静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

連日船中複数の二桁釣果をマークするトップシーズンを迎えた「カンネコ根」のアカムツ。今や関東のメッカであり、全国各地のアカムツ釣り場がそのスタイルを意識する程の影響力を持つ釣り場となったのが「カンネコ根」だ。


最近40㎝オーバーがまじり始めた! 10月いっぱいは楽しめるぞ

ちょっと食い渋り時でも名人遠藤さんはこのとおり。

丸々とした43㎝の大型アカムツ浮上!

ポイントは、利根川河口から航程約1時間のカンネコ根周辺。水深120〜130mを攻める。

「三栄丸」で44㎝のアカムツをあげた足立区の大崎圭さん。当日、炙りの刺し身で食して超絶品だったという。

美浦村の佐藤博貴アカムツ釣り名人は、順調にアカムツの数を増やす。一荷ヒットもしばしばだ。

関連する投稿


近場でコンスタントに釣れる良型アカムツ【駿河湾・焼津沖】

近場でコンスタントに釣れる良型アカムツ【駿河湾・焼津沖】

今シーズン、駿河湾のアカムツが絶好調だ。ここ焼津沖周辺は急深の地形のため、ポイントは港から至近。水深200〜250mには周年、アカムツが生息しているという。そのため、一年中アカムツが狙えるという。


ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

ターゲットは水深200〜300mのアカムツだぁ!【駿河湾・清水沖】

こんな陸近くでアカムツが釣れるの? 目の前の船は何? コマセマダイ船団かあ」、こんな会話が世界遺産になっている三保の松原をすぐ目前にする海上で交わされる。駿河湾は急深のところが多く、水深200mまで一気に掛け下がっているところも珍しくない。陸近くであっても、そこはアカムツのポイントとなるという。


冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

冨山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

日本海は大荒れの季節だ。だが、富山湾内はちょっと様子が違う。季節風である西風を能登半島がさえぎり、なんと寒さはともかくとして、高出船率で冬絶品ターゲットが狙える。まさに、北陸の救世主的な釣り場なのだ。


狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!


使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

使い慣れた中深場タックルでお手軽アカムツ釣り【南房・江見沖】

波崎沖のシーズンは11月いっぱい。来年、6月までお休みだ。波崎沖で誕生した熱烈なアカムツフリークたちは、その矛先をほぼ周年狙えるこの南房へ向けたのだ。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読