MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイの本格数釣りシーズン到来、二桁釣果も!【東京湾・久里浜沖】

マダイの本格数釣りシーズン到来、二桁釣果も!【東京湾・久里浜沖】

首都圏では、もっとも身近なコマセマダイポイントとも言える久里浜沖。これからの季節は本格的な数釣りシーズンに突入してゆく。日に日に水温が下がってゆくこれからは、マダイの群れが徐々に深場に固まりだし、越冬の準備でエサを荒食いするようになる。食いのいい日は、トップ10枚前後の釣果も珍しくないという。

釣れているサイズは500g〜1.5㎏前後主体だ。それに2〜3㎏がポツポツまじっている。ときに4㎏オーバーの大型も!

身近なタイ釣り場、久里浜沖は数釣りシーズン。

食いのいい日はトップ二桁釣果も。これからさらに数釣りの期待が高まる。

脂が乗っていて食べてもおいしいマダイだ。

東京湾のもっとも狭まった場所にあたる久里浜沖。潮が速いことも多いが、潮の変化で荒食いになることも。

レギュラーサイズは1㎏前後。500g級もまじるが、ドカンと大型も食ってくる。

秋の数釣りシーズン。マダイの気持ちいい引きを何度も楽しみたい。

4㎏、5㎏、さらに大型も食っている。ドラグはゆるめに設定しておこう。

このぐらいのサイズも脂が乗っていて、おいしい。食欲の秋、「鯛めし」もおすすめ。

身近なマダイ釣り場東京湾、久里浜沖は、秋の数釣りシーズンを迎えつつある。このところトップ8枚、9枚と二桁釣果に迫ることも少なくない。
今のところ攻めているポイントは水深40m前後中心だが、例年これからは徐々に深場に群れが固まりだし、さらに大釣りが楽しめる日も多くなってくる。
釣れているサイズは500g〜1.5㎏前後主体。それに2〜3㎏がポツポツまじっている。ときに4㎏オーバーの大型も食ってくるので油断はできない。さらに、脂の乗ったイナダが数まじるほか、イシダイや大サバなど、おいしいゲストも多い。
久里浜沖では、これから年明けの厳寒期前までは活発な食いが見られるはず。身近な東京湾内で、マダイの数釣りを楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
最新記事
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読