静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

連日船中複数の二桁釣果をマークするトップシーズンを迎えた「カンネコ根」のアカムツ。今や関東のメッカであり、全国各地のアカムツ釣り場がそのスタイルを意識する程の影響力を持つ釣り場となったのが「カンネコ根」だ。


最近40㎝オーバーがまじり始めた! 10月いっぱいは楽しめるぞ

ちょっと食い渋り時でも名人遠藤さんはこのとおり。

丸々とした43㎝の大型アカムツ浮上!

ポイントは、利根川河口から航程約1時間のカンネコ根周辺。水深120〜130mを攻める。

「三栄丸」で44㎝のアカムツをあげた足立区の大崎圭さん。当日、炙りの刺し身で食して超絶品だったという。

美浦村の佐藤博貴アカムツ釣り名人は、順調にアカムツの数を増やす。一荷ヒットもしばしばだ。

サイズは小ぶりながらも一人でダントツの釣果をたたき出した佐藤名人。ゼロテンションでアタリを待つことが肝という。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「仁徳丸」。

ゴールデンウイーク後から釣れ続いている波崎沖カンネコ根のアカムツ。
今期は数は釣れるがサイズが小さい…と思っている釣り人も多いが、小さくたって味は絶品だ。
「今期はみなさんご存知のとおり、GWの犬吠埼沖のアカムツフィーバーからこれまでずっとほぼ途切れることなくアカムツ乗合を出船しています。例年なら9月10月がカンネコ根の乗っ込みアカムツの最盛期なんですよね。ようやくここ最近40㎝オーバーがまじりはじめたので10月いっぱいは楽しめると思いますよ」とは、波崎「仁徳丸」の三橋正幸船長。
じつは、サイズはこぶりだが、トップツ抜けは当たり前の爆釣日が9月半ば以降続いていたのだ。小ぶりが目立つが大型もようやくまじり始めている。
「エサも小さめ、誘いも静かに行うほうが釣れますよ」とは、深場釣りに詳しい波崎「三栄丸」木村卓三船長の弁。
まず、置き竿にしっぱなしでは釣れないカンネコ根のアカムツ。テクニックにより釣果の差がはっきりと出ているのも今期の秋の特徴だ。
やればやるほどハマルこの釣り。肝はヤハリ誘い法。できるだけ静かにスローに仕掛けを動かして、カワハギでいう“ゼロテンション”でアタリを待つ、というのが名人たちのテクニック。激うまは自分で釣るしか味わえないぞ。

アカムツフリークたちが勧める「静の釣り」

関連する投稿


狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!


使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

波崎沖のシーズンは11月いっぱい。来年、6月までお休みだ。波崎沖で誕生した熱烈なアカムツフリークたちは、その矛先をほぼ周年狙えるこの南房へ向けたのだ。


稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

言わずと知れた高級魚アカムツ。今回の取材の釣果により本格シーズン突入を実感。年末年始に向け、更なる期待が膨らむ。


こんなところでアカムツが釣れるの? 釣れるんです!!【清水沖】

こんなところでアカムツが釣れるの? 釣れるんです!!【清水沖】

みんな大好きな高級魚アカムツ。この高嶺(高値?)の花とも言うべきターゲットが、超身近な港前のポイントで釣れてしまうのだ。高嶺の花にビビる必要なし。気軽にレッツチャレンジであります。


アカムツ&アマダイ豪華リレー、タチウオも開幕!【富山湾・新湊沖】

アカムツ&アマダイ豪華リレー、タチウオも開幕!【富山湾・新湊沖】

冬の富山湾内はぜいたくだ。港からほど近くのポイントでアカムツ、アマダイ、タチウオ、オニカサゴ、アラ、アオリイカ、キジハタなどが釣れるのだ。なかでもいま好調なのは、激ウマのアカムツ。アカムツをメインターゲットに、リレーでアマダイを狙い、ゲストも豪華で豊富。こりゃーもう一年を締めくくるにふさわしい釣行となること請け合いだ。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング