MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型キハダRUSH中! チャンスは誰にでもあるぞ!【相模湾】

大型キハダRUSH中! チャンスは誰にでもあるぞ!【相模湾】

今シーズンのコマセ釣りによるキハダ・カツオは8月の開幕以来、ともに絶好調に推移している。中でもキハダは史上最高と言われるほどのシーズンになっている。

9月3日から急上昇したキハダ、台風18号が接近するまでの2週間ほど、ほぼ食い続けたのだが…

「手持ちで確実にアタリをモノにしたいですね」と児島玲子さん。

良型カツオゲット。この後、キハダをアテるも複雑にオマツリしてバレてしまった。

常時、3〜4隻出しで出船する「沖右ヱ門丸」。ポイントは相模湾一帯で、後半戦は船についたキハダ狙いがメインとなる。

でかいナブラが近くでたった。キハダもアタックしていた。

ラストチャンスでキハダをヒットさせた北本だったが、道糸が船底に入ってラインブレイク。

「沖のカツオはでかいね!」と北本茂照さん。

キハダの仕掛けに食ってくるカツオは5㎏オーバーもまじってくる。

魚が見えてからも油断は禁物。最後に走られるとキャッチ率が激減してしまうぞ。

キハダを取る確率を確実に上げてくれるのが超ハイパワー電動リールだ。すばやく取り込めバラシやサメの被害も少なくなるぞ。

「沖右ヱ門丸」では遊動式テンビンで狙う人がほとんど。自作する人も多いという。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」。

今年の相模湾のキハダラッシュはとどまることを知らない。まさに絶好調と言える日が続いている。
「連日アタリは多く、キャッチ率も上がっています。30㎏クラスの大型も多くなってきました」と、茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」の木村康弘船長は言う。
9月3日から急上昇したキハダだが、台風18号が接近するまでの2週間ほど、ほぼ食い続けた。今回の取材日のみが不調という、ここ最近では珍しい日に当たってしまったが、それでもしっかりと20㎏オーバーをキャッチ。その翌日から再び食いは上昇し、上のようなとんでもない釣果も。常時3隻、4隻出船しているにしても「とんでもない」釣果であることはおわかりだろう。
「沖右ヱ門丸」は仕掛けなど自由度が高く、あれこれ試したいという人にはおすすめだ。エキスパートの常連さんも多いが、慣れない人にはいろいろアドバイスしてくれるので安心だ。
「まだまだ狙っていきますよ!!」

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
冬の定番メニューとなった犬吠埼沖水深200m台で釣るアカムツ釣り。潮の流れが緩んで深場のアカムツ宝庫が本領発揮中!冬の貴重なシケの合間の凪ぎ日を利用して激うま魚ゲットしよう!
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読