静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

連日船中複数の二桁釣果をマークするトップシーズンを迎えた「カンネコ根」のアカムツ。今や関東のメッカであり、全国各地のアカムツ釣り場がそのスタイルを意識する程の影響力を持つ釣り場となったのが「カンネコ根」だ。


最近40㎝オーバーがまじり始めた! 10月いっぱいは楽しめるぞ

ちょっと食い渋り時でも名人遠藤さんはこのとおり。

丸々とした43㎝の大型アカムツ浮上!

ポイントは、利根川河口から航程約1時間のカンネコ根周辺。水深120〜130mを攻める。

「三栄丸」で44㎝のアカムツをあげた足立区の大崎圭さん。当日、炙りの刺し身で食して超絶品だったという。

美浦村の佐藤博貴アカムツ釣り名人は、順調にアカムツの数を増やす。一荷ヒットもしばしばだ。

サイズは小ぶりながらも一人でダントツの釣果をたたき出した佐藤名人。ゼロテンションでアタリを待つことが肝という。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「仁徳丸」。

ゴールデンウイーク後から釣れ続いている波崎沖カンネコ根のアカムツ。
今期は数は釣れるがサイズが小さい…と思っている釣り人も多いが、小さくたって味は絶品だ。
「今期はみなさんご存知のとおり、GWの犬吠埼沖のアカムツフィーバーからこれまでずっとほぼ途切れることなくアカムツ乗合を出船しています。例年なら9月10月がカンネコ根の乗っ込みアカムツの最盛期なんですよね。ようやくここ最近40㎝オーバーがまじりはじめたので10月いっぱいは楽しめると思いますよ」とは、波崎「仁徳丸」の三橋正幸船長。
じつは、サイズはこぶりだが、トップツ抜けは当たり前の爆釣日が9月半ば以降続いていたのだ。小ぶりが目立つが大型もようやくまじり始めている。
「エサも小さめ、誘いも静かに行うほうが釣れますよ」とは、深場釣りに詳しい波崎「三栄丸」木村卓三船長の弁。
まず、置き竿にしっぱなしでは釣れないカンネコ根のアカムツ。テクニックにより釣果の差がはっきりと出ているのも今期の秋の特徴だ。
やればやるほどハマルこの釣り。肝はヤハリ誘い法。できるだけ静かにスローに仕掛けを動かして、カワハギでいう“ゼロテンション”でアタリを待つ、というのが名人たちのテクニック。激うまは自分で釣るしか味わえないぞ。

アカムツフリークたちが勧める「静の釣り」

アカムツ釣り名人の久喜市の遠藤実剣さん。誘いパターンを把握すると次々に数を重ねた。

二桁釣果のアカムツフリークたちが口を揃えるのが「今シーズンは静の釣り」だという。
カンネコ釣法と言えばカワハギ宜しく「タタキ」や「タルマセ」を筆頭とした「アピール釣法」がクローズアップされてきた(もちろんそれが全てではない)が、今期ここまでは「仕掛けを動かさず、静かにアタリを待つ」が釣果に繋がっている傾向だという。
執筆直前の実釣の際はタックルは手持ち「オモリを着底させた状態でラインを張って微細なアタリを拾い、一呼吸置いてロッドで聞き上げる様に乗せる」が奏功した。

今期のベストタックルと仕掛け

ハイパワーの電動リールには、リチウムイオンバッテリーを持参し使いたい。

いかに「誘わない」と言ってもシビアな状況下になると「100%置き竿で波任せ」はさすがに不利。活性次第で釣法チェンジの必要性が出てくる可能性も踏まえれば、「カンネコ根ベーシック」を持参するのが得策だ。
ロッドは筆者プロデュースの「寒猫根スペシャル」MPGロッド「HBアカムツ180」など、グラス素材の2m前後6対4アクションモデルがお勧め。
リールはアルファタックル社製300番、800番クラスにPE3号をキャパシティ一杯(300m)巻くのが基本。
釣り場の水深が200m以浅のため、これより小型(3号200mキャパ)でも何とか釣りは可能だが、高切れなどのライントラブルに備えて予備リール、若しくは巻替用PEラインを持参することをお勧めする。
仕掛けは胴突き2本バリが主流で、ハリス5〜6号を60 ㎝前後、幹糸8号120㎝前後。
ハリは特殊形状で口周りの脆いアカムツの外れとチモト切れを大幅軽減する機能が認められ、現在複数メーカーが販売する「ホタバリ」。
30年ほど前に神津島の漁師がムツ漁に使う18号を漁協で購入。その後特注生産〜廃番となるが、筆者が特注品にフジッシャー加工を依頼した事で藤井商会が「16号」を発売。
「アカムツがバレ難い」が口コミで広まり、現在に至る。
後述する「フジッシャー毛鈎ホタ」と共にお薦めだ。また、今年発売されたホタと異なる独自形状のオーナーばり「OHアカムツ17号」もお薦め。ホタ16号よりも細軸軽量で、食い渋り時に有効だ。
捨て糸は基本1mだが、エキストラの状況などを見て短縮、延長するケースもある。

釣果を分ける重要なエサとアピールグッズ

エサはホタルイカゲソとサバの切り身の抱き合わせの基本形。サバは小さめがよい。

ロッド操作での「誘い」が有効でない場合に釣果を分ける重要なポイントとなるのがエサと、仕掛け各所に配するアピールグッズだ。
付けエサはホタルイカとサバタンザク(船宿により用意、販売、各自持参があり、要確認)のコンビネーション。ホタルイカを壺抜きした肝付ゲソと幅5〜6㎜、長さ5〜6㎝のサバタンザクの抱き合わせを基本に、各単体での使用やホタルイカ1杯(縫い刺し)など。
アピールグッズは仕掛上端に配す小型の赤色発光水中灯(ルミカ・輝泡、同ビット、アルファタックル・ビームフラッシュ輝など)が全国各地のアカムツ釣りの鉄板アイテムだが、サバのアプローチがキツイ場合や、潮が極端に早くオマツリを誘発する可能性がある場合は速やかに取り外すフレックスな対応が必要。
深海バケもアピールグッズのひとつ。前述した「ホタバリ」を使った藤井商会「フジッシャー毛鈎ホタ16号」にはアカムツ釣りの鉄板カラー「オレンジ」「青紫」「濃緑」を筆頭に低水温時に有効な「ピンク」「赤」「赤紫」、高水温時の「水色」「黄緑」、突出はしないがオールマイティーな「白」や澄潮時の「黒」など、多彩なカラーがある。
カンネコ根の場合、少なくともオレンジ、青紫、濃緑、ピンク、白の5色は用意しておきたい。
チモト付近のハリスにはアカムツを筆頭に「深海釣りの定番アイテム」となりつつあるヤマシタ「マシュマロボール」が欠かせない。MとLの2サイズ、エキストラ避けを考慮した無発光のイエロー、オレンジ、ピンク、パールホワイトの4色の「アカムツSP」を基本に、アピール力の高い発光タイプでケイムラなど9色をラインアップする「マシュマロボール」を、状況を見ながら使い分ける。
基本的には深海バケ同様「オレンジが◎」なのだが、他地区を含む今期の釣行では「イエロー」が圧倒的優位だったケースが複数回あった事を付記しておく。
空バリにセットする際にはハリ先から刺し通すが、深海バケにセットする際は富士工業「LTMラインスレッダー」にマシュマロボールを刺し通し、スレッダー先端にハリスの端を挟み込んで引き抜く方法をとる。
次号掲載予定の筆者釣行時に威力を発揮したのがニッコー化成「激臭匂い玉」。イカゴロエキス配合の「いかごろクリアー」「いかごろグロー」、オキアミエキス配合の「オキアミオレンジ」「オキアミレッド」「オキアミイエロー」の5アイテムがあり、他地区のアカムツで効果は実証済み。今回は付けエサとリンクさせた「いかごろクリアー」をセレクト。ハリにセットした途端、それまで沈黙していた本命が連発する「出来過ぎ」な場面を体験した。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

南房・江見沖は急深の地形のみならず、近くに鴨川海溝を有する。これはアカムツの生息域を決定付けるなにものでもない。しかも、アカムツ自体の生体は深海魚という理由ですべてが解明されておらず、いまだ不明な部分が多い。


良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

良型アカムツラッシュ! 多点掛けも期待大!【南房鴨川沖〜和田沖】

「40㎝オーバーのアカムツばかり10匹釣れましたよ!」という話を聞いたのは、5月初旬。しかも、オニカサゴやヤリイカなどの中深場タックルで上げたという。この情報を確かめるべく、さっそく南房・江見太夫崎「渡辺丸」へ釣行した。


周年キロ級が釣れるアカムツの穴場はここだ!【遠州灘・浜名湖沖】

周年キロ級が釣れるアカムツの穴場はここだ!【遠州灘・浜名湖沖】

遠州灘には何本もの海溝があり、そのそれぞれに深海魚であるアカムツが生息している。近年では遠州灘産のアカムツもブランド化され魚市場では高値で取引されている。


「アカムツ」の寿司…口に入れてトロッととろけ感がある

「アカムツ」の寿司…口に入れてトロッととろけ感がある

そのうち桜も咲きそうな陽気である。いただいたアカムツで料理あれこれ。まずは半身で炊き込みご飯。一尾丸ごと姿煮。姿造りのお刺身に塩焼き、唐揚げ。春の宴はアカムツ尽くし。尽くしにしても飽きが来ないのが超高級魚たる所以だろう。しめは島根県産アカムツの塩辛。愛知の銘酒がすすむ、すすむ。春の酔い深しなのだ。


昨年の大フィーバーポイントで今期もアカムツ再ブレイク【犬吠埼沖】

昨年の大フィーバーポイントで今期もアカムツ再ブレイク【犬吠埼沖】

犬吠埼沖では昨年のゴールデンウイークに爆釣したポイントで再び今期もアカムツがフィーバー。いまや、水深300mの深場のアカムツは誰もが手軽に体験できる身近なターゲットになっている。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読