静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

連日船中複数の二桁釣果をマークするトップシーズンを迎えた「カンネコ根」のアカムツ。今や関東のメッカであり、全国各地のアカムツ釣り場がそのスタイルを意識する程の影響力を持つ釣り場となったのが「カンネコ根」だ。


最近40㎝オーバーがまじり始めた! 10月いっぱいは楽しめるぞ

ちょっと食い渋り時でも名人遠藤さんはこのとおり。

丸々とした43㎝の大型アカムツ浮上!

ポイントは、利根川河口から航程約1時間のカンネコ根周辺。水深120〜130mを攻める。

「三栄丸」で44㎝のアカムツをあげた足立区の大崎圭さん。当日、炙りの刺し身で食して超絶品だったという。

美浦村の佐藤博貴アカムツ釣り名人は、順調にアカムツの数を増やす。一荷ヒットもしばしばだ。

サイズは小ぶりながらも一人でダントツの釣果をたたき出した佐藤名人。ゼロテンションでアタリを待つことが肝という。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「仁徳丸」。

ゴールデンウイーク後から釣れ続いている波崎沖カンネコ根のアカムツ。
今期は数は釣れるがサイズが小さい…と思っている釣り人も多いが、小さくたって味は絶品だ。
「今期はみなさんご存知のとおり、GWの犬吠埼沖のアカムツフィーバーからこれまでずっとほぼ途切れることなくアカムツ乗合を出船しています。例年なら9月10月がカンネコ根の乗っ込みアカムツの最盛期なんですよね。ようやくここ最近40㎝オーバーがまじりはじめたので10月いっぱいは楽しめると思いますよ」とは、波崎「仁徳丸」の三橋正幸船長。
じつは、サイズはこぶりだが、トップツ抜けは当たり前の爆釣日が9月半ば以降続いていたのだ。小ぶりが目立つが大型もようやくまじり始めている。
「エサも小さめ、誘いも静かに行うほうが釣れますよ」とは、深場釣りに詳しい波崎「三栄丸」木村卓三船長の弁。
まず、置き竿にしっぱなしでは釣れないカンネコ根のアカムツ。テクニックにより釣果の差がはっきりと出ているのも今期の秋の特徴だ。
やればやるほどハマルこの釣り。肝はヤハリ誘い法。できるだけ静かにスローに仕掛けを動かして、カワハギでいう“ゼロテンション”でアタリを待つ、というのが名人たちのテクニック。激うまは自分で釣るしか味わえないぞ。

アカムツフリークたちが勧める「静の釣り」

関連する投稿


「アカムツ」の寿司…甘い。その後にじんわりとうま味が浮き上がる

「アカムツ」の寿司…甘い。その後にじんわりとうま味が浮き上がる

ニイニイゼミにアブラゼミ、ミンミンゼミが鳴き出した。そしてツクツクボウシも鳴き出して夏真っ盛りに。そして時は過ぎ夕暮れにヒグラシの声が聞こえてくるように。秋近しかも知れない。冷蔵庫で冷やした会津の銘酒『末廣』大吟醸を飲む。肴は北のキンキとともに「赤の二大高級魚」とされるアカムツの刺身である。


食味も抜群な波崎沖のアカムツ、盛期を迎え絶好調!【茨城・波崎沖】

食味も抜群な波崎沖のアカムツ、盛期を迎え絶好調!【茨城・波崎沖】

いよいよ好釣の兆しを見せてきた波崎沖のアカムツ釣り。美味なる魚は数あれど、アカムツが一番美味いと言うグルメな釣り人も多い。この超絶美味なる魚を求め、好漁場「カンネコ根」へ、いざ行かん!


大アカムツ確実釣果宣言・能代沖編【秋田県・能代沖】

大アカムツ確実釣果宣言・能代沖編【秋田県・能代沖】

秋田の沖釣りでは、アカムツは根魚釣りでのマレな嬉しいゲストであった。それを近年のアカムツ人気の高まりで、釣り方、仕掛け、ポイント探索を進めて、専門に狙うようになったのである。能代沖のアカムツは、6月頃に始まり11月あたりまでがベストシーズン。新たなポイントが開拓されて、さらなる好釣果が期待できるだろう。


大アカムツ確実釣果宣言・那珂湊沖編【那珂湊沖】

大アカムツ確実釣果宣言・那珂湊沖編【那珂湊沖】

沖釣りターゲットの中で最上級と言っても過言ではない食味を誇る高級魚アカムツ。かつては“幻の魚”などと呼ばれ、なかなか釣れない魚の代表格のように思われ続けていたが、近年ではポイント開拓や釣り方の研究も進み、“狙えばけっこう釣れる魚”となりつつある。これは狙わない手はない。今日は最上級の味を堪能しよう。


大アカムツ確実釣果宣言・東伊豆根編【東伊豆】

大アカムツ確実釣果宣言・東伊豆根編【東伊豆】

東伊豆伊東港「たか丸」は、ほぼ周年、中深場の根魚釣りで伊東沖周辺に出船している。そのメインターゲットはアカムツ、しかも〝大アカムツ〟だ。とにかくおいしい超高級魚だけに、30㎝級でも釣れれば大喜びだが、「たか丸」では40〜50㎝クラスがアベレージ、50㎝オーバーが上がることも珍しくない。大きな期待を胸に、いざ釣行だ。


最新の投稿


秋ダイ高活性!  食べごろサイズの 数釣り満喫!【東京湾口富浦沖】

秋ダイ高活性! 食べごろサイズの 数釣り満喫!【東京湾口富浦沖】

秋本番で各地の魚たちはみな高活性! 釣り物選びに困ってしまう季節。そこで、沖釣りの超人気ターゲットであるマダイをセレクト! 釣果の程を紹介する。


鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

冬が近づきつつある今日この頃、いよいよ鍋が旨い季節がやって参りました。魚が主役の旨い鍋は色々とありますが、ショウサイフグの鍋は特に激ウマです。さぁ、調達だ。大海へ出よう!


ビシアジ釣りが今秋の旬、大アジ絶好釣!!【宮城仙台湾】

ビシアジ釣りが今秋の旬、大アジ絶好釣!!【宮城仙台湾】

仙台湾のアジが激アツだ。釣果アップの肝は、アピールのある仕掛けとエサのチョイス。好釣ならば、60匹超えもあるぞ!


モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

9月7日から3泊4日のスケジュールで「アルファタックル」スタッフによる、奄美大島からトカラ列島、宝島への遠征釣りが実施された。狙うは40㎏オーバーの巨大カンパチだ。


数も型もイケる! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

数も型もイケる! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

東京湾のマコガレイが産卵期を間近に控え、荒食いシーズンに突入した。夏場に口を使わなかったカレイたちが、一斉にエサを追い出し、春の大型狙いと並ぶ、好シーズンである。


ランキング


>>総合人気ランキング