MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイの数釣りにイナダ&ワラサの青物もまじるぞ【相模湾・葉山沖】

マダイの数釣りにイナダ&ワラサの青物もまじるぞ【相模湾・葉山沖】

葉山沖に出船しているマダイ船の釣果が届いた。10月12日の初日からマダイはボウズなし。さらにゲストのイナダも全員がゲット。以後も好調が続き、マダイのトップが二桁釣果を記録する日もあった。また、ゲストにはイナダ&ワラサのほかにメジマグロ(小型のクロマグロ)、イシダイ、ヒラソウダなどがまじることもある。ズバリ、好釣だ。

大ダイ&青物対策をして、秋マダイを楽しもう!!

マダイか? 青物か? どっちだ!?

タモに収まったのは良型マダイだった。

当日最大はこの2.5㎏級。1㎏クラスまでのサイズがメインになるが、それ以上の良型マダイも連日アタっているので、心して挑戦しよう!

朝の1投目にきたマダイ。

秋のアベレージサイズをゲット。

ポイントは葉山沖から亀城根など広範囲だ。

日によってイナダ&ワラサが数釣れる日もある。

これからの時期のイナダは脂の乗りも上々だ。

良型マダイやイナワラがアタったのは水深40m台。タナは30m台になる。

青物のヒットもあるのでハリスは4号以上。ハリも頑丈なタイプがベスト。

基本のエサ付けはオキアミの1匹掛け。青物が多いときは2匹掛けもいい。

相模湾のコマセマダイは秋がベストシーズンと言えるだろう。秋の特徴はマダイの活性が高く、数釣りが期待できること。また多彩なゲストがまじることも特徴の一つだ。
現在の状況だが、タイはポツポツとアタリ、いい人は4〜5枚の釣果。1㎏ぐらいまでのサイズが多いが、ドカンと一発大型がアタることもある。またイナダやワラサがバンバンアタる時間帯もあるので、細い仕掛けはいらない。ハリスは4号以上を使うのが良いだろう。
取材は10月中旬におこなったが、その後もまずまずの好調ぶり。トップ二桁という日もあったほど。さらに10月20日ぐらいからはイナダ&ワラサのアタリが多くなっている。これにイシダイ、メジマグロ(小型のクロマグロ)やヒラソウダがまじることもある。
まさに「秋ダイ」という釣れっぷりの葉山沖。太めのハリスを携えて、さっそく挑戦してみよう!

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
外房の青物狙いでは、基本的には風上の舷でジギング、風下の舷でプラグキャスティングとなる。今回は、外房・青物ゲームのタックル、効果的なジグ&プラグ、釣り方など攻略法を紹介!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読