MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のマダイ、ココでドカンと大型を狙え!【南房・西川名〜平砂浦沖】

秋のマダイ、ココでドカンと大型を狙え!【南房・西川名〜平砂浦沖】

房総半島の先端部に位置する南房・西川名〜平砂浦。この沖には黒潮が接岸し、さまざまな青物が回遊するほか、東京湾口なので潮の流れが複雑。海のなかの生き物たちにとっては湾奥の栄養分がたっぷり含まれた潮と黒潮がまざりあう豊穣な海だ。

ビッグワンのファイトをダイレクトに体感できるのが魅力。今季は、とにかくマダイの魚影が濃い。大ダイラッシュに期待だ

船橋市の川畑圭一さんは、「竜一丸」の午前船に乗り平砂浦沖で7.4㎏の大ダイをキャッチ!!

「青物か!?」と思われた強烈なファイトをみせたその正体は、なんと大ダイ。南房にはモンスター級が多く潜む。

館山市の正木翔さんは4.9㎏の大ダイをあげた。

大型魚をLTともいえるタックルで釣りあげたときの喜びはひとしお。

「竜一丸」のマダイ釣りは午前と午後の2便体制。午後船もおすすめだ。

このマダイタックルで楽しむ青物の引きは格別。1匹1匹慎重なやりとりをしよう。

半日でこれだけ釣れれば御の字。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・南房西川名港「竜一丸」。

南房のマダイ釣りが熱い! 10月まで夏の陽気だったが、海のなかもようやく秋本番になり、主役のマダイたちが元気になってきた。南房・平砂浦沖では、イナダ・ワラサまじりで大ダイ釣りが盛り上がっている。
「いつもの年以上に青物は多いけど、ヒットしてから止まらなくてプツンっていうハリス切れが頻発してたんだ。デカイマダイだったんだね。もちろん、ヒラマサかもしれない。やっと秋になりましたよ。ここも」とは、12月いっぱいまでマダイ専門に出船する西川名港「竜一丸」の安西竜一船長。
ショートロッドとオモリ60号ビシ、6mのハリスで勝負する“ショートゲーム”が特徴である「竜一丸」のコマセマダイ釣り。ビッグワンのファイトを限りなくダイレクトに体感できるのが魅力だ。
今季はとにかくマダイの魚影が濃いという。大ダイラッシュに期待しよう。

マダイ仕掛け&マダイの釣り方

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読