MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋のマダイ、ココでドカンと大型を狙え!【南房・西川名〜平砂浦沖】

秋のマダイ、ココでドカンと大型を狙え!【南房・西川名〜平砂浦沖】

房総半島の先端部に位置する南房・西川名〜平砂浦。この沖には黒潮が接岸し、さまざまな青物が回遊するほか、東京湾口なので潮の流れが複雑。海のなかの生き物たちにとっては湾奥の栄養分がたっぷり含まれた潮と黒潮がまざりあう豊穣な海だ。

perm_media 《画像ギャラリー》秋のマダイ、ココでドカンと大型を狙え!【南房・西川名〜平砂浦沖】の画像をチェック! navigate_next

ビッグワンのファイトをダイレクトに体感できるのが魅力。今季は、とにかくマダイの魚影が濃い。大ダイラッシュに期待だ

船橋市の川畑圭一さんは、「竜一丸」の午前船に乗り平砂浦沖で7.4㎏の大ダイをキャッチ!!

「青物か!?」と思われた強烈なファイトをみせたその正体は、なんと大ダイ。南房にはモンスター級が多く潜む。

館山市の正木翔さんは4.9㎏の大ダイをあげた。

大型魚をLTともいえるタックルで釣りあげたときの喜びはひとしお。

「竜一丸」のマダイ釣りは午前と午後の2便体制。午後船もおすすめだ。

このマダイタックルで楽しむ青物の引きは格別。1匹1匹慎重なやりとりをしよう。

半日でこれだけ釣れれば御の字。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・南房西川名港「竜一丸」。

南房のマダイ釣りが熱い! 10月まで夏の陽気だったが、海のなかもようやく秋本番になり、主役のマダイたちが元気になってきた。南房・平砂浦沖では、イナダ・ワラサまじりで大ダイ釣りが盛り上がっている。
「いつもの年以上に青物は多いけど、ヒットしてから止まらなくてプツンっていうハリス切れが頻発してたんだ。デカイマダイだったんだね。もちろん、ヒラマサかもしれない。やっと秋になりましたよ。ここも」とは、12月いっぱいまでマダイ専門に出船する西川名港「竜一丸」の安西竜一船長。
ショートロッドとオモリ60号ビシ、6mのハリスで勝負する“ショートゲーム”が特徴である「竜一丸」のコマセマダイ釣り。ビッグワンのファイトを限りなくダイレクトに体感できるのが魅力だ。
今季はとにかくマダイの魚影が濃いという。大ダイラッシュに期待しよう。

マダイ仕掛け&マダイの釣り方

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル