「クロコショウダイ」の寿司…う、う、うますぎる。不覚にも涙ポロリ

「クロコショウダイ」の寿司…う、う、うますぎる。不覚にも涙ポロリ

とうとうダウンジャケットを出してきた。好きじゃないけど、街角にジングルベル。たかさんが「新年になったと思ったら、あっという間に師走さ」と言ったが、まことに一年は短い。年末は慌ただしく、ほとんど隙間のない生活なので、日々深夜に一人酒。酒は超熱燗、肴はクロコショウダイの酒干し。一人のむ酒はさびしいな。


口に入れた途端にシャキーンと背筋が伸びた。うう、う、うま、うま……うますぎる。不覚にも涙がポロリ。長生きできそうな味だ

久しぶりに仕事抜きで関西へ。オフなのに、どうしても市場や魚屋さんをのぞいてしまうため、一緒に行った方から、「たまには仕事忘れなさい」との一言が。初日の朝は大阪中央市場にある『ゑんどう』でつかみずし。東京では握るすしを、いらちーな大阪の市場人につかんでは出し、つかんでは出ししたのが由来。

せっかくの市場なので、『市場寿司』に魚を送った。島根県のキダイ、和歌山県のコショウダイ、大阪湾で揚がったミヤコボラという巻き貝。

翌週、『市場寿司』で遅い昼ご飯を食べていたら、居合わせた釣り師の村さんとナギさんが、コショウダイをつまみながら、

「コショウダイって関東にもいるのかな?」

「普通にいるけど」

「相模湾でも?」

「いっぱいいますよ。ただボクが毎週のように船釣りに通ってた二十年くらい前は珍しかったけどね」

「でも釣ったの見たことないね」

考えてみると、コショウダイだけではなく、コショウダイの仲間であるコロダイも「釣れた」話は聞いたことがない。いや、そういえば愛媛県宇和島から、磯で釣れたコショウダイの写真が送られてきたことがある。とするとコショウダイの仲間は船では釣れず、磯釣りの魚ということになる。でもそんなおかしなこと、あるだろうか。例えば磯釣りのメジナも、イシダイも船釣りにくる。

などという話で盛り上がった翌日に来たのがクロコショウダイである。都心で仕事中に鹿児島市の『田中水産』さんから競り場に「クロコショウが定置で揚がりました。明日行きますから」と電話が来た。

その翌日に到着した発泡には、恐るべし! 重さほとんど5キロの真っ黒な魚が入っていたのだ。

この魚を待つこと三十年。超レアものの魚のひとつである。たかさんに「クロコショウという魚が届いたから、明日持っていく」と電話して、その翌日に、半身なのに一キロ以上もあるのを渡すと、

「クロコショウってのは魚かい」

「魚って言ったでしょ」

「(顔前で振り振りする格好をし)ハクションってヤツだと思った」

「黒い魚は磯臭い♪ 磯臭い♪」なんて歌いながら鈍い動きで刺身を造る。味見に一切れ口に入れた途端にシャキーンと背筋が伸びた。

「うう、う、うま、うま、うま……」。「うまいだろ」、「うますぎる」。

刺身も握りも最上級だった。

さて、話はここで終わらない。その一週間後。ボクの目の前にきた一かんが、すしを長年食い飽きるくらいに食ったボクが、不覚にも涙がポロリとこぼれるほどにうまかった。

下ろした翌日もうまかったのだが、「これはすごすぎる」。

「なんだか、長生きできそうな味だよね。人生まだまだ捨てたもんじゃないって感じかな」

なにしろ一週間で軟らかくなった身が実にすし飯になじむ。なじんで一体となってから、うま味がどっと舌に押し寄せてくる。その上後味がいい。このように見事に熟成したのは、半身を晒しにくるみ、マグロ屋の氷のなかで熟成させたためだ。

釣り師の村さんに写真を見せたら、「クロコショウダイ釣りたいな。引きもよさそうだし」。確かに鯛型で引きもよさそうだ。

ボクがうまいうまい、と感激していたら、お隣の女性が「それなんですか?」と聞くのでホワイトボードにある「黒胡椒」を指さす。

「これ魚なんだ。わかんない」

「あらあら、こりゃー大失“鯛”。鯛を書き忘れました」

さて師走に突入。ご近所の釣り師も正月用のタイを釣り始めた。「おーい、タイ待ってるからねー」。

クロコショウダイ(スズキ目イサキ科コショウダイ属)

和歌山県、高知県などでも見られたことがあるが、基本的には鹿児島県以南に生息する。生息域の中心は西太平洋の熱帯域である。浅い岩礁地帯やサンゴ礁域にいて、全身が黒く、体高がある。しかも左右に厚みがあるので30㎝を超えると1㎏前後、最大級は体長50㎝で5㎏を超える。
明治期以後に入ってきた分類学がすすむにつれ、多くの魚に標準和名がつけられてきたが、できるだけ古文献や実際に使われている呼び名から選ばれた。ただし特定できないものは新しく命名していった。本種は「コショウダイ属の魚であって黒い」という分類学的な命名で、例えば戦後、熱帯期の魚類の分類がすすむまで、あまり知られていない魚であったようだ。生息域の最北部である鹿児島県ではコロダイと同じ呼び名で「川こで」、「ここで」で、ようするにあまり取れないので、本種だけの呼び名がない。沖縄県では「しばちゃしちゅー」、「はいばかま」、「つばき」。
残念ながら市場では一定の評価はない。鹿児島県ではコロダイと同額。1㎏あたり1000円ほど。1尾5㎏で5000円ほどで買えた。ボクの個人的評価は1㎏あたり5000円超えだったので、安い!

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

関連する投稿


「ベニアコウ」の寿司…実に甘い。さわやかな後を引かない甘さだ

「ベニアコウ」の寿司…実に甘い。さわやかな後を引かない甘さだ

梅が満開だ。たかさんが珍しく「オレは桜よりもひそやかに咲く梅が好き」なんてしゃれたことを言う。「梅の次はチューリップかな」なんて小学生のようなことも。「春は深場釣りの季節なんだよ」と電動リールの手入れをするご近所の釣り師もいる。その深場釣りのターゲット、オオサガ(ベニアコウ)の鍋をつつき、酒は埼玉の花陽浴の冷や。


「ホシササノハベラ」の寿司…皮と皮下に十二分にうま味がある

「ホシササノハベラ」の寿司…皮と皮下に十二分にうま味がある

バレンタインデーは両手に余るチョコレートをもらった。ホワイトデーには豪華絢爛なホテルを予約して、さてどの娘を誘おうかな、なんて夢を見た。正夢にならないか、と思ったら、ただの夢だった。虚しい。「わっぺん」と呼ばれる小振りのカワハギの一夜干しをあぶり、茨城県水戸市の銘酒「一品」の熱燗をやる。今回はそのカワハギの外道のお話。


「ホウセキハタモドキ」の寿司…うまさに余韻がある。大人の味だ

「ホウセキハタモドキ」の寿司…うまさに余韻がある。大人の味だ

外出しないで一日中パソコンに向かっている。これこそが健康的には最悪だろう。外歩きが楽しい季節になろうというのに、まことに陰々滅々。いやだねーと思うと、ついつい酒に手が伸びてしまう。せめてうまい酒、うまい肴でも食べようではないか。ということで本日はホウセキハタモドキのちり鍋。


「タマガンゾウビラメ」の寿司…白身なのに濃厚なうま味がある

「タマガンゾウビラメ」の寿司…白身なのに濃厚なうま味がある

春は震災復興の一助に福島に通うことになりそうで、やたらに慌ただしい。これじゃますます相模湾で竿を出すのが遠のく。その相模湾で終盤を迎えたアマダイ釣りの、外道ばかりをカリッと揚げる。酒は映画『釣りバカ日誌』で有名になったいわき市の酒、「又兵衛 純米酒」。タマガンゾウビラメの唐揚げがうまい。


「オオスジハタ」の寿司…翌日、翌々日と味がのり三日目が一番うまい

「オオスジハタ」の寿司…翌日、翌々日と味がのり三日目が一番うまい

梅は咲いたか、なんて思っていたら、すっかり春なのである。紅梅、白梅が満開になり、いろんな木の花、草の花が咲き出した。当然、オヤジだってうきうきする。今でも妻に岡惚れなんて御仁もいるが、オヤジだって恋の花を咲かせたいねー。まあ絶対ありえないことだけど。しかたなく、古い友人と今季最後のオオスジハタのちり鍋。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読