いながら鈍い動きで刺身を造る。味見に一切れ口に入れた途端にシャキーンと背筋が伸びた。

「うう、う、うま、うま、うま……」。「うまいだろ」、「うますぎる」。

刺身も握りも最上級だった。

さて、話はここで終わらない。その一週間後。ボクの目の前にきた一かんが、すしを長年食い飽きるくらいに食ったボクが、不覚にも涙がポロリとこぼれるほどにうまかった。

下ろした翌日もうまかったのだが、「これはすごすぎる」。

「なんだか、長生きできそうな味だよね。人生まだまだ捨てたもんじゃないって感じかな」

なにしろ一週間で軟らかくなった身が実にすし飯になじむ。なじんで一体となってから、うま味がどっと舌に押し寄せてくる。その上後味がいい。このように見事に熟成したのは、半身を晒しにくるみ、マグロ屋の氷のなかで熟成させたためだ。

釣り師の村さんに写真を見せたら、「クロコショウダイ釣りたいな。引きもよさそうだし」。確かに鯛型で引きもよさそうだ。

ボクがうまいうまい、と感激していたら、お隣の女性が「それなんですか?」と聞くのでホワイトボードにある「黒胡椒」を指さす。

「これ魚なんだ。わかんない」

「あらあら、こりゃー大失“鯛”。鯛を書き忘れました」

さて師走に突入。ご近所の釣り師も正月用のタイを釣り始めた。「おーい、タイ待ってるからねー」。

クロコショウダイ(スズキ目イサキ科コショウダイ属)

和歌山県、高知県などでも見られたことがあるが、基本的には鹿児島県以南に生息する。生息域の中心は西太平洋の熱帯域である。浅い岩礁地帯やサンゴ礁域にいて、全身が黒く、体高がある。しかも左右に厚みがあるので30㎝を超えると1㎏前後、最大級は体長50㎝で5㎏を超える。
明治期以後に入ってきた分類学がすすむにつれ、多くの魚に標準和名がつけられてきたが、できるだけ古文献や実際に使われている呼び名から選ばれた。ただし特定できないものは新しく命名していった。本種は「コショウダイ属の魚であって黒い」という分類学的な命名で、例えば戦後、熱帯期の魚類の分類がすすむまで、あまり知られていない魚であったようだ。生息域の最北部である鹿児島県ではコロダイと同じ呼び名で「川こで」、「ここで」で、ようするにあまり取れないので、本種だけの呼び名がない。沖縄県では「しばちゃしちゅー」、「はいばかま」、「つばき」。
残念ながら市場では一定の評価はない。鹿児島県ではコロダイと同額。1㎏あたり1000円ほど。1尾5㎏で5000円ほどで買えた。ボクの個人的評価は1㎏あたり5000円超えだったので、安い!

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2015年1月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


「カワハギ」の寿司…舌に気持ちを集中させると、甘みと微かなうま味

「カワハギ」の寿司…舌に気持ちを集中させると、甘みと微かなうま味

和歌山県出身の小説家で詩人の佐藤春夫は夕餉のサンマに秋を感じ、新宮特産でみかんほどの大きさの柑橘類「さんず」を搾り食らう。ボクは肝のふくらんだカワハギに去りゆく秋を感じて、古里のならいに従い一尾丸ごとみそ汁で煮て、すだちを搾り食べる。あわれ秋風よ、今季も食べ過ぎて太り後悔するらん。冬はダイエットなのだ。


「ヒラメ」の寿司…ほっぺの握り炙って食す。初めての味だ。うまい

「ヒラメ」の寿司…ほっぺの握り炙って食す。初めての味だ。うまい

数え日が近くなってきた。ただでさえあっという間に過ぎ去ってしまう師走。今年はことさら旅が多いので、正月の用意すらままならず、と言った体たらくだ。久々に家にいる日に、巨大ヒラメの頭を炭火で焼き上げて、身を食らい、その残骸でだしを取り、天王寺蕪を炊いてみた。やはり白身の王様、「骨になってもヒラメ」、いい味を出しております。


「ムロアジ」の寿司…こーんなにうまいのに、どうして安いんだろ

「ムロアジ」の寿司…こーんなにうまいのに、どうして安いんだろ

今年もあと何日と数えられるようになってきた。多摩丘陵は紅葉よりも、裸木が目立つようになってきている。酉の市も終わり、そろそろ酒も冷やよりも常温、常温よりも燗がうまくなってきた。福井県三方湖そばの酒蔵で買った、甘口の酒をぬる燗にして、肴は相模湾の定置網にはいった脂がのったムロアジの刺身。


「アイナメ」の寿司…触っただけで、脂が乗っているのがわかる

「アイナメ」の寿司…触っただけで、脂が乗っているのがわかる

突然の選挙に、新党乱立。平凡なオヤジなので、頭の中がこんがらがって困る。その上、厳しい寒さが到来。こんな冬だからこそ、鍋物がうまいのである。アイナメのすしをつまんだら、その夜は、アイナメの鍋。秋田から送られてきたしょっつるで味つけしたら、矢鱈にうまい。この冬も体重が増えそう。


「ヒラメ」の寿司…これぞ、「生きてきてよかった」という味だ

「ヒラメ」の寿司…これぞ、「生きてきてよかった」という味だ

朝方、あまりの寒さに目が覚めて、ベランダの温度計を見たら摂氏四度。寒いはずだと半天をはおり、七輪を出してきて、お餅の今期初食い。近所の酒屋さんで、ひやおろしの酒を買い、燗酒を今期初飲み。今年も師走が目の前に来たのだな、と燗酒をあおり、肴は「そげ」の昆布締めである。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング