MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサは丸々太って引き強烈、マダイも期待!【相模湾西部・真鶴沖】

ワラサは丸々太って引き強烈、マダイも期待!【相模湾西部・真鶴沖】

9月中旬の前後、各地でワラサのまとまった釣果が聞かれるようになったが、相模湾西部の真鶴沖でもワラサが本格開幕した。釣り場は三ツ石が見える水深50〜60m。過去に何度もワラサが爆釣した実績のある場所だ。開幕直後は全員が型を見ることも多く、トップ二桁を記録することもあった。

開幕直後にはトップ10本を超すこともあり、全員が型を見ることも珍しくなかった

当日は食い渋ったが、清水希香さんは朝イチと後半に丸々太ったワラサをゲット!

船中ファーストヒットをモノにした!

取材当日は、三ツ石の東側、水深60〜70mで食った。

オススメのエサ付けは、オキアミ3匹の房掛け。

朝イチのチャンスタイムは逃さないように!

こちらの釣り人は中盤から後半にかけて2連発! 最後まで諦めてはいけない。

久しぶりに真鶴沖でワラサがまとまって釣れ始めた。時期的には、これからが本番だ。
過去に何度も爆釣した実績のある、相模湾西部・真鶴沖。9月中旬すぎからワラサが釣れ出した。開幕直後にはトップ10本を超すこともあり、全員が型を見ることも珍しくなかった。10月前半の時点でも、順調に釣れ続いている。
画像を見ればわかるとおり、ワラサは丸々太った個体が多い。4㎏級ともなれば引きはかなり強烈。油断すると痛い目に遭うので、朝イチはハリス6〜8号で万全の態勢で臨もう!
また同ポイントはマダイの魚影も濃く、日によっては数釣れることもある。つまり、ワラサ狙いでも秋のツートップであるワラサとマダイの両方をモノにできる可能性もあるのだ!!

以上の記事は「つり丸」2013年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読