MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のマダイ、ココでドカンと大型を狙え!【南房・西川名〜平砂浦沖】

秋のマダイ、ココでドカンと大型を狙え!【南房・西川名〜平砂浦沖】

房総半島の先端部に位置する南房・西川名〜平砂浦。この沖には黒潮が接岸し、さまざまな青物が回遊するほか、東京湾口なので潮の流れが複雑。海のなかの生き物たちにとっては湾奥の栄養分がたっぷり含まれた潮と黒潮がまざりあう豊穣な海だ。

ビッグワンのファイトをダイレクトに体感できるのが魅力。今季は、とにかくマダイの魚影が濃い。大ダイラッシュに期待だ

船橋市の川畑圭一さんは、「竜一丸」の午前船に乗り平砂浦沖で7.4㎏の大ダイをキャッチ!!

「青物か!?」と思われた強烈なファイトをみせたその正体は、なんと大ダイ。南房にはモンスター級が多く潜む。

館山市の正木翔さんは4.9㎏の大ダイをあげた。

大型魚をLTともいえるタックルで釣りあげたときの喜びはひとしお。

「竜一丸」のマダイ釣りは午前と午後の2便体制。午後船もおすすめだ。

このマダイタックルで楽しむ青物の引きは格別。1匹1匹慎重なやりとりをしよう。

半日でこれだけ釣れれば御の字。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・南房西川名港「竜一丸」。

南房のマダイ釣りが熱い! 10月まで夏の陽気だったが、海のなかもようやく秋本番になり、主役のマダイたちが元気になってきた。南房・平砂浦沖では、イナダ・ワラサまじりで大ダイ釣りが盛り上がっている。
「いつもの年以上に青物は多いけど、ヒットしてから止まらなくてプツンっていうハリス切れが頻発してたんだ。デカイマダイだったんだね。もちろん、ヒラマサかもしれない。やっと秋になりましたよ。ここも」とは、12月いっぱいまでマダイ専門に出船する西川名港「竜一丸」の安西竜一船長。
ショートロッドとオモリ60号ビシ、6mのハリスで勝負する“ショートゲーム”が特徴である「竜一丸」のコマセマダイ釣り。ビッグワンのファイトを限りなくダイレクトに体感できるのが魅力だ。
今季はとにかくマダイの魚影が濃いという。大ダイラッシュに期待しよう。

マダイ仕掛け&マダイの釣り方

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読